国家資格

ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリストとは、ネットワークの固有技術からサービス動向まで幅広く精通し、目的に適合した大規模かつ堅牢なネットワークシステムを構築し運用できるネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアです。

高度IT人材として確立した専門分野をもち、ネットワークに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において中心的な役割を果たすとともに、固有技術の専門家として、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行います。

情報処理技術者試験制度のスキルレベル4(スキルレベルは1~4)に相当し、高度情報処理技術者試験の一つとなります。

試験日

試験日①受験受付:2018年7月5日(木) ~ 8月13日(月)
【筆記試験】2018年10月21日(日)

受験者と合格率の推移

【ネットワークスペシャリスト試験】
実施年受験者数合格率
2017年12,780人13.6%
2016年11,946人15.4%
2015年12,407人14.6%
2014年13,215人13.9%
2013年13,288人14.3%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

全国主要都市

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

5,700円(税込)

試験内容

[午前]
■午前I(高度試験-共通知識)
多肢選択式(四肢択一):30問 50分

  1. テクノロジ系
  2. マネジメント系
  3. ストラテジ系

■午前II(高度試験-専門知識)
多肢選択式(四肢択一):25問 40分

  1. テクノロジ系:
    1. コンピュータシステム - コンピュータ構成要素、システム構成要素
    2. 技術要素 - ネットワーク、セキュリティ
    3. 開発技術 - システム開発技術、ソフトウェア開発管理技術

[午後]
■午後I
記述式:3問中2問解答 90分

■午後II
記述式:2問中1問解答 120分

【午後の試験 出題範囲】

  1. ネットワークシステムの企画・要件定義・開発に関すること
  2. ネットワークシステムの運用・保守に関すること
  3. ネットワーク技術・関連法規・標準に関すること
  4. ネットワークサービス活用に関すること
  5. ネットワーク・アプリケーション技術に関すること
合格基準

午前I、午前II、午後I、午後IIの試験ともに100点満点の60点以上で合格となります。

免除科目

以下のいずれかに当てはまる場合は、該当の免除資格を得てから2年間「午前I試験」が免除されます。

  1. 「応用情報技術者試験」の合格者
  2. いずれかの高度情報処理技術者試験の合格者
  3. いずれかの高度情報処理技術者試験の午前I試験で基準点以上の成績を得た者
主催団体

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)
〒113-8663 東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス15階

IT人材育成本部 情報処理技術者試験センター
TEL 03-5978-7600(代表)

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/nw.html

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

2013年合格:30代 男性

ネットワークスペシャリスト試験は元々「テクニカルエンジニア試験」の一つで、2009年に今の名称に変わりました。元々ネットワーク関係の開発の仕事をしていたため、その資格を取りたいと思い、試験を受けるようになりました。受け始めたのは2008年。先ほど書いた「テクニカルエンジニア」の時代からでした。数年かけて資格を取得するまでに至りましたが、それまでは試行錯誤の繰り返しで勉強をしていました。もちろん他の情報処理技術者試験と同じく過去問を勉強しておきましたが、午前中のマークシートの試験はこれが効果的です。

