国家資格

業務独占資格

理学療法士

理学療法士とは、ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。

治療や支援の内容については、理学療法士が対象者ひとりひとりについて医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

試験日

試験日①受験受付:2018年12月14日(金) ~ 2019年1月4日(金)
【筆記試験】2019年2月24日(日)
【口述・実技試験(重度視力障害者のみ)】2019年2月25日(月)

受験者と合格率の推移

【理学療法士】
実施年受験者数合格率
2018年12,148人81.4%
2017年13,719人90.3%
2016年12,515人74.1%
2015年12,035人82.7%
2014年11,129人83.7%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

(筆記試験) 北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県、沖縄県

(口述・実技試験) 東京都

受験資格
  1. 大学に入学することができる者であって、文部科学大臣が指定した学校または都道府県知事が指定した理学療法士養成施設において、3年以上理学療法士として必要な知識および技能を修得した者(3月までに修業し、または卒業する見込みの者を含む)
  2. 外国の理学療法に関する学校もしくは養成施設を卒業し、または外国で理学療法士の免許に相当する免許を得た者であって、厚生労働大臣が上記1に掲げる者と同等以上の知識および技能を有すると認定した者
  3. 法施行の際(昭和40年8月28日)現に文部大臣または厚生大臣が指定した学校または施設において、理学療法士となるのに必要な知識および技能を修業中であって、法施行後に当該学校または施設を卒業した者
受験料

10,100円(収入印紙)

試験内容

■筆記試験
重度視力障害者(両眼の矯正視力の和が0.04以下または両眼による視野が10度以内で、かつ、両眼による視野について視能率による損失率が95%以上の者)に対しては、点字、試験問題の読み上げまたはその併用による受験を認める。弱視者(良い方の矯正視力が0.15以下または両眼による視野について視能率による損失率が90%以上の者)に対しては、弱視用試験による受験を認める。

  • 午前(9時50分~12時30分): 100問 2時間40分
  • 午後(14時20分~17時00分): 100問 2時間40分

(一般問題)

  1. 解剖学
  2. 生理学
  3. 運動学
  4. 病理学概論
  5. 臨床心理学
  6. リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)
  7. 臨床医学大要(人間発達学を含む)
  8. 理学療法

(実地問題)

  1. 運動学
  2. 臨床心理学
  3. リハビリテーション医学
  4. 臨床医学大要(人間発達学を含む)
  5. 理学療法

※出題形式は、多肢選択の問題タイプです。

■口述試験および実技試験
重度視力障害者に対しては、筆記試験の「実地問題」に代えて次の科目について行う。

  1. 運動学
  2. 臨床心理学
  3. リハビリテーション医学
  4. 臨床医学大要(人間発達学を含む)
  5. 理学療法
合格基準

一般問題を1問1点(160点満点)、実地問題を1問3点(114点満点)とし、次の全てを満たした者を合格とする。

  • 総得点 165点以上/274点
  • 実地問題 40点以上/114点

重度視力障害者については、一般問題を1問1点(157点満点)、口述試験および実技試験を120点満点とし、次の全てを満たした者を合格とする。

  • 総得点 167点以上/277点
  • 口述試験および実技試験 43点以上/120点

※採点除外等の取扱いをした問題により、基準点が変わることがあります。

主催団体

厚生労働省 医政局医事課試験免許室
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2
TEL 03-5253-1111(代表)

