国家資格

海上無線通信士

海上無線通信士とは、海上関係の無線局の無線設備の操作を行うための資格です。資格種別は、第一級から第四級までの海上無線通信士に分かれます。

それぞれの資格の無線従事者が操作することができるものの主なものは、次のとおりです。

第一級~第三級海上無線通信士は、船舶に施設する無線設備・海岸局や海岸地球局の無線設備(モールス電信を除く)の操作を行うことができます。いずれの資格もGMDSS対応の無線局の無線従事者として仕事をすることができます。
※第一級海上無線通信士の技術的な操作については、海岸局、海岸地球局等の無線設備の空中線電力による制限があります。
※第二級および第三級の海上無線通信士の技術的な操作については、無線設備の調整部分の操作の程度、空中線電力等による制限があります。

第四級海上無線通信士は、海岸局や漁船等の船舶に施設する無線設備(船舶地球局のものを除く)の国内通信のための操作(モールス電信の通信を除く)、船舶のレーダーの外部の転換装置で電波の質に影響を及ぼさないものの操作を行うことができます。
※無線設備の技術的な操作については、無線設備の空中線電力等による制限があります。

試験日

試験日①受験受付:2018年7月1日(日) ~ 7月20日(金)
【第一級、第二級】2018年9月11日(火) ~ 9月14日(金)
【第三級】2018年9月12日(水) ~ 9月14日(金)
試験日②受験受付:2018年6月1日(金) ~ 6月20日(水)
【第四級】2018年8月1日(水)
試験日③受験受付:2019年1月1日(火) ~ 1月21日(月)
【第一級、第二級】2019年3月13日(水)
【第三級】2019年3月14日(木)

受験者と合格率の推移

【第三級海上無線通信士試験】
実施年受験者数合格率
2016年894人36.2%
2015年775人37.4%
2014年762人47.1%
2013年696人38.4%
2012年675人32.9%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

札幌市、仙台市、東京都 、長野市(第三級、第四級のみ)、金沢市(第三級、第四級のみ)、名古屋市、大阪市、広島市、松山市、熊本市、那覇市

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

第一級海上無線通信士: 15,462円
第二級海上無線通信士: 13,662円
第三級海上無線通信士: 8,862円
第四級海上無線通信士: 7,062円

申込者数
合格率

■第一級

受験者数合格者数合格率
2016年411536.6%
2015年431432.6%
2014年582543.1%
2013年642640.6%
2012年782835.9%

■第ニ級

受験者数合格者数合格率
2016年36719.4%
2015年33618.2%
2014年381026.3%
2013年491020.4%
2012年60813.3%

■第四級

受験者数合格者数合格率
2016年37720855.2%
2015年33117352.3%
2014年35718652.1%
2013年31817555.0%
2012年36422862.6%
試験内容

■第一級、第二級海上無線通信士
多肢選択式(電気通信術を除く)

  • 1日目
    1. 無線工学の基礎: 25問(2時間30分)
    2. 無線工学B: 25問(2時間30分)
  • 2日目
    1. 無線工学A: 25問(2時間30分)
    2. 法規: 20問(2時間30分)
  • 3日目
    1. 英語: 会話7問(30分)、筆記5問(1時間30分)
  • 指定された日
    1. 電気通信術: 電話(欧文) 送受話50字(2分)、印刷電信 送信50字(5分)

■第三級海上無線通信士
多肢選択式(電気通信術を除く)

  • 1日目
    1. 無線工学: 15問(1時間30分)
    2. 法規: 20問(2時間30分)
  • 2日目
    1. 英語: 会話7問(30分)、筆記5問(1時間30分)
  • 指定された日
    1. 電気通信術: 電話(欧文) 送受話50字(2分)、印刷電信 送信50字(5分)

■第四級海上無線通信士
多肢選択式

  • 無線工学: 18問(2時間)
  • 法規: 20問(1時間30分)
合格基準

■第一級、第二級海上無線通信士

  • 無線工学の基礎: 125点満中、75点以上
  • 工学A: 125点満点中、75点以上
  • 工学B: 125点満点中、75点以上
  • 法規: 100点満点中、60点以上
  • 英語: 105点満点中、60点以上
  • 電気通信術: 送受信各100点満点中、80点以上。印刷電信、200字以上送信した場合

■第三級海上無線通信士

  • 無線工学: 75点満中、45点以上
  • 法規: 100点満点中、60点以上
  • 英語: 105点満点中、60点以上
  • 電気通信術: 送受信各100点満点中、80点以上。印刷電信、200字以上送信した場合

■第四級海上無線通信士

  • 無線工学: 90点満中、63点以上
  • 法規: 100点満点中、70点以上
  • 英語: 105点満点中、60点以上
免除科目
  1. 「科目合格者」に対する免除: 合格点を得ている試験科目がある場合、当該試験科目の試験の行われた月の翌月の初めから起算して3年以内は、当該合格点を得た試験科目の試験が免除されます。ただし、当該資格に限りますので、たとえ下位資格であっても他の資格のものは免除されません。
  2. 電気通信術の科目合格者に対する免除
  3. 認定学校等の卒業者に対する試験の一部免除
  4. 一定の無線従事者の資格を有する者に対する試験の一部免除
  5. 一定の無線従事者の資格と業務経歴を有する者に対する試験の一部免除
  6. 電気通信事業法による資格を有する者に対する試験の一部免除
主催団体

公益財団法人 日本無線協会
〒104-0053 東京都中央区晴海3-3-3
TEL 03-3533-6022

http://www.nichimu.or.jp/kshiken/index.html

試験対策

人気の過去問題集

海上無線通信士を見た人が他にアクセスしている資格

目指す方向が似ている資格

合格者からのアドバイス

「海上無線通信士」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

B

難易度の目安»

【第三級海上無線通信士試験】

受験受付まであと

16日

試験日まであと

87日

ページの先頭へ▲