ちなみにネットワークスペシャリスト試験は午前・午後に2回ずつ、計4回の試験が行われ、それぞれ受験形式が異なります。先ほど書いた午前中の試験は過去問題集を重点的に勉強し続けていればすんなりと合格します。ちなみに合格したら2年間は午前問題の一部が免除になるので、少し楽になります。しかしネットワークスペシャリスト試験をはじめとした高度な情報処理技術者試験の肝心なところは午後からで、午後は記述問題・論述問題が中心となり、選択だけすれば合格できるような生半可なものではありません。もっと言うとネットワークに関する知識をキチンと理解していないとついて行けないような問題がドンドンと出てきます。もっと言うと高度な試験なので、ネットワークに関する最新の技術・知識を取り入れるような問題でも出てくるため、過去問をひたすら解くだけでは合格することはできませんでした。そこで午後対策としてネットワークスペシャリスト試験用の問題集・過去問の他に、ネットワークに関する月刊誌を購読し始めました。ネットワークに関する最新の情報や知識、考え方が取り上げられており、その用語について深い次元で理解していくことに努めました。どのように理解したのかというと専らインターネットで最新のネットワーク用語や知識を調べて、それをノートに書くようなことをやりました。ちなみに最新のものの中には日本語のものがなく英語しかないものもありましたが、元々ネットワークに関する英語の本を読んだことがあったので、それを活かして自分の解釈で日本語に訳しながらノートを写すこともやりました。もしも英語の知識が無ければ、インターネットには翻訳サイトもあるので、それを利用して自分なりに解釈を行い、知識にして行くことで、最新のネットワーク技術・知識を学ぶことができるようになります。こういったことは特に午後の2つめの試験、いわゆる論述の試験に大いに役立ちます。午後の試験の1つ目は3問中2問選択する問題ですが、いずれも深い知識が求められました。2つ目は2問中1問選択ですが、記述と言うよりも、ネットワークに関する事例の問題に対して、どのようにして解決していくかを文章にするいわゆる論述問題でしたが、1つ目以上にさらなる知識が求められました。この午後2つの試験は問題集での繰り返しの勉強の甲斐もありましたが、それ以上に月刊誌やネットで得た最新の知識を大いに活用することができ、すんなり解くことができました。もちろんそれまでは午後の問題で躓くこと多く、資格取得まで遠い道のりでした。もっともこの最新のネットワーク技術・知識を得る必要があることに気付いたのが、初めて受験してから4~5回行った時のことです。既に合格した方々の話を聞くと問題集の繰り返し練習だけでは行かないことに気付き、それから最新のものに目を向ける必要があることに気付かされました。その最新のネットワーク技術・知識を得ることにアンテナを張り始めてから、徐々に合格に近づくようになり、ようやく資格を取得することができました。

2011年合格:30代 男性

ネットワークスペシャリスト試験を受けるにあたって、まず手を付けたことは過去問題の読み込みです。ネットワークの高度試験なので、最新技術のキャッチアップが必要になるのではないかと思いがちなのですが、実はネットワークについての基礎的な知識があれば資格取得に必要な点数は取れるようになっているのです。いろいろな出版社から試験対策の問題集が発売されていますが、私はその中でも設問に対する説明が一番細かいものを選びました。問題と、解答と、少しの解説が羅列されているようなものではなく、ある問題に対して、その問題を解くのに必要な知識と、解答に至るまでの思考の流れ、そして解答に対するきめ細やかな解説が書き記されているため、知識をただ詰め込むのではなく、問題に対する解決方法を順に考えながら解答を導くことができるようになります。ただ丸暗記するよりもこの方が吸収しやすく、他の問題に応用することもできるのです。
試験問題などにたくさん出てくる専門の単語については、スマートフォンアプリを使って覚えました。ケーブルの名前や暗号化技術の種類などは名前が似ていて覚えにくいので、これは自分なりに語呂合わせを作ったりして繰り返し繰り返し、空き時間などを利用して覚えました。答えられなかった単語には印がつけられて、後からまとめて復習できるというのが効率が良くてよかったです。
試験対策の7割は過去問題の読み込みに充てて、残りの3割でスマートフォンアプリによる単語の学習と、最新技術情報の収集、そして試験本番と同じ環境で、時間を計りながら午前2、午後1、午後2の過去問題を実際に解いてみる、というやり方にしました。最新技術情報の収集はネットワーク初心者向けの雑誌やインターネットサイトを使いました。インターネットのいいところは、学習中気になった内容があれば、その場ですくに検索することができるということです。気になるページがあればすかさずページを保存しておいて、後からゆっくり見ることもできます。時間を計りながら問題を解く練習は、試験前に複数回やっておくとよいでしょう。自宅学習だとつい甘えが出てしまって、途中でやめてしまったり先に解答を見てしまったりすることがあります。その甘えをぐっと断ち切ることが大切です。情報処理試験は試験時間が長いので、慣れていないと集中力を保つことができません。問題数が多いため、集中を切らせてしまうと時間内に問題を解ききることが困難になります。そうなることを防ぐため、あらかじめ制限時間を定めてその中で解答を導くことを練習しました。この練習は試験当日の大きな自信につながりました。問題用紙を読みながら感覚的に時間配分を決められるようになっていたので、落ち着いて試験を解き進めることができました。
私は日常の業務の中でネットワークの設定などの技術に少し触れていたため、試験の内容を理解するのにそこまで苦労はしませんでしたが、どうしても参考書を読むだけでは理解できない場合は、自宅にパソコンがあれば無料でできる範囲で、実際に手を動かしてネットワーク設定を行ってみることが有効です。一つ一つの設定を自らの手で行い、ネットワークの挙動を見ていくことで、よりそれぞれの設定がどのような意味を持っているのかということを身をもって知ることができます。
あと、試験の内容と直接は関係ありませんが、国語力の磨き上げも大切な要素です。ネットワークスペシャリスト試験には記述問題があり、文字数制限の中で答えを書かなければなりません。これも、慣れていないと難しいものです。まずは自分で解答を書いてみて、模範解答と比べてみて、どこに差があるのか考えて直す、という作業も繰り返し行いました。

