国家資格

ITサービスマネージャ

ITサービスマネージャとは、顧客ニーズを踏まえ、日々の継続的改善を通じて高品質なITサービスを最適なコストで安定的に提供し、IT投資効果を最大化する役割を担う者です。

高度IT人材として確立した専門分野をもち、情報システム全体について、安定稼働を確保し、障害発生時においては被害の最小化を図るとともに、継続的な改善、品質管理など、安全性と信頼性の高いサービスの提供を行います。

情報処理技術者試験制度のスキルレベル4(スキルレベルは1~4)に相当し、高度情報処理技術者試験の一つとなります。

試験日

試験日① 受験受付:2018年7月5日(木) ~ 8月13日(月)
【筆記試験】2018年10月21日(日)

受験者と合格率の推移

【ITサービスマネージャ試験】
実施年受験者数合格率
2017年3,932人13.6%
2016年3,555人14.1%
2015年3,858人13.2%
2014年3,925人12.5%
2013年4,037人12.2%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

全国主要都市

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

5,700円(税込)

試験内容

[午前]
■午前I(高度試験-共通知識)
多肢選択式(四肢択一):30問 50分

  1. テクノロジ系
  2. マネジメント系
  3. ストラテジ系

■午前II(高度試験-専門知識)
多肢選択式(四肢択一):25問 40分

  1. テクノロジ系:
    1. コンピュータシステム - コンピュータ構成要素、システム構成要素
    2. 技術要素 - データベース、ネットワーク、セキュリティ
  2. マネジメント系:
    1. プロジェクトマネジメント - プロジェクトマネジメント
    2. サービスマネジメント - サービスマネジメント、システム監査
  3. ストラテジ系:企業と法務 - 法務

[午後]
■午後I
記述式:3問中2問解答 90分

■午後II
論述式(概ね2000~3000文字程度で論述する):2問中1問解答 120分

【午後の試験 出題範囲】

  1. サービスマネジメントに関すること
  2. サービスの設計・移行に関すること
  3. サービスマネジメントプロセスに関すること
  4. サービスの運用に関すること
  5. 情報セキュリティの運用・管理に関すること
  6. ファシリティマネジメントに関すること
合格基準

午前I、午前II、午後Iの試験ともに100点満点の60点以上、午後IIの試験でAランク(A~Dの4ランク中)で合格となります。

免除科目

以下のいずれかに当てはまる場合は、該当の免除資格を得てから2年間「午前I試験」が免除されます。

  1. 「応用情報技術者試験」の合格者
  2. いずれかの高度情報処理技術者試験の合格者
  3. いずれかの高度情報処理技術者試験の午前I試験で基準点以上の成績を得た者
主催団体

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)
〒113-8663 東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス15階

IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター
TEL 03-5978-7600(代表)

