国家資格

業務独占資格

保健師

保健師とは、地区活動や健康教育・保健指導などを通じて疾病の予防や健康増進など、公衆衛生活動を行う地域看護の役割を担います。

主に都道府県・市町村などの保健所・保健センター等で保健行政に従事する行政保健師と、企業の産業保健スタッフとして勤務する産業保健師、学校等で学生と教職員の心身の健康保持に努める学校保健師(養護教諭)の3つに大別されます。

試験日

試験日①受験受付:2018年11月16日(金) ~ 12月7日(金)
【筆記試験】2019年2月15日(金)

受験者と合格率の推移

【保健師国家試験】
実施年受験者数合格率
2018年8,191人81.4%
2017年8,207人90.8%
2016年8,799人89.8%
2015年16,622人99.4%
2014年17,308人86.5%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県

受験資格
  1. 文部科学大臣の指定した学校(以下「指定学校」)において1年以上保健師になるのに必要な学科を修めた者(翌3月までに修業する見込みの者を含む)
  2. 都道府県知事の指定した保健師養成所(以下「指定養成所」)を卒業した者(翌3月までに卒業する見込みの者を含む)
  3. 保健師助産師看護師法第2条に規定する業務に関する外国の学校もしくは養成所を卒業し、または外国において保健師免許に相当する免許を受けた者で、厚生労働大臣が上記1または2に掲げる者と同等以上の知識および技能を有すると認めた者
  4. 保健師助産師看護師法及び看護師等の人材確保の促進に関する法律の一部を改正する法律(以下「改正法」)の施行の際(平成22年4月1日)現に改正法による改正前の保健師助産師看護師法第19条第1号に該当する者
  5. 改正法の施行の日(平成22年4月1日)前に保健師助産師看護師法第19条第1号に規定する学校に在学し、施行日以後に同号に規定する要件に該当することとなった者(施行日以後に同号に規定する学校に入学し、当該学校において6月以上保健師になるのに必要な学科を修めた者を除く)
受験料

5,400円(収入印紙)

試験内容
  • 午前(10時45分~12時00分): 55問 1時間15分
  • 午後(13時55分~15時15分): 55問 1時間20分
  1. 公衆衛生看護学
  2. 疫学
  3. 保健統計学
  4. 保健医療福祉行政論

※出題形式は、多肢選択の問題タイプです。

合格基準

一般問題を1問1点(74点満点)、状況設定問題を1問2点(70点満点)とし、87点以上/144点の得点の者を合格とする。

※2018年。年度により基準は異なります。

主催団体

厚生労働省 医政局医事課試験免許室
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2
TEL 03-5253-1111(代表)

https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/hokenshi/

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

2012年合格:30代 女性

私は保健師試験を受けて何とか合格したのですが、この試験は国家試験だけあって受かるのはけっこう難しいです。
だからこそ遣り甲斐がある反面試験勉強はかなりきついので途中で諦めてしまう人もいますが、試験に合格して資格を取得しないと保健師として働くことが出来ないので少し位辛くてもしっかりと勉強する必要があります。
とは言っても私も試験勉強はけっこう辛くて途中で投げ出しそうになったのですが、その時には将来保健師としてどのような活動をしたいかを考えるようにしました。
保健師試験に受かるにはテクニカル的な面ももちろん必要ですが、それだけではなくメンタル的な面もとても重要になって来ます。
そのためにもなぜ保健師の資格を取得したいのかを真剣に考えて、その夢の実現に向かって一生懸命勉強することが大切です。
そのことを念頭に置きながら試験勉強をするのが良いのですが、私は保健師試験に合格するために色々と考えて学習することを心掛けました。
ただ闇雲にテキストを読んでいるだけだとなかなか頭に入らずにイライラして来るのですが、成績が上がらないと段々やる気が出なくなって来ます。
そのようなことを防ぐためにも兎に角分からない箇所はノートに書くように心掛けたのですが、途中からそのノートを綺麗にまとめて自分でテキストを作成することにしました。
私は市販で売っているテキストを使って勉強をしたのですが、そのテキストは私にとっては使いやすく比較的頭に入り易かったので良いものを購入したと自分でも納得していました。
ただあまりに沢山のことが書かれているために要点が掴みづらいのが難点で、そのためあまり意味のない箇所を覚えるのに時間を取られたりしました。
これは私が使っていたテキストが悪いとか言うのではなく物の捉え方は人それぞれ違うので、そのテキストの要点が私の考えているところと多少ずれていたと感じたからです。
私はその溝を埋めるにはどうしたら良いかと色々と考えたのですが、その結果自分でテキストを作ってしまえば良いと考えました。
これは奇想天外に思えるかも知れませんが全くそうではなくて、自分で要点をノートに書いてそれを毎日繰り返すだけで出来ることなので難しいことでは決してありませんでした。
確かにノートにどんどん書いていくのは時間がかかる上にとても面倒ではあるのですが、本当に保健師試験に合格したいと思っているのならばそんなことは感じないはずです。
私もどうしても保健師の資格を取得したかったので、毎日何時間もノートに書き続けても全く苦に感じることはありませんでした。
保健師試験の試験科目は地域看護学と疫学、保健統計さらには保健福祉行政論となっていますが、トータルで6割取らないと行けないのでけっこう辛いと感じる人が多いみたいです。
私も全く同感でけっこうきついと感じたのですが、逆を言えば4割間違えても受かると言うことなので6割取れるようにすることを心掛けて勉強しました。
私の保健師試験の勉強法は通り兎に角分からないことをノートにとって、それを毎日続けることによって自分なりのテキストを作ってしまうことです。
これは今まで何回も説明していることですが問題はそれをどこで行うかと言うことで、私は自宅で勉強する時もあれば図書館に行って勉強する時もありました。
その日の気分に合わせて勉強場所を変えるようにしたのですが、私は家に居る時はテレビを見たりラジオを聞いたりして勉強をしている時もありました。
これは本当に集中力が途切れてしまい勉強してもあまり意味がないと感じるぐらいに良くないことなので、誘惑に駆られそうになったら出来るだけ図書館で勉強するようにしました。
ですからこれから保健師試験を受けようと受験勉強を始めることを考えている人は、どこで勉強するかも考えた方が良いと思います。

