国家資格

業務独占資格

土地改良換地士

土地改良換地士とは、農業用地の整備や土地改良にともう換地計画を定めるにあたり、農用地に関する専門的知識、およびその事業に係る実務経験をを通じ、農用地化事業の専門家としてその換地計画に意見を述べる役割を担う者です。

試験日

試験日①受験受付:2018年7月20日(金) ~ 9月7日(金)
【知識の試験・実務の試験】2018年10月21日(日)

受験者と合格率の推移

【土地改良換地士資格試験】
実施年受験者数合格率
2017年256人16%
2016年228人18.9%
2015年226人14.6%
2014年211人7.6%
2013年211人16.6%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

札幌市、仙台市、さいたま市、金沢市、名古屋市、京都市、岡山市、熊本市、那覇市

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

6,500円(収入印紙)

試験内容
  1. 知識の試験 9:30~12:00(2時間30分) - 多肢選択式および記述式
    • 農用地の集団化に関する事業に係る知識
      • 土地改良法、民法、不動産登記法、土地改良登記令、戸籍法、農地法その他換地の事務処理を行うに必要な関係法令に関するもの
      • 測量および土地改良法のうち換地関係規定に関するもの
  2. 実務の試験 13:30~16:30(3時間) - 記述式
    • 農用地の集団化に関する事業に係る実務
      • 換地計画書の作成に関するもの
      • 従前地各筆調書の作成、戸籍簿等調査、代位登記申請書の作成および測量(求積計算)に関するもの
合格基準

知識の試験、実務の試験それぞれの試験科目(ア、イ)の全てにおいて、満点の60%以上の得点の者。

免除科目

換地処分に係る実務(換地計画の認可および換地計画作成にかかわる指導事務を含む)に、試験実施の公告の日までに通算して10年以上従事した経験があれば、「実務の試験」が免除されます。

※換地処分にかかわる実務とは、換地計画書の作成、代位登記申請および換地処分登記申請に関する事務のすべてを含むものでなければなりません。

主催団体

農林水産省 農村振興局整備部土地改良企画課 換地係
〒100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
TEL 03-6744-2192

http://www.maff.go.jp/j/nousin/kikaku/kantisi/

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

「土地改良換地士」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

B

難易度の目安»

【土地改良換地士資格試験】

受付期間

7月下旬~9月上旬

試験日

10月下旬

ページの先頭へ▲