国家資格

業務独占資格

はり師

はり師とは、日本古来からの東洋医学体系に根ざした、金属針で人体患部に刺激を与える物理療法の専門家資格です。昭和22年の法律217号により「はり師」という資格名が定められました。

試験日

試験日①受験受付:2018年12月3日(月) ~ 12月20日(木)
【筆記試験】2019年2月24日(日)

受験者と合格率の推移

【はり師】
実施年受験者数合格率
2017年4,528人67%
2016年4,775人73.4%
2015年4,976人76.5%
2014年5,036人77.3%
2013年5,157人77.7%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

(晴眼者) 北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県
-----
(視覚障害者) 各都道府県

受験資格
  1. 大学に入学することのできる者であって、文部科学大臣の認定した学校厚生労働大臣の認定した養成施設または都道府県知事の認定した養成施設において、3年以上はり師となるのに必要な知識および技能を修得した者(翌3月までに修業し、または卒業する見込みの者を含む)
  2. あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律の一部を改正する法律(以下「改正法」)の施行の際(平成2年4月1日)現に改正法による改正前の法第2条第1項の規定により文部大臣の認定した学校または厚生大臣の認定した養成施設において同項に規定する知識および技能の修得を終えている者、ならびに改正法施行の際現に当該学校または養成施設において当該知識および技能を修得中の者であって、改正法施行後にその修得を終えた者
  3. あん摩マツサージ指圧師、はり師及びきゆう師に係る学校養成施設認定規則第4条に定める程度の著しい視覚障害があり、高等学校に入学することのできる者であって、文部科学大臣の認定した学校または厚生労働大臣の認定した養成施設において、5年以上あん摩マッサージ指圧師、はり師およびきゅう師となるのに必要な知識および技能を修得した者(翌3月までに修業し、または卒業する見込みの者を含む)
  4. 沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律の施行の際(昭和47年5月15日)現に沖縄県内のはり師に係る学校もしくは養成施設を卒業している者またはこれらの学校もしくは養成施設において修業中であり、沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律の施行後に当該学校または養成施設を卒業した者であって、法第2条第1項に規定するはり師となるのに必要な知識および技能を修得した者と同等以上の知識および技能を有する者として都道府県知事が認めた者
受験料

11,600円

試験内容
  1. 医療概論(医学史を除く)
  2. 衛生学・公衆衛生学
  3. 関係法規
  4. 解剖学
  5. 生理学
  6. 病理学概論
  7. 臨床医学総論
  8. 臨床医学各論
  9. リハビリテーション医学
  10. 東洋医学概論
  11. 経絡経穴概論
  12. はり理論
  13. 東洋医学臨床論

※視覚障害者については、申請により次の方法による受験を認める。

  1. 拡大文字、超拡大文字または点字による受験
  2. 上記1の方法と試験問題を録音したDAISY-CDの使用または試験問題の読み上げの併用による受験。ただし、文部科学大臣の認定した学校の長、厚生労働大臣の認定した養成施設の長または都道府県知事の認定した養成施設の長がやむを得ないと認めた者に限る。
  3. 照明器具、読書補助具、点字タイプライター等の使用による受験
合格基準

配点を1問1点、合計150点満点とし、90点以上を合格とする。

免除科目

同時にきゅう師国家試験を受けようとする者に対しては、「はり理論」以外の共通科目について、受験者の申請によりその一方の試験を免除する。

主催団体

公益財団法人 東洋療法研修試験財団
〒105-0012 東京都港区芝大門1-16-3 芝大門116ビル6階
TEL 03-3431-8771

https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/harishi/

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

2010年合格:40代 男性

私は子どもの頃体の調子が悪く苦労していたのですが、医師からは治療で治るようなものではないと言われ困っていました。そのためどうしたら良いか分からず困っていたのですが、その時に父親の知り合いの勧めではり師に診てもらうことになりました。

私は子どもだったので少し怖かったのですが、診てくれたはり師はとても良い方で私の悩みに対して親身になって聞いてくれました。

そして治療をしてもらったのですが、そのおかげで体がずいぶん楽になり本当に助かりました。その後普通に日常生活を送れるようになり、周りの人達と同じようにスポーツを楽しんだり遊びに行けたりするようになりました。

ですから私ははり師に治療をしてもらって本当に良かったと思ったのですが、何時しかそのことをあまり考えなくなりました。
それから数年経って高校3年になった時に将来何をしようか迷ったのですが、その時に昔はり師にお世話になった時のことを思い出してその仕事に興味を持つようになりました。

私は普通に大学を出て一般の企業に勤めるのも良いと思ったのですが、子どもの頃の私のように苦しんでいる人を助ける仕事をしたいと思うようになったのです。

そこではり師になるにはどうしたら良いかを調べたのですが、そのためには高校を卒業して文部科学大臣が指定している学校に通うか厚生労働大臣が指定している養成施設で勉強する必要があることが分かりました。