2010年合格:40代 女性

保健師試験の勉強をこれから始める方、もしくは将来保健師の資格を取ろうと思っている方に私の体験談をもとに合格するコツを教えます。
実は私は1度試験に落ち経験があり、それも踏まえてお話ししますが私独自の勉強法ですのですべての人に対応するとは限りません。私の経験談をもとに、受験する為には何が必要なのか・どのようなことが考えられるか参考にしてください。

ちなみに、私はある短大に入学し順調に進学、卒業の年に1度目の保健師試験を受験したわけですが、不合格でした。

その当時は、短大で学んだ事が頭に入っていたら合格できるだろうと安易な考えだったのが一番の理由だと思います。在学時代の定期試験でも、平均レベルの点数しかとっていないようなごく普通の生徒でした。落第はしなったまでも、一生懸命勉強を頑張って定期試験に挑んだことはあまりなかったように思います。

保健師試験には、私の多くの友達が申し込んでいましたので私も同じように申し込みました。在学中にやっていたバイトも辞めることなくそのまま、継続し空いた時間に勉強をしていたつもりです。

先輩や先生からどのような試験なのかを聞いて学校の教科書でおさらいしていましたが、実際に問題集を買ったのは試験前1カ月程です。今思えば、あのような勉強法は勉強してると言えないような気がします。教科書を開いて勉強している気になっていただけで、せっかく買った問題集は半分も活用しないまま受験の日を迎え、見事不合格です。

その後、どれだけ恥をかいたか、自分の安易な考えに後悔したかは計り知れないものがあります。

卒業後はそのままアルバイトを続け生活していましたが、半年が経った頃このまま何も考えないまま人生を歩んでいていいのか?と自問自答したのです。

自分がなぜ短大に通ったのか、何を目指していたのかを考え直し再度「保健師」の資格に挑戦しようと心に決めたのです。

昨年購入してあまり活用しなかった問題集をまずは、解いてみる事にしました。はっきり言って、学校で何を学んだのだろうと疑問に思うほど解けませんでした。
そこから、私の勉強に対する意識をがらりと切り替えました。短大卒業後フルで入っていたアルバイトを夕方~夜のみにして、朝からバイトまでの時間は、家の近くにある市民施設の自習室で勉強することにしたのです。

1日中家にいて勉強しようと思っていても、なかなか集中することができませんので自分の集中できそうな場所を探しました。次に、アルバイトを辞めなかった理由は経済的な面もありますが、勉強時間は朝から夕方までと制限を決める事でだらだらした勉強ができないようにしました。
一番自分に効果があったのは計画カレンダーです。ノートに自分でカレンダーを作り、黒ペンで解く問題集のページを書き込んでいきました。その日の終わりには、赤字で実際にどのページまで進んでいるのかを書き込み目で見えるようにしました。