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/sm.html

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

2014年合格:20代 男性

ITサービスマネージャ試験は、他の情報処理試験に比べると技術知識の要求レベルはそれほど高いものではありません。午前試験と午後1に関しては、業務経験がなくても、参考書の丸暗記である程度の点数を獲得することができるかもしれません。ITサービスマネージャ試験の過去問題や、ITILファンデーションの参考書などがあれば、必要な知識は得られるでしょう。しかしそれだけでは、資格取得は困難です。合格のカギは、午後2の小論文がきちんと書けるかどうかにかかってきます。
午後2の小論文は、筆記する分量が非常に多いです。大きな設問が3つあり、一つ目は800字以内、二つ目は800字以上1600字以内、三つめは600字以上1200字以内が求められます。この分量を、準備なしで処理することは不可能です。過去問などを参考にし、試験前に用意できることはしておきましょう。
私が行った準備は、まずは自分の経験した、ITサービスマネジメントに関係した業務内容を簡単にまとめておくことです。どのような顧客だったのか、取り扱うシステムはどのようなもので、どんな問題点があったのか。顧客の要求はどんなもので、それに対してどのような対策を行ったのか。それで改善された点は何か。取り組む過程で工夫したことは何か。どのような失敗があったか、など。試験当日は当然メモの持ち込みはできませんので、まとめた内容を頭の中にインプットしておくことも必要です。この準備をしっかりと行っておけば、当日の試験問題がどのような切り口であったとしても、慌てずに対処することができるでしょう。
次に必要なことは、ITサービスマネージャ試験向けの文章を書く練習をすることです。小論文は、単なるプロジェクトの感想文になってしまってはいけないのです。まずは設問をよく読んで、どのような回答が求められている設問なのかを正しく捉える練習が必要です。また、基本的な小論文の書き方を押さえておく必要があります。文字数制限がありますが、一つ目の設問には下限の設定がなく、二つ目の設問は800字、三つ目の設問は600字もの幅があります。下限の文字数は超過しているからと言って、少なすぎる文字数では小論文として成立しません。8割程度は埋められるように意識して取り組みました。
私が小論文対策に使用したのは、過去に合格した方の論文事例集です。これを見れば、どのような書き方をすればよいのかが具体的に理解できます。また、自分の実務経験だけでは不十分ではないかという心配がありましたが、この事例集の中に書かれている内容を自らの経験に置き換えて、小論文のネタとしてストックしておくことができました。
試験当日は時間が限られているので、予行演習として実際に書いてみることも大切です。それも、可能であれば当日の試験に使用するものと同じマス目のものが望ましいです。試験の答案用紙はマス目が大きめなので、長い文章を書き続けるにはかなり体力を使います。ですので、あまり何回も練習することはできませんが、これをやっておくことで自分の中で試験当日のペース配分を考えることができます。小論文ですから文章が最後まで書き終えられていなければなりません。時間切れで尻切れトンボで終わってしまっては、十分な採点を受けることができないのです。合格ラインは6割ですから、内容面で完璧を目指すよりも、まずは三つ目の設問までを時間内にきっちり書ききる練習をすることが大切です。ただ文章を最後まで書くのではなく、文章の流れが論理的になっているか、設問が求める回答を明確に書けているか、ということを注意しなければなりません。過去の事例集を読み込み、そして自分の小論文を何度も書いてみることで、合格ラインに到達するものが書けるようになりました。

2014年合格:30代 女性

私はIT企業にいるのですが、たいがいは営業として様々な企業に対して提案を行ってきました。その営業をしていく中で、どのようなサービスを提供したらよいのか常々考えてきましたが、その実務をもう少し深く知っていきたい、あるいは資格をとして形にしていきたいと考えて「ITサービスマネージャ」の試験を受けることにしました。情報処理に関連した試験は大学の時に色々と受けてきましたが、就職してからは全くもってして初めてのことでした。ITの知識は少なからずはありましたが、営業畑からか、基礎知識しかなく、むしろ技術者よりもITに関した突っ込んだ知識が乏しかったのがネックでした。

その不安は午前の試験勉強で大きく響きました。「ITサービスマネージャ」の試験は午前に2つの試験、午後に2つの試験がありますが、午前の前半の試験は汎用的、かつ高度な情報処理の知識が求められていて、マークシート方式ではありましたが、その知識を学ぶことに精いっぱいでした。中には今まで勉強したことのなかった用語まで飛び出してきて午前対策として買った教科書でもなかなかついていけませんでした。そこで頼ったのが同期の人たち。私以外は皆技術畑で働いていて、正直言って私以上にITの色に染まっている方々でした。恥をしのんで聞いてみると、結構気さくに聞いてくれ、しかも休日には私の家に押しかけて夜通しで講義までしてくれました。最も動機も「ITサービスマネージャ」と同じくらいのレベルにある情報処理技術者の資格を次々と取ったこともあり、午前の問題に関する知識は豊富にあるのだそうです。そうして午前の前半に関する対策はできるようになりました。

午前の後半と午後の試験は「ITサービスマネージャ」に特化した、いわゆるITILに関する知識や考え方が求められていて、ここに関しては私自身も良く仕事の上で考えたり、提案をしたりするようなことが多く、前知識があり、試験の内容も理解することができました。おそらく勉強の中で一番楽だったのは午前の後半でした。午後の試験はより突っ込んだものが求められていたため、実際の仕事上の考え方の他にも私の知りえなかった考え方や概念まで問われていたため、問題を解きながら復習をしながら、ドンドンと身につけるようにしました。それを繰り返していくことによってだんだんと午後の前半の対策もバッチリとしていきました。

午前の前半に次いで不安だったのは午後の後半の論述問題でした。自分自身がITサービスマネージャとしての考え方・心構え・行動規範などが求められ、それを文章にしていくことが中心でした。今の仕事も踏まえながら、これからITサービスマネージャとしてどうしていくべきかを常に考えながら、そして過去問で解いたもの、さらには事例論文などを照らし合わせながら論文構成や書き方などをどうしていくかを考えていきながら論文作成を繰り返し練習しました。この繰り返しは全体の試験勉強の中で最も時間を使いましたが、その使った中で、自分自身が行ってきたこれまでやってきたことの棚卸しを行い、これからのことを見据えることができるようになりました。

