民間資格

健康運動指導士

健康運動指導士とは、厚生労働省所管の財団法人「健康・体力づくり事業財団」が認定を行っている、安全かつ適切な運動プログラムを提案・指導する専門家です。

養成講習もしくは養成校を修了後、年に3回実施される認定試験を受験することができます。

試験日

試験日①受験受付:2019年7月29日(月) ~ 8月18日(日)
【筆記試験】2019年9月16日(月)
試験日②受験受付:2019年10月1日(火) ~ 10月21日(月)
【筆記試験】2019年11月23日(土)
試験日③受験受付:2019年1月28日(月) ~ 2月17日(日)
【筆記試験】2019年3月21日(木)
試験日④受験受付:2019年2月11日(月) ~ 3月4日(月)
【前期:養成講習会(期間は資格内容により異なる)】2019年4月8日(月) ~ 9月30日(月)

受験者と合格率の推移

【健康運動指導士】
実施年受験者数合格率
2017年1,566人53.4%
2016年1,639人53.3%
2015年1,650人55.8%
2014年1,924人57.6%

試験対策

参考書や問題集、関連書籍

※ご自身で役に立った書籍はありますか?

投票結果を見る

得票ランキング BEST5

試験概要

試験地

■認定試験
北海道、東京、愛知、大阪、福岡、沖縄(実施回により異なります)

■養成講習会
東京、宮城、大阪、福岡(実施回、コースにより異なります)
※e-ラーニングの場合は自宅など

受験資格

■認定試験の受験資格
下記の条件のいずれかを満たす者

  • 養成講習会において必要カリキュラムの全課程を修了した者
  • 現在養成講習会を受講しており、認定試験日の1ヶ月ほど前までに修了が見込まれる者
  • これまでに認定試験に不合格となり再受験を希望する者
  • 健康運動指導士養成校において養成講座を修了し、かつ卒業見込みの者
  • 健康運動指導士養成校において養成講座を修了したが、卒業までに受験申し込みをしなかった者(ただし卒業後4年以内に限る)
  • 健康運動指導士養成校の養成講座を未修了で卒業後、大学設置基準第31条の規定に基づく科目等履修生として養成講座の未修了科目の単位を修得した者(ただし養成講座の未修了科目の合計単位が4単位以内、また卒業後4年以内に限る)

■養成講習会の受講資格
以下の受講資格により、取得する必要のある単位(コース)が異なります。

  1. 104単位コース
  2. 70単位コース
  3. 51単位コース
    • 4年制体育系大学(教育学部体育学科を含む)卒業者、または卒業見込者
  4. 40単位コース
    • 健康運動実践指導者の資格を有する者
    • 日本スポーツ協会認定資格の「スポーツプログラマー」「アスレチックトレーナー」「フィットネストレーナー」のいずれかの資格を有する者
    • 日本フィットネス協会認定資格の「GFIエグザミナー」「GFIディレクター」のいずれかの資格を有する者
受験料

■認定試験:12,381円
■養成講習会

  • 104単位コース:262,500円
  • 70単位コース:194,500円
  • 51単位コース:145,500円
  • 40単位コース:121,500円

(各税抜)

試験内容

■認定試験
四肢択一式 75問:2時間
養成講習会の内容に沿った出題。

■養成講習会
各コースごとに、規定のカリキュラム受講が必要です。
※1日5講義(1講義90分) 9:00~18:15

  • 104単位コース
    • 1.健康管理概論(講義:3単位)
    • 2.健康づくり施策概論(講義:3単位)
    • 3.生活習慣病 NCD(講義:11単位)
    • 4 .運 動生理学(講義:11単位)
    • 5.機能解剖とバイオメカニクス(講義:6単位)
    • 6.健康づくり運動の理論(8単位)
    • 7.運動障害と予防(講習:4単位)
    • 8.体力測定と評価(講義3単位:実習:4単位)
    • 9.健康づくり運動の実際1(実習:11単位)
    • 9.健康づくり運動の実際2(実習:10単位)
    • 10.救急処置(講習2単位:実習:2単位)
    • 11.運動プログラムの実際1(講義:4単位、実習:4単位)
    • 11.運動プログラムの実際2(講義:2単位)
    • 12.運動負荷試験(講義:1単位、実習2単位)
    • 13.運動行動変容の理論と実際(講義:2単位、実習:1単位)
    • 14.運動とこころの健康増進(講義:2単位、実習1単位)
    • 15.栄養摂取と運動1(講義:4単位)
    • 15.栄養摂取と運動2(講習:3単位)
  • 70単位コース
    • 1.健康管理概論(講義:3単位)
    • 2.健康づくり施策概論(講義:3単位)
    • 4 .運 動生理学(講義:11単位)
    • 5.機能解剖とバイオメカニクス(講義:6単位)
    • 6.健康づくり運動の理論(8単位)
    • 8.体力測定と評価(講義3単位:実習:4単位)
    • 9.健康づくり運動の実際1(実習:11単位)
    • 9.健康づくり運動の実際2(実習:10単位)
    • 11.運動プログラムの実際1(講義:4単位、実習:4単位)
    • 12.運動負荷試験(講義:1単位、実習2単位)
  • 51単位コース
    • 1.健康管理概論(講義:3単位)
    • 2.健康づくり施策概論(講義:3単位)
    • 3.生活習慣病 NCD(講義:11単位)
    • 7.運動障害と予防(講習:4単位)
    • 10.救急処置(講習2単位:実習:2単位)
    • 11.運動プログラムの実際1(講義:4単位、実習:4単位)
    • 11.運動プログラムの実際2(講義:2単位)
    • 12.運動負荷試験(講義:1単位、実習2単位)
    • 13.運動行動変容の理論と実際(講義:2単位、実習:1単位)
    • 14.運動とこころの健康増進(講義:2単位、実習1単位)
    • 15.栄養摂取と運動1(講義:4単位)
    • 15.栄養摂取と運動2(講習:3単位)
  • 40単位コース
    • 1.健康管理概論(講義:3単位)
    • 2.健康づくり施策概論(講義:3単位)
    • 3.生活習慣病 NCD(講義:11単位)
    • 11.運動プログラムの実際1(講義:4単位、実習:4単位)
    • 11.運動プログラムの実際2(講義:2単位)
    • 12.運動負荷試験(講義:1単位、実習2単位)
    • 13.運動行動変容の理論と実際(講義:2単位、実習:1単位)
    • 14.運動とこころの健康増進(講義:2単位、実習1単位)
    • 15.栄養摂取と運動1(講義:4単位)
主催団体

公益財団法人 健康・体力づくり事業財団
〒105-0021 東京都港区東新橋2-6-10 大東京ビル7階
TEL 03-6430-9113

http://www.health-net.or.jp/shikaku/index.html

試験対策

関連書籍 得票ランキング BEST5

合格者からのアドバイス

「健康運動指導士」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

S

難易度の目安»

【健康運動指導士】

受験受付まであと

194日

試験日まであと

243日

この資格をシェアする