https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/rigakuryouhoushi/

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

2012年合格:20代 男性

理学療法士国家試験は大学4年次に受けて一度で合格しました。私が精神的に余裕をもって合格できた一番の理由は、国家試験の対策を始めた時期にあると思います。理学療法士試験を受ける人は、養成校を卒業もしくは卒業見込みである必要があるため、多くがリハビリテーション学科や理学療法学科などの科に属していると思います。そのため、おのずと目標は国家試験を合格して資格取得ということになります。そうとなれば逆算して、試験合格に間に合うように勉強を始めればよいのです。私のおすすめの時期は4年制大学であれば2年次の春期休暇です。ちょうど4年間の大学生活の半分を終えたところですね。多くの大学のカリキュラムは2年次までは基礎科目の講義が中心となります。そして3年次からは講義も応用的なものとなり、臨床実習の機会もあります。4年次となれば、講義は減りますが、卒業論文を書くために研究に費やす時間が増えます。また、就職活動も始まり、ほぼ同時に長期の臨床実習が始まります。こうなると、国家試験の勉強に割く時間がかなり減ります。特に実習中は課題やレポートに追われ、試験勉強の時間など皆無です。だいたい実習が終わると、就職が決まっていない人は就職活動をするか、決まった人も、いずれは卒業論文に追われます。
以上の学生生活の流れから、2年次の春期休暇は、基礎科目の講義の多くを修了していること、また、休暇期間が非常に長いこともあり、国家試験勉強を始めるのに良い時期なのです。まだ習っていない問題については予習しても良いですし、ここでは流しておいても大丈夫です。すでに履修した科目の問題の過去問をさっと通してみるだけでも十分な蓄えになります。過去問はわざわざ本を購入しなくても、問題自体は同じなのですから、大学の図書館に置いてあるか、学部で保管してあるものを利用すればよいと思います。まだこの時期では勉強に費やせる時間がたっぷりあるので、分からないところは教科書やノートに戻って調べるなり、知識を掘り起こしたり、いずれ本番の時期のために自分でまとめなおしてもよいでしょう。ちなみに、問題に正解したからといって、その問題はヨシ、とスルーすることはお勧めしません。なんとなく、偶然正解した可能性もあります。問題文そのものに分からない単語はなかったか、逆の聞かれ方をしたら自信をもって正答できたか、答えの選択肢の中で選ばなかったけれども理解していない単語や文章はなかったかをチェックします。一つでも当てはまれば、この機会に調べることをお勧めします。なお、年度は異なっても過去に何度か出題されている問題もありますので、改めて表にするなり、教科書の表をコピーするなりしてまとめなおしたものは、「国家試験対策用」のノートとしてキチンとまとめておくとよいです。これを集めれば、自分が作った自分なりの、自分のためになる自分だけの最高の参考書ができあがりますし、直前の時期の対策でわざわざ教科書を引っ張り出さなくても、自分の参考書からチェックできます。こうして過去問にサッと目を通しておくと、プライミング記憶によって、なんとなく頭の片隅に残りますので、試験が近くなった時期の対策でも思い出すことができ、参考書もできているので無駄な時間が減ります。私はこうして周囲の学生より早いスタートダッシュを切り、4年次に上がるまでにはほとんどの過去問を解いてました。そのため、4年次は研究、就職活動、臨床実習、そしてゼミの担当教授から勧められた学会発表が終わる1月末までは集中して国家試験勉強に取り組む時間はありませんでしたが、心の余裕をもって試験に臨むことができました。すでにスタートの時期が遅れている人でも、勉強の方法には違いはないと思いますので、上記の方法をお勧めします。その際には、周囲の友人とは別に、自分一人で集中して行うのが近道だと思います。

2015年合格:30代 男性

私は理学療法士試験を受けて合格して資格を取得することが出来たのですが、この試験を受けるために1年間勉強しました。
この期間が長いか短いかは分かりませんが、私にとってはけっこう辛くて勉強を止めたいと思ったことも1度や2度ではありませんでした。
しかしそれでも続けた理由はこの試験に合格して資格を取得出来なければ理学療法士として働けないと焦っていたためで、そのことが返って良かったのではないかと考えています。
ただ闇雲に勉強をしても受かるのはなかなか難しいと考えて、まずはしっかりと計画を立てることが重要だと思いました。
そこで1年間どのように試験勉強をするか大まかな計画を立てたのですが、基本的にはその計画通りに勉強を続けることが出来たので良かったです。
理学療法士試験は試験科目が比較的多い点が受験生を惑わす大きな要因の一つとなっていて、そのために勉強法についても色々と考える必要がありました。
どの試験科目にどれだけの時間を割くかを考えなければならなかったのでその点は大変だったのですが、ただあまりそのことに関して神経質にならないようにすることを心掛けました。
あまりに試験科目の勉強時間の時間配分について考え過ぎても良くないので、その点は少しアバウトにするように心掛けました。
それは試験勉強と言うのはある程度柔軟さも必要だと私は考えていたためで、この試験科目にはこれ位勉強しなければならないと予め時間を設定するのは良くないと感じたからです。
そのため試験科目の勉強時間については柔軟に考えて、あまり時間設定をすることはしないようにしました。
私は独学で理学療法士試験の試験勉強をしたのですが、初めはどのように勉強すれば良いか分からずに苦労しました。
まず参考書を3冊と問題集を購入したのですが、どのように勉強を進めようか考え込んでしまったのです。
しかし考える時間があったら兎に角参考書を開いて勉強をしようと思いどんどん読み進めたのですが、それによって驚くほどの効果を上げることが出来ました。
初めは参考書を読んでいてもあまりよく分からなかったのですが、何度も何度も歯を食いしばって読み続けて行くうちに段々とそこに書かれている内容について理解できるようになったのです。
もちろん参考書を読むだけではとても覚えられない箇所もあったのですが、その部分に関してはノートに書いて覚えることを心掛けました。
このような形の勉強を半年間続けたことにより基礎力を身に付けることが出来たのでそれはそれで良かったのですが、問題はその後のことでどのような勉強をすれば応用力や実践力を身に付けることが出来るかを考えました。
基礎力はとても重要でそれがなければ到底試験に受かることは出来ませんが、ただ基礎力だけ身に付けても合格するほどこの試験は甘くはないです。
そのため基礎力を身に付けた後にどういったことをすれば良いか考えたのですが、その結果問題集をどんどん解いて行くことにしました。
そして問題集をどんどん解くことによって実践力を身に付けることが出来るようになり、さらには自分が苦手としている箇所を見つけることも出来ました。
参考書を読んでいるだけではどこ箇所が理解していないのかよく分からなかったのですが、問題を解くことによりそれが分かりその部分を集中して勉強することが出来たので本当に良かったです。
私はこのような感じで勉強して試験に受かることが出来たのですが、合格出来た大きな要因はまず最初に計画を立ててそれに則って試験勉強を進めたことだと考えています。
ですからこれからどのように試験勉強をすれば良いかよく分からずに悩んでいる人は、まずは計画を立てることから始めることをお勧めします。

