国家資格

陸上特殊無線技士

陸上特殊無線技士とは、

電波利用技術の進展に伴い、各種の小規模な無線局が経済社会活動の中のさまざまな場面で利用されるようになったことから、それらの無線局に配置を要する無線従事者の資格の取得を容易にするため、その利用する無線局の種類、無線設備の周波数、空中線電力等により操作することができる範囲を限定し、あるいは、技術的な操作をすることができる範囲を外部の転換装置に限定する等により設けられた資格です。

なお、これらの陸上特殊無線技士の資格は、陸上の無線局の操作を行うためのものですが、放送局や海岸局、海岸地球局、航空局、航空地球局、無線航行局等の操作を行うことはできないことになっています。

資格種類(試験区分)は第一級~第三級と国内電信級の4つに分かれています。第一級は、電気通信業務用、公共業務用等の多重無線設備の固定局、基地局等の技術的操作、第二級および第三級の操作の範囲。第二級は、電気通信業務用の多重無線設備のVSAT等小型の地球局の無線設備の技術的な操作、多重無線設備を除く固定局、基地局、陸上移動局等の無線設備の技術的な操作、および第三級の操作の範囲。第三級は、固定局、基地局、陸上移動局等の無線設備の技術的な操作。国内電信級は、固定局、基地局、陸上移動局等の無線電信で国内通信のための通信操作を行うことができます。

試験日

試験日①受験受付:2018年4月1日(日) ~ 4月20日(金)
【第一級陸上特殊無線技士】2017年6月14日(水)
【第二級、第三級陸上特殊無線技士】2018年6月13日(水)
【国内電信級陸上特殊無線技士】2018年6月12日(火)
試験日②受験受付:2018年8月1日(水) ~ 8月20日(月)
【第一級陸上特殊無線技士】2018年10月25日(木)
【第二級、第三級陸上特殊無線技士】2018年10月24日(水)
【国内電信級陸上特殊無線技士】2018年10月23日(火)
試験日③受験受付:2018年12月1日(土) ~ 12月20日(木)
【第一級陸上特殊無線技士】2019年2月10日(日)
【第二級、第三級陸上特殊無線技士】2019年2月9日(土)
【国内電信級陸上特殊無線技士】2019年2月8日(金)

受験者と合格率の推移

【第一級陸上特殊無線技士試験】
実施年受験者数合格率
2016年7,131人29.5%
2015年8,254人32.6%
2014年9,188人30.3%
2013年9,401人30.8%
2012年9,667人30.1%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

札幌、仙台、東京、長野、金沢、名古屋、大阪、広島、松山、熊本、那覇

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

第一級陸上特殊無線技士: 5,362円
第ニ級陸上特殊無線技士: 5,162円
第三級陸上特殊無線技士: 5,162円
国内電信級陸上特殊無線技士: 4,562円

申込者数
合格率

■第ニ級

受験者数合格者数合格率
2016年6,1154,52574.0%
2015年5,9314,61977.9%
2014年5,3874,12876.6%
2013年6,1824,60474.5%
2012年5,9304,33773.1%

■第三級

受験者数合格者数合格率
2016年1,3581,21489.4%
2015年1,3741,19787.1%
2014年1,10394285.4%
2013年1,11993483.5%
2012年1,11895685.5%

■国内電信級

受験者数合格者数合格率
2016年1855228.1%
2015年1733017.3%
2014年1292922.5%
2013年1112623.4%
2012年1182622.0%
試験内容

■第一級陸上特殊無線技士
(多肢選択式) 3時間

  • 無線工学: 24問
  • 法規: 12問

■第二級陸上特殊無線技士、第三級陸上特殊無線技士
(多肢選択式) 1時間

  • 無線工学: 12問
  • 法規: 12問

■国内電信級陸上特殊無線技士

  • 法規(多肢選択式): 12問(30分)
  • 電信術(送受信): 75時(3分)
合格基準

■第一級陸上特殊無線技士

  • 無線工学: 120点満中、70点以上
  • 法規: 60点満点中、40点以上

■第二級陸上特殊無線技士、第三級陸上特殊無線技士

  • 無線工学: 60点満中、40点以上
  • 法規: 60点満点中、40点以上

■国内電信級陸上特殊無線技士

  • 法規: 60点満点中、40点以上
  • 電信術: 送信、受信ともに100点満中、70点以上
免除科目
  1. 一定の無線従事者の資格を有する者に対する試験の一部免除
主催団体