2011年合格:40代 男性

工学系の大学を卒業した私ですが、企業の開発部門に就職をしても、なかなか自分に合っている世界ではないなと思うことが多かったので、元々興味の合ったIT関連の会社に就職をするにすることにしました。専門分野なので、なかなか最初は苦労をすることも多かったのですが、結局のところ、その業界興味があるかないかによってその仕事についていけるかが決まると思っていた私は、根気強く先輩に教えてもらいながら仕事に慣れていきました。そんな時に会社の社長に取るようにすすめられたのがネットワークスペシャリストの資格でした。将来会社の一翼を担う人材だから、この資格を取っておくと仕事の幅が広がり、これまで以上にやりがいのある仕事を任せることができるということで、少し時間をもらいながら修得するにしました。この資格は、合格率が10%以下の難関試験ということで、今の自分の知識だけでは合格は難しいと感じた私は、専門学校に入って、専門性の高い授業を受けることにしました。私の勉強方法は単純で、ひたすら暗記を心がけることです。もちろん試験問題は単語羅列だけで解ける問題ではありませんが、結局は自分の知っている単語の組合せを繰り返していくことにいくことにより答えを導き出すことには変わりはないので、できるだけ多くの単語帳にしたためて、空いている時間はずっと眺めていました。はじめの頃は、多くの問題で間違えることが多かったのですが、何度何度も同じ問題を眺めることによって自然に知識として蓄積されていき、実際に問題に対面しても正しい単語を選択して複合することが難なくできるようになりました。私の一日の生活のリズムの中で、勉強だけをする時間というのはあまりありませんでした。社会人として働きながらでしたので、なかなかまとまった時間が取れなかったというのもありますが、人間が集中できる時間は2時間もなく、それ以上の勉強はストレスを感じてしまい、あまり効率が良いとは言えませんので、できるだけ生活のリズムの中に勉強を組み込むように心がけました。私の一日のリズムは、まず会社に出勤する前に、30分ほど会社近くにあるファーストフード店で朝食とコーヒーを飲みながら前の日の復習を軽く行い、午前中働き、昼休みは同僚の皆さんとは少し時間をずらして、混雑しない座れるお店で昼食を取りながら、専門学校の授業の予習を1時間行いました。午後の仕事が終わると専門学校に移動し、午後9時まで授業を受けます。その後、すぐに帰宅をせずに自宅の隣にあるファミリーレストランで2時間その日の授業の復習を行います。基本的にはそれ以上の勉強は行いませんでした。休みの日には友人と遊びに行きますし、その他の趣味の時間もしっかりと取っていたので、ストレスを感じることは一切ありません。勉強時間が足らないのではないかと思うかもしれませんが、私の場合、復習を大切にしていたため、比較的多くの知識を忘れることがなく頭の中に貯えることができました。基本的には授業の内容をしっかりと把握していれば試験には合格すると思っており、実際に試験問題も授業で習ったことを応用すれば解けない問題はありませんでした。私は、授業で学んだことを必ずその日の内に復習をすることを心がけました。人間ですので、新しい知識を頭で受け取っても、その大半を忘れてしまうことが多いのですが、習ったことを短時間以内に繰り返し取り入れることで、その知識は忘れにくい記憶として頭の中に長期保存されますので、できるだけ学んだことを学びっぱなしにすることなく短期間で繰り返し復習をしました。おかげで私は難関試験をあまり難しいと感じずに突破することができたのです。

「ネットワークスペシャリスト」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

A

難易度の目安»

【ネットワークスペシャリスト試験】

受付期間

7月上旬~8月中旬

試験日

10月の第3日曜日

こんな勉強法も

eラーニングソフト

media5 Premier5 ネットワークスペシャリスト試験 合格保証

¥6,881

ページの先頭へ▲