それを知って私はどうしようか担任の先生に相談したのですが、本気ではり師になりたいなら厚生労働大臣が指定する大学に通って学ぶのが良いのではないかとアドバイスをもらいました。

その担任の先生のアドバイス通りに私は厚生労働大臣が指定している大学に通って勉強をしたのですが、けっこう難しいことが多くてとても苦労しました。

しかし何とか勉強してその学校を卒業することが出来たのですが、それではり師になれるのではなくはり師試験に合格する必要がありました。

この試験は国家試験なのでとても難しく、資格を取得するには学校で勉強したことを加えて合格するためのテクニックを見につける必要がありました。

はり師試験は毎年2月下旬に行われるので少し寒い時期なのですが、大学を卒業して勉強する期間はけっこうあるので私にとっては助かりました。

ただ試験科目はとても多く衛生学や解剖学、生理学など数えたら切りがないほどで、勉強するのはけっこう大変でした。

しかし大学時代にこのような科目は一通り勉強していたので基礎は大体掴んでいたのですが、問題は応用力がまだまだ身に付いていないと言うところでした。

もちろん基礎力は大事ですが応用力がなければとても試験に対応することは出来ないので、私は市販で売っている参考書と過去問を購入してそれを使って勉強しました。

過去問を使うことによって出題される形を理解することが出来たので、私にとってはそれを何回も解いたのはとても効果がありました。

ただ過去問を解くだけでは合格するのは覚束無いので、参考書を使ってとにかく分からない箇所をノートに書いて徹底的に覚えることにしました。

ノートに書くと言うのはなかなか大変な作業で特に夏の暑い時期は集中力が散漫してとてもきつかったのですが、一度ノートに書いたら分からない時にそれを見て復習することが出来たのでこのやり方は間違っていないと思いました。

また毎日長時間受験勉強をして行くうちに段々と自信が付くようになり、これだけ勉強しているのだから落ちる分けがないと言う自信が付きました。

ですからそういった自信を付けるためにも、少し辛くても勉強することが大切だとしみじみと感じました。

このように分からない箇所があったらとにかくノートに書いて勉強を続けたことが功を奏して、貼り師試験に1回で合格することが出来ました。

2011年合格:30代 男性

私ははり師試験を受けて合格することが出来たのですが、この試験に受かるには相当勉強をする必要があるのである程度覚悟することが大切です。

試験に合格するのは何であれ大変なことですが、特にはり師試験は国家試験と言うこともあってそんなに簡単には受かることは出来ないのです。

しかしはり師試験に合格しないと資格を取得することが出来ないので、はり師の仕事をしようと考えている人は必ず受験しなければならないことになります。

私もそのうちの一人で将来はり師の仕事をしたいと考えて受験をすることにしたのですが、勉強は昔から苦手だったのでとても苦労しました。

ただそんなことを言っていたら生活することが出来ないので、絶対にはり師試験に合格するんだと言う強い気持ちを持って試験勉強をしました。

私は試験勉強を始めて1年で合格することが出来たのですが、勉強をすることが苦手な私が1年で合格出来たのは絶対にはり師になるんだと言う確固たる目標があったことに他ならないのです。

その強い気持ちがあって苦しい試験勉強に1年間耐えることが出来たのですが、家族が支えてくれたのも大きかったです。家族が色々と気を使ってくれたことも大きかったので私はとても感謝しているのですが、それ以上に私の勉強法が良かったと自負しています。

私はしっかりと計画を立てて試験勉強をしたのですが、まず始めの半年間は何があっても勉強は1日3時間に止めることにしました。

人間の記憶力には限界があるので、あまり長くやると覚えたことが忘れて行くのではないかと考えて勉強時間を制限したのです。
はり師試験を受験した知り合いに話したら短すぎると言われたのですが、私はその信念を守って最初の半年間は絶対に3時間以上は勉強しませんでした。

それによってしっかりと暗記すべき箇所を覚えることが出来たので良かったのですが、この方法は他の人にも通用すると考えています。

私は独学で勉強していたので市販の参考書を購入してそれを使って勉強をしていたのですが、始めのうちは少し心細く感じました。

ただ最近の参考書はとても分かり易く書かれているので、それを読んでいくうちに要点をしっかりと抑えることが出来るようになったので本当に良かったです。

このような形で半年間勉強した後で問題集を解き始めたのですが、私が何よりも気を付けたのは出来た問題についてもしっかりと復習することでした。

中にはよく分からずに解いてたまたま正解だったと言うこともあったのですが、合っているとどうしてもその問題は理解していると思いがちです。

しかし実際にはそうではなくて選んだ番号がまぐれで当たっていたと言うこともあるので、そのようなことを防ぐために正解不正解に限らず出題された問題に関しては復習することを心掛けました。

