国家資格

必置資格

船内荷役作業主任者

船内荷役作業主任者とは、船舶に荷を積み、船舶から荷を卸し、または船舶において荷を移動させる作業を内容とする船内荷役作業を行う際に、作業員を直接指揮させ、設備等の使用状況を監視させ、揚貨装置などの誤操作、誤作業を防ぎ、安全に作業を遂行する責務を担う者です。

受講日

受講日①受講受付:教習施設ごと
教習施設ごと

受講概要

受講地

北海道、神奈川、大阪、兵庫、岡山、高知など

受講資格

揚貨装置運転士免許、クレーン・デリック運転士免許、移動式クレーン運転士免許を受けた者で、その後4年以上船内荷役作業に従事した経験を有する者。

受講料

各講習地により異なります。
(例)
受講料: 15,400円
テキスト代: 5,100円

受講内容

各講習地により異なります。

  • 1日目
    • 作業指揮に必要な知識(3時間)
    • 荷役の方法に関する知識(4時間)
  • 2日目
    • 船舶設備、荷役機械等の構造及び取扱いに関する知識(3時間)
    • 玉掛け作業及び合図の方法に関する知識(4時間)
  • 3日目
    • 関係法令(3時間)
    • 修了試験(50分)
主催団体

港湾貨物運送事業労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館13階
TEL 03-3452-7201

http://www.kouwansaibou.or.jp/Skill_training.html

合格者からのアドバイス

「船内荷役作業主任者」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

講習+

難易度の目安»

【船内荷役作業主任者】

受付期間

教習施設ごと

受講日

教習施設ごと

ページの先頭へ▲