それらの対策を仕事の合間や休日を縫って行ってきたことが幸いして、本番の試験では程よい緊張感の中でバッチリと問題を解くことができました。時間配分もしっかりとでき、余った時間を使って答えの確認を行った結果、合格をすることができました。もしも実際にITサービスマネージャとして働いているのであれば、専門に特化した問題は後回しにしても良いのですが、これからその仕事に就く方であれば前もってどういった仕事なのかを本屋ネットで一度シミュレーションを行うことで、試験勉強も効率よくすることができます。

2010年合格:40代 男性

大学の頃から起業思考の強かった私は、大学時代に少人数で運営できるIT会社を友人と数人で起業しました。最初のことはなかなか経営が上手くいかないこともありましたが、徐々に業界のことが始めると同時に、経営のほうも安定してきました。そこで、少しずつではありますが従業員も増え、自分の時間を持て余裕も出てきたので、従業員にできるだけ様々な種類の資格を取るように勧めるようにしています。しかし、資格といっても、できるだけ業務と関連した資格を取ってもらいたいので、まずは自分でできるだけ資格を取ってみて、業務に役に立つと思うものを勧めるようにしています。そこで私がまず最初に取ったのがITサービスマネージャの資格でした。経営者ということもあり、比較的自分の業務を調整することができるので、確実に資格を修得する為に、まずは夜間に通うことができる専門学校に入学をしました。私の場合は週に3日、夕方の18時から21時までの授業を受けられる学校です。夜間の授業なので、日中は社会人としての仕事をしつつ、週の半分を専門学校で学ぶという生活スタイルは、精神的にも身体的にもそれほど負担になることはありませんでした。元々大学の頃からIT思考の強い人間だった私なので、少なからずこの分野の知識は持っていましたので、恐らくゼロから勉強を始められる方よりは勉強の進行具合は早かったと思いますが、それでも新しく知る知識は毎日のように出てきましたので、それを覚えるのに必死でした。しかし、私はあまり自宅で試験勉強はしないようにしました。社会人として働いている上で学校に通うので、その上で自宅でも勉強を行うとストレスがたまってしまいます。そこで、私は生活の中に勉強を組み込むようにしました。私の一日の生活を紹介していくと、まず起きて出社前に、自分が会社にいるべき時間から逆算して1時間を会社近くのファーストフード店で前日の授業などの復習をするようにしました。そこでは朝食とコーヒーを飲みながらです。出社をして昼休みの時間になると12時になった途端に自分の会社や他の起業の方々が昼休みに入るため、どこのお店も座れないほどに混雑してしまうのを避け、従業員とは1時間ずらして、余裕で座れるようになってから、1時間昼食を取りながら、その日の授業の予習などの時間に充てました。退社後は授業を受け、帰りにそのまま自宅に帰るのではなく、夕食をとるために寄るファミリーレストランなどで2時間その日の授業の復習などを行い、帰宅するという一日を試験当日まで続けました。その他自宅で気合を入れて勉強するということもありませんし、休日には友人と遊びに行ったり、飲みに行ったりもしましたので、勉強のために時間を割くというよりも、朝食や昼食を取るついでに勉強をしているというように自分に錯覚させながら学んでいきました。試験内容自体はそれほど難しい内容の問題が出るわけではなく、私のように専門学校に通って一定期間授業を受けていれば必ず受かる問題しか出ませんので、学校で学ぶ知識を確実に自分のものにさえすれば合格することができると私は思います。私の場合は、とにかく授業の内容を確実に記憶する為に、復習の時間は必ずその日と翌日に必ず行いました。試験前に復習をしても、授業で習ったことはほとんど忘れてしまっていることが多いので、確実に記憶するには習った直後に同じ内容を自分の頭の中で噛み砕きながら理解する必要があります。一度覚えてしまえば、かなりの長時間保存することができますので、復習は確実に短期間のうちに行うようにするとかなり効率よく試験に必要jな科目の知識を習得することができます。

「ITサービスマネージャ」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

A

難易度の目安»

【ITサービスマネージャ試験】

受付終了まであと

終了

試験日まであと

65日

ページの先頭へ▲