公益財団法人 日本無線協会
〒104-0053 東京都中央区晴海3-3-3
TEL 03-3533-6022

http://www.nichimu.or.jp/kshiken/index.html

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

2012年合格:20代 男性

私は第一級の陸上特殊無線技士試験に合格して資格を取得することが出来たのですが、はっきり言うとこの試験はとても難しいので余程覚悟を決めて試験勉強に臨む必要があります。
大事なことはこの試験に合格して資格を取得して何がしたいのか目標をしっかりと持つことであり、試験に受かればラッキーだと言う短絡的な考えでは合格するのはとても難しい試験です。
またこの試験に合格するためには集中して勉強をする必要がありますが、そのためにもモチベーションを維持し続けることがとても大切です。
絶対にこの試験に合格するんだと言う強い気持ちを持って勉強した人が受かるので、あまり深いことは考えず兎に角試験に受かることだけを目指して勉強することがとても大切です。
私は陸上特殊無線技士に関する知識は比較的豊富だったので、難しい第一級の試験でもけっこう簡単に合格できるのではないかと考えていました。
しかしこのような考えは本当に甘くて、初めて過去問を解いてみた時はその難しさに驚いてしまいとても焦りました。
こんなに難しい問題を解くことが出来るのかあまり自信が持てずに諦めようかとも考えたのですが、将来の夢のことを思うとここで諦める分けには行きませんでした。
そこで私は参考書を2冊と問題集を1冊購入して勉強することにしたのですが、参考書を買ったらそれが擦り切れるまで徹底的に使うと言う信念を持っていました。
私の知り合いにも参考書を読んで分からないと直ぐに新しいものを購入すると言った人もいましたが、参考書に書かれている内容はそれほど違いはないと私は考えていました。
問題は参考書の出来が悪いのではなくどうしてそのようなことが書かれているのか考えないことだと思っていたので、私は試験勉強のために参考書を購入したら徹底的にそれを使うことにしていました。
もちろん他の参考書を使った方が成績が上がるのではないだろうかと考える時も珠にはありましたが、それは自分の能力不足を参考書のせいにすることに他ならないことだと考えて最後まで徹底的に使うことを心掛けていました。
結局この試験のために参考書2冊と問題集、それに過去問の合計4冊を購入してそれを使って勉強したのですが、それでも私には十分過ぎるほどでした。
参考書を4冊購入するだけで合格出来るのであれば金銭的にとても助かると言った考えも私にはありましたが、それ以上にどんなに沢山参考書を購入してもそれで合格に結びつくと言うことではないと固く信じていたからでもあります。
私は購入した参考書を徹底的に使うことにして、どこかに出掛ける際にも手放すことをせずにバスや電車に乗っていて時間があればそれを読む習慣を付けました。
どんなところにいても勉強すると言う習慣を付けるのはとても大切なことで、例えば電車に乗っていて周りの人が大声で話していてもそれにより集中力を乱されることなく参考書を読み続けることが重要なことだと確信していました。
周りが気になり勉強に集中できないと言うのはまだまだと言うことで、本当に合格したいと思い試験勉強をしているのであれば全く周りは気にならないはずです。
現に私は試験前1ヶ月頃にはバスや電車の中が騒がしくても全く動じることなく参考書を使って勉強することが出来ましたが、それが出来たことにより試験に合格するはずだと言う自信を付けることが出来ました。
難しい試験に合格するには絶対に受かると言う自信を付けることが大切ですが、試験勉強をすることによってその自信を付けることが出来るのです。
ですからこれから試験勉強を始めようと思っている人は、勉強をすることは面倒なことではなく試験に合格するための自信を与えてくれるものだと言う気持ちで勉強をするようにした方が良いです。

「陸上特殊無線技士」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

C

難易度の目安»

【第一級陸上特殊無線技士試験】

受験受付まであと

14日

試験日まであと

85日

ページの先頭へ▲