民間資格

アクチュアリー

アクチュアリーとは、ビジネスにおける将来のリスクや不確実性の分析、評価等を専門とする数理業務の専門職です。アクチュアリーが活躍する分野は、生命保険、損害保険、年金などで保険数理や年金数理に基づく保険料、および責任準備金と呼ばれる契約債務の評価などの計算業務を中核としています。

日本において「アクチュアリー」とは、日本アクチュアリー会の「正会員」を意味します。正会員資格取得のためには、日本アクチュアリー会が毎年実施している資格試験の全科目合格と、プロフェッショナリズム研修(初期教育)の受講が必須の要件となります。

日本アクチュアリー会の会員資格には正会員のほか、準会員、研究会員があります。基礎科目となる第1次試験5科目、専門科目となる第2次試験2科目の計7科目に合格すれば正会員、1次試験全科目に合格すれば準会員、それ以外が研究会員です。

一度に全科目に合格する必要はありませんが、1次試験にすべて合格しなければ2次試験は受験できません。

試験日

試験日①受験受付:2018年7月1日(日) ~ 8月23日(木)
【筆記試験】2018年12月10日(月) ~ 12月12日(水)

受験者と合格率の推移

【第1次試験数学】
実施年受験者数合格率
2017年1,069人10.3%
2016年1,020人19.7%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

東京、大阪

受験資格

■第1次試験

  1. 大学(短期大学を含む)を卒業した者。
  2. 次の要件等を満たし、日本アクチュアリー会が大学を卒業した者と同等の学力を有すると認めた者。
    1. 大学3年生以上の者(4年制大学において、休学期間を除き2年以上在学し、かつ62単位以上の単位を修得した者)
    2. 高等専門学校卒業者
    3. 学士資格を有しない大学院生
    4. 外国の大学を卒業した者、または、外国において上記1~3に相当する学校教育における課程を修了した者
    5. 生保数理、損保数理、年金数理等の日本アクチュアリー会資格試験の受験科目に関連する知識を必要とする、保険・年金などの業務に3年以上携わった者

■第2次試験
第1次試験の全科目(5科目)の合格者。

受験料

1科目につき
会員:7,000円
非会員:10,000円

※ 第1次試験に1科目以上合格した場合、日本アクチュアリー会の会員となることができます。
日本アクチュアリー会年会費
正会員:30,000円
準会員・研究会員:15,000円

申込者数
合格率

■第1次試験

生保数理

実施年受験者数合格者数合格率
2017年82721726.2%
2016年7538010.6%

損保数理

実施年受験者数合格者数合格率
2017年6889413.7%
2016年6218213.2%

年金数理

実施年受験者数合格者数合格率
2017年5428916.4%
2016年5128516.6%

会計・経済・投資理論

実施年受験者数合格者数合格率
2017年73313919.0%
2016年60310417.2%

■第2次試験

生保1

実施年受験者数合格者数合格率
2017年3674111.2%
2016年3704411.9%

生保2

実施年受験者数合格者数合格率
2017年3554412.4%
2016年3645314.6%

損保1

実施年受験者数合格者数合格率
2017年1601710.6%
2016年1701710.0%

損保2

実施年受験者数合格者数合格率
2017年1281612.5%
2016年1421812.7%

年金1

実施年受験者数合格者数合格率
2017年1061211.3%
2016年1261713.5%

年金2

実施年受験者数合格者数合格率
2017年1431913.3%
2016年1602113.1%
試験内容

■第1次試験(各3時間)
多肢選択、語群選択、数値記入式

  • 1日目
    数学 - 確率・統計・モデリング
  • 2日目
    損保数理 - 損保数理の基礎および応用
    生保数理 - 生保数理の基礎および応用
  • 3日目
    年金数理 - 年金数理・年金財政の基本
    会計・経済・投資理論 - 会計・経済・投資理論の基本

■第2次試験(各3時間)
論述式(※生保コース、損保コース、年金コースのいずれか1つを選択)

  • 1日目
    生保1 - 生保商品の実務
    損保1 - 損保商品の実務
    年金1 - 公的年金制度、および各種退職給付制度の設計・税務
  • 2日目
    生保2 - 生保会計・決算
    損保2 - 損保会計・決算・資産運用
    年金2 - 公的年金制度、および企業年金制度の財政、ならびに退職給付会計
合格基準

■第1次試験

  • 各科目の満点の60%を基準として試験委員会が相当と認めた得点以上の得点の者を合格とします。
    ※ただし、「会計・経済・投資理論」については、「会計」、「経済」、「投資理論」の各分野のうち一分野でも満点の40%を基準として試験委員会が相当と認めた得点に達していない場合は不合格となります。

■第2次試験

  • 各科目の満点の60%を基準として試験委員会が相当と認めた得点以上の得点の者を合格とします。
    ※ただし、第I部、第II部のいずれかでも最低ライン(第I部は満点の60%、第II部は満点の40%を基準として試験委員会が相当と認めた得点)に達していない場合は、不合格とします。
主催団体

公益社団法人 日本アクチュアリー会
〒104-6002 東京都中央区晴海1-8-10 晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 2階
TEL 03-5548-6033

http://www.actuaries.jp/examin/info.html

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

「アクチュアリー」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

A

難易度の目安»

【第1次試験数学】

受付終了まであと

終了

試験日まであと

0日

ページの先頭へ▲