2014年合格:20代 男性

理学療法士4年目です。私はあまり勉強が得意ではなく最後の最後まで点数があまり伸びずに苦労しました。しかし結果的には200点をとることができ合格点よりだいぶ余裕をもって合格することができました。実際に行っていた勉強方法について紹介します。
まず何から始めたらいいのだろうかと思う人が多いと思います。まず一度過去問を解いてみましょう。意外ととれるかもしれませんがそんな余裕なことを言っていられるのははじめだけです。解いてみると解剖学、運動学、生理学がやはり割合としては多いことに気づくと思います。そして解剖学や生理学でやたら細かい問題もあります。解剖学運動学生理学がとれなければかなりの失点になるのでまずはここから始めます。国家試験対策本を見ると簡潔にまとめてありますが明らかに不足しています。なので勉強する項目は対策本に沿っていいですが、本に書いてあることプラス教科書をもう一度見直して対策本に書き加えるようにして進めるのがおすすめです。わざわざ対策本に書いてあることをまたきれいにまとめる必要はありません。解剖学運動学生理学が終わったらその他の分野も同じように進めますが小児分野、心理分野については短期間で暗記することが可能なのでまnずはとばしてもいいでしょう。この勉強を数回繰り返します。私は必修ポイントという対策本を使っていましたがこれは単元ごとに国家試験で出た実際の問題があるので確認がてら解いていました。そこで間違えたらまた見直したり覚えなおしたりします。まずはこの繰り返しです。この勉強を9月ごろから12月くらいまでやりました。そして私が通っていた学校では定期的に模試を受験していました。また、過去問を用いた学内のみの模試も2週間に1度のペースでありました。次は模試についてです。模試は実際国家試験より難しいことが多いように感じましたが国家試験のほうが当たり前ですがはるかに緊張します。なので普段の模試である程度の点数がとれるかはやはり実際の試験でも反映されると思います。模試を受けたらまず自己採点を行います。そしてどの分野での正答率が高いか、または低いかを出します。正答率の低い分野は前述した勉強を重点的に行います。一方ある程度得点できている分野に費やしていた時間は少し減らしてもいいかもしれませんがたまに確認はしないと忘れてしまいます。模試を解くときに自信をもって答えたか、曖昧か、ほぼ勘で答えたか問題にメモしておきます。自分で○は自信ありなど簡単な記号で十分です。そして自信があって正当したものは解説を読む程度でよいです。あっていても勘や自信なく答えたものについては復習します。その問題に出てきたキーワードについて調べて書いておきます。問題に直接まとめたものを書き込んでみいいですしコピーして書いてもいいですが問題とセットにしておいたほうがあとで見返したときにわかりやすいです。自分で解説を作るつもりで調べなおす事を私はしました。一番要注意なのは自信があったのにまちがえたものです。覚え違いをしている可能性が高いので特に念入りに見直す必要があります。
年があけたらいよいよ焦りだすときです。この時期は模試を解いて正当率の低いもののある程度しぼって12月まで行っていた勉強方法を続けました。同時に過去問や模試、過去の模試を繰り返し解いてその都度自分なりの解説をつくりながら覚える作業をしました。国家試験の過去問は厚労省のホームページから印刷できるのでそれを1問ごとに切り取りいらない裏紙に張って空いたスペースに自分の解説を書いていました。それをファイリングしておくとすぐに過去問の演習ができ解説もばっちりなのでどこでも勉強できます。
このよううな勉強をつづけて無事に資格を習得することができました。

「理学療法士」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

S

難易度の目安»

【理学療法士】

受験受付まであと

4日

試験日まであと

76日

ページの先頭へ▲