国家資格

情報処理安全確保支援士

情報セキュリティスペシャリストとは、サイバーセキュリティに関する専門的な知識・技能を活用して、企業や組織における安全な情報システムの企画・設計・開発・運用を支援し、サイバーセキュリティ対策の調査・分析・評価を行い、その結果に基づき必要な指導・助言を行う者です。

情報システムや組織に対する脅威や脆弱性を評価し、技術面・管理面での有効な対策を遂行できる、セキュリティエンジニアや情報システム管理者です。

情報処理安全確保支援士試験は、情報セキュリティスペシャリスト試験の後継となる試験で情報セキュリティに関する高度な知識・技能(スキルレベル4)を認定する試験です。

試験日

試験日①受験受付:2018年1月11日(木) ~ 2月19日(月)
【筆記試験】2018年4月15日(日)
試験日②受験受付:2018年7月5日(木) ~ 8月13日(月)
【筆記試験】2018年10月21日(日)

受験者と合格率の推移

【情報セキュリティスペシャリスト試験】
実施年受験者数合格率
2017年33,484人16.7%
2016年40,314人14.9%
2015年36,982人15.6%
2014年36,104人14%
2013年36,905人13.9%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

全国主要都市

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

5,700円(税込)

試験内容

[午前I] 多肢選択式(四肢択一):30問 50分
[午前II] 多肢選択式(四肢択一):25問 40分

[午後I] 記述式:3問 90分
[午後II] 記述式:2問 120分

合格基準

午前、午後の試験ともに各100点満点の60点以上で合格となります。

主催団体

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)
〒113-8663 東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス15階

IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター
TEL 03-5978-7600(代表)

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/sc.html

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

「情報処理安全確保支援士」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

A

難易度の目安»

【情報セキュリティスペシャリスト試験】

受付期間

1月中旬~2月中旬

試験日

4月中旬

ページの先頭へ▲