国家資格

名称独占資格

製菓衛生師

製菓衛生師とは、都道府県知事の免許を受け菓子製造業に従事する者です。菓子製造業に従事する者の資質を向上させ、公衆衛生の向上および増進を担います。

試験日

試験日①受験受付:都道府県ごと
都道府県ごと

受験者と合格率の推移

【製菓衛生師試験(関西広域)】
実施年受験者数合格率
2017年1,905人74.6%
2016年2,108人82.1%
2015年1,982人69.8%
2014年2,071人78.3%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

各都道府県

受験資格

次のうちいずれかに該当する者

  1. 都道府県知事の指定する製菓衛師養成施設において、1年以上製菓衛生師として必要な知識および技能を修得した者
  2. 2年以上菓子製造業に従事した経験のある者
受験料

試験地により異なります。

(東京都の場合)
9,500円

試験内容

4肢択一方式(60問)

  1. 衛生法規
  2. 公衆衛生学
  3. 食品学
  4. 食品衛生学
  5. 栄養学
  6. 製菓理論及び実技(和菓子分野、洋菓子分野、製パン分野から選択)
合格基準

1問10点、6科目で600点満点とし、全科目の合計が満点の6割以上(360点以上)、かつ0点の科目がないこと。

免除科目

検定職種のうち、菓子製造に係る1級もしくは2級、またはパン製造に係る特級、1級もしくは2級のいずれかの技能検定合格者は、「製菓理論及び実技」の試験科目の免除を受けられます。

主催団体

厚生労働省、各都道府県の福祉保健局など

(東京都の場合)
東京都福祉保健局 健康安全課(試験・免許係)
〒163-8001
東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎21階南側
03-5320-4358

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000065164.html

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

「製菓衛生師」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

講習+

難易度の目安»

【製菓衛生師試験(関西広域)】

受付期間

都道府県ごと

試験日

都道府県ごと

ページの先頭へ▲