1度問題集を解き終わった時は、達成感はありましたが自分ができていない事も理解できましたので再度同じ問題集を解いてみる事にしました。毎日少しずつ、でも確実に問題を解き続け勉強するとリズムも出てきて勉強している事が楽しくも思えるようになってきます。
2度解き終わった問題集を自信に、新しい問題集を購入しさらに勉強を続け受験の日を迎えました。

2年目の方が確実に勉強している自信はあったのですが、1年目よりも緊張していたような気がします。しかし、問題を解き終わった時には1年目にはなった達成感がありました。

ように、1年目はやる気が足りず勉強はほとんどやっていなかったことになります。本気で合格したいという気持ちをもって一生懸命勉強を続ける事、これが合格する為には必要です。問題集は確実に自分に自信をくれますので、ボロボロになるまで活用してください。

2013年合格:40代 女性

資格試験の勉強開始時期ですが、4年生大学の方は時間に少しゆとりがあるかと思います。一方1年過程では資格試験の前の年の11月くらいまでは、実習や研究発表などと並行して行わないと間に合いませんでした。いずれにしても勉強開始時期は意識は入学してからと考えたほうが良いでしょう。私の場合は5月から開始しました。なぜならの最新過去問題集の発売が5月頃だからです。問題集の購入は1冊で十分です。それを繰り返し行うとよいです。教科書や参考書を自分なりのまとめたノートを1冊(A5サイズ)を作り、日々少しずつ書き加えていきました。当日は作成したノートのみを持参しました。書き方としては縦2つに分けます。幅は自由です。左側に問題を右側に解答を記入します。例えば母子保健では左側に○○ができるようになるのはいつ頃かと記入して、右側には〇か月後と書きます。このような記載をすると覚えやすいです。実習準備と並行して行っていました。実習でも役立てることができます。4年生大学で看護師国家試験と併用して勉強される方は、重複しているところが多いので、おすすめです。このように覚えると事例問題の時に、指導内容を問われると選択肢を絞り込むことができます。ここで注意なのは1年過程の方は看護師の資格をお持ちなので、看護師としての優先順位を選択すると誤りの場合がでてきます。保健師として対応を問われていますので、ご確認ください。もう1点注意しておきたい点は、試験問題は日程が確定されている頃の8月には作成されておりますので、この時期から遡って法律改正されているのは確認しておいたほうがよいでしょう。あまり古い過去問からですと、今の回答と合わないことがあります。合格するためには自身のスケジュール管理も大切になってきます。一日中机に向かえる方、睡眠時間を削っても大丈夫な方、などいらっしゃいます。私の場合は30分~1時間しか持たないので、単元を終えたら休憩してというパターンを繰り返しました。何時間勉強したという達成感もよいですが、何を抑えるかが大切です。試験の出題範囲は決まっています。類題が隔年出題されているものもありますので、問題集を繰り返し行いパターンをつかむとよいでしょう。問題をこなす時期ですが、11月くらいまではノートをひととおり完成させました。その後、問題を解いてノートをみて不足分は追加していきました。ノートに記載する時間が減り、問題を解いていく時間に集中していました。試験は1問につき1分程度で回答しなければ時間が足りません。なので、短時間で回答するよう練習されるとよいです。問題によっては時間のかかるものと、そうでないものもありますので、時間配分の工夫が必要です。試験に合格するためには、知識も必要ですが、モチベーションが低かったら学習意欲も下がります。私は常に、自分は保健師になったらこのようになりたい、これをしたいとイメージを持っていました。仲の良いクラスメートと話すと大変さを共有したり、将来について語っていました。そうすることで、意欲を持続しつづけて試験勉強に取り組んでいました。仲の良いもの同士だと雑談が多くなり、試験勉強がおろそかになってしまいがちなので、一人で集中されたい方は配慮しましょう。資格試験合格の道に一番大切なのは何といっても体調管理ではないでしょうか。諸事情から試験の2週間前から高熱がでてしまいました。前日にやっと解熱しましたが、その間の勉強はまったくできず、食事もほとんど摂れない状態でした。当日はフラフラで問題もほとんど覚えていません。なぜ合格したかというと、夏休みは毎日少しずつ、作成ノートを常に持ち歩き、電車の中、待ち時間などこまめにながめていたからではないでしょうか。合格への道は1に健康2に知識でした。

「保健師」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

S

難易度の目安»

【保健師国家試験】

受付終了まであと

終了

試験日まであと

67日

ページの先頭へ▲