国家資格

海上特殊無線技士

海上特殊無線技士とは、電波利用技術の進展に伴い、各種の小規模な無線局が経済社会活動の中のさまざまな場面で利用されるようになったことから、それらの無線局に配置を要する無線従事者の資格の取得を容易にするため、その利用する無線局の種類、無線設備の周波数、空中線電力等により操作することができる範囲を限定した資格です。

また、いずれの資格もその技術的な操作は、外部の転換装置の電波の質に影響を及ぼさないものに限定されています。資格種別は第一級から第三級までの海上特殊無線技士、レーダー級海上特殊無線技士があります。

試験日

試験日①受験受付:2018年4月1日(日) ~ 4月20日(金)
【第一級、第三級、レーダー級海上特殊無線技士】2018年6月12日(火)
【第ニ級海上特殊無線技士】2018年6月13日(水)
試験日②受験受付:2018年8月1日(水) ~ 8月20日(月)
【第一級、第三級、レーダー級海上特殊無線技士】2018年10月23日(火)
【第ニ級海上特殊無線技士】2018年10月24日(水)
試験日③受験受付:2018年12月1日(土) ~ 12月20日(木)
【第一級、第三級、レーダー級海上特殊無線技士】2019年2月8日(金)
【第ニ級海上特殊無線技士】2019年2月9日(土)

受験者と合格率の推移

【第ニ級海上特殊無線技士試験】
実施年受験者数合格率
2016年2,180人81.1%
2015年2,487人80.9%
2014年2,119人82.3%
2013年2,255人82.4%
2012年2,560人79.3%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

札幌、仙台、東京、長野、金沢、名古屋、大阪、広島、松山、熊本、那覇

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

第一級海上特殊無線技士: 6,562円
第ニ級海上特殊無線技士: 5,162円
第三級海上特殊無線技士: 5,162円
レーダー級海上特殊無線技士: 5,162円

申込者数
合格率

■第一級

受験者数合格者数合格率
2016年52927881.1%
2015年51332663.5%
2014年45824353.1%
2013年56027849.6%
2012年43123955.5%

■第三級

受験者数合格者数合格率
2011年22020090.9%
2015年24823896.0%
2014年25124396.8%
2013年22921995.6%
2012年24223496.7%

■レーダー級

受験者数合格者数合格率
2016年11611296.6%
2015年14513794.5%
2014年1029795.1%
2013年928895.7%
2012年11010196.7%
試験内容

■第一級
多肢選択式(電気通信術を除く)

  • 無線工学、法規: 各12問(1時間)
  • 英語: 会話5問(30分)
  • 電気通信術(欧文): 送受話50字(2分)

■第ニ級
多肢選択式

  • 無線工学、法規: 各12問(1時間)

■第三級
多肢選択式

  • 無線工学 10問、法規20問: (1時間)

■レーダー級
多肢選択式

  • 無線工学、法規: 12問(1時間)
合格基準

■第一級

  • 無線工学: 60点満中、40点以上
  • 法規: 60点満点中、40点以上
  • 英語: 100点満点中、60点以上
  • 電気通信術: 送受信各100点満点中、80点以上

■第ニ級

  • 無線工学: 60点満中、40点以上
  • 法規: 60点満点中、40点以上

■第三級

  • 無線工学: 50点満中、30点以上
  • 法規: 100点満点中、60点以上

■レーダー級

  • 無線工学: 60点満中、40点以上
  • 法規: 60点満点中、40点以上
免除科目
  1. 一定の無線従事者の資格を有する者に対する試験の一部免除
主催団体

公益財団法人 日本無線協会
〒104-0053 東京都中央区晴海3-3-3
TEL 03-3533-6022

http://www.nichimu.or.jp/kshiken/index.html

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

「海上特殊無線技士」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

C

難易度の目安»

【第ニ級海上特殊無線技士試験】

受験受付まであと

16日

試験日まであと

85日

ページの先頭へ▲