それによってかなり力を付けることが出来るようになったので自分なりに手ごたえを感じ始めたのですが、油断ほど怖いものはないので気を引き締めて残りの期間一生懸命頑張りました。

試験前2ヶ月間は参考書を読みながら問題集を解くと言う形で勉強をしたのですが、それによってかなり実践力を身に付けることが出来ました。

そして試験1ヶ月前からは過去問を解き始めたのですが、その時には殆どの問題が解けるようになっていたので確かな自信を感じていました。

このような感じで1年間試験勉強をしてはり師試験を受験して合格することが出来たのですが、この試験に合格出来た最大の理由は予め計画を立てて試験勉強を始めたことにあると考えています。

ですからこれからどのような感じで試験勉強をすれば良いか分からずに悩んでいる人は、しっかりとした計画を立ててそれに沿って勉強をすることをお勧めします。

2013年合格:30代 男性

私は、はり師試験の受験生です。私がはり師を志望した理由は、今の世の中、沢山の人が仕事で疲れています。そうのような人を手助けしたいと想いからです。これから、私自身がやっている勉強方法を教えます。

私は、3年制の専門学校に通っていて、今3年生になります。今年が受験をする年になります。はり師という資格をあまり詳しくない人は、人にはりを刺すことをイメージするかもしれません。

しかし、試験は筆記試験です。試験科目としては、生理学や衛生学等です。なので当然ながら、それらの科目を勉強しなければなりません。はい師の試験は合格率は80パーセント前後ではありますが、なめてかかると痛い目を見るでしょう。専門学校や大学の勉強だけで合格するのは難しいといえます。

まず第一には、学校で勉強したことは毎日、予習・復習することが大切です。実技等の講義は予習することは難しいでしょう。なんといっても基本書だけでは確実な力は身につきません。人に触れて初めて、はりに関することがわかるといっても過言ではないからです。

しかし、医学総論等の講義はしっかりと予習すれば講義のときに役に立ちます。ですが、予習・復習とはいいましたが、復習のほうが大切であると私は思います。実技・座学ともに1日に分しっかり復習できれば、試験にもかならず直結するでしょう。

私は、1日のことは夜に復習して、日曜日に1週間分の復習をするようにしていました。どんなに真面目に講義を受けても人間は忘れてしまいます。

私も最初は復習はあまり行ってはいませんでした。授業の時に「これなら理解できる」と感じたことでも、日々の生活の中で抜け落ちていくからです。私は夏休みに試しに問題集を解いてみて愕然としました。

前期に勉強した範囲の問題を解くことができなかったからです。それ以来は予習はともかくとして、復習は必ず行っていました。そのお陰か次に問題集を解いた時には良い結果を得ることができました。皆さんも毎日はきついかもしれませんが日々の復習を心がけましょう。

次にやはり資格試験を受ける上で一番大切なもの「問題集」を解く事です。大学や専門学校の試験対策に解いたと思いますが、やはり、はり師試験とはいえ例外ではありません。私自身、復習は大切だと述べましたが、関係法規等はほとんど過去問の勉強だけ
であったりします。

当然ですが、医学部並みの難易度を誇るわけではありません。時間が無い時は問題集をやり、わからない所は基本書で見るということをやると、頭の回転や記憶力が良い人はそれでも良い結果をいることはできるかもしれません。私の先輩も問題集のみで合格したとも言ってました。しかし私は人の体を扱う以上、問題集だけでなく日々の講義や実技も大切であると考えます。

試験勉強で大切なことは仲間と一緒に勉学に励むことです。試験は最後は自分ひとりで受けなければなりません。孤独なものと言っても良いでしょう。

しかしながら、毎日1人で勉強しても疲れてしまいますし、わからないところを気軽に聞けなくなってしまいます。一緒に勉強する友人であれば、支えあいながら日々を過ごす事ができます。試験対策には仲間をつくることも重要であると考えます。

試験対策というわけではありませんが、まだ大学や専門学校に通っていない人は大学をお勧めします。4年制の専門学校はあるのかわかりませんが、ほとんどは3年制です。

大学では3年で合格した後に4年で実習というところもあるそうです。しかし、3年制の専門学校であると、もし3年で合格できなければそのまま卒業になってしまいます。なので、はり師をこれから目指すのであれば大学のほうが良いでしょう。

はし師の試験は合格率だけでみればそれほどではありませんが、決して簡単ではありません。試験に合格するために悔いのない充実した毎日を過ごしてください。

「はり師」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

S

難易度の目安»

【はり師】

受付終了まであと

4日

試験日まであと

70日

ページの先頭へ▲