国家資格

小型船舶操縦士

小型船舶操縦士とは、モーターボートや水上オートバイ等の小型船舶に船長として乗船するための資格です。

免許を取得するには、国家試験を受験する方法と、登録小型船舶教習所において一定期間講習を受講した後、国家試験と同等の内容の学科および実技修了試験を受験し、合格すれば国家試験の学科と実技が免除される方法の二つがあります。

免許区分は、ボート・ヨット用の「一級・二級」と水上オートバイ用の「特殊」の3区分となります。二級には旧制度の湖川小馬力と同様の「湖川小出力限定」の区分があり、エンジン出力は、旧制度の10馬力未満から15kw未満(約20馬力)に拡大されています。

小型船舶」とは、総トン数20トン未満の船舶です。ただし、総トン数20トン以上のプレジャーボートで、次の要件の全てを満たしている場合には小型船舶に含まれます。

  1. 一人で操縦を行う構造であるもの
  2. 長さが24メートル未満であるもの
  3. スポーツまたはレクリエーションのみに用いられるもの(漁船や旅客船等の業務に用いられないもの)

試験日

試験日①受験受付:都道府県ごと
都道府県ごと

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

全国の主要都市

受験資格

■一級
試験日までに17歳9ヶ月の者

■二級(湖川含む)、特殊
試験日までに15歳9ヶ月の者

身体検査に合格しないと、学科試験および実技試験を受験することはできません。
【身体検査合格基準】

  • 視力: 両眼とも0.5以上(矯正可)。一眼の視力が0.5未満の場合は、他眼の視力が0.5以上であり、かつ、視野が左右150度以上であること。
  • 色覚: 夜間において船舶の灯火の色を識別できること。(灯火の色が識別できない場合は、日出から日没までの間において航路標識の彩色を識別できれば、航行する時間帯が限定された免許が取得できます。)
  • 聴力: 5m以上の距離で話声語(普通の大きさの声音)の弁別ができること。(補聴器可)
  • 疾病及び身体機能の障害: 軽症で小型船舶操縦者の業務に支障をきたさないと認められること。
受験料
試験の種別身体検査学科試験実技試験合計
一級3,450円6,600円18,900円28,950円
二級3,450円3,550円18,900円25,900円
二級(湖川)3,450円2,800円15,000円21,250円
特殊3,450円2,900円16,400円22,750円

※ 申請前に病院で検査を受け、「身体検査証明書」を提出した場合の身体検査手数料は、1,600円です。
※ 学科一部科目免除者の学科試験手数料は、学科全科目受験者と同じ手数料となります。

試験内容

【学科試験】
■一級: 四肢択一式(64問)

  • 小型船舶操縦者の心得および遵守事項
  • 交通の方法
  • 運航
  • 上級運航 I
  • 上級運航 II

■ニ級: 四肢択一式(50問)

  • 小型船舶操縦者の心得および遵守事項
  • 交通の方法
  • 運航

■ニ級(湖川): 正誤式(30問)

  • 小型船舶操縦者の心得および遵守事項
  • 交通の方法
  • 運航

■特殊: 四肢択一式(40問)

  • 交通の方法
  • 運航

【実技試験】
実際に次の規模の船を使用し、操船技術等の試験を行います。

  • 一級・二級: 総トン数5トン未満、長さ4メートル以上9メートル未満の滑走型船 - 約1時間15分
  • 二級(湖川): 総トン数5トン未満、長さ3メートル以上9メートル未満で、推進機関の出力が15kW未満の船外機船 - 約30分
  • 特殊: 定員3名の直座型水上オートバイ - 約20分
合格基準

■学科試験
各試験種別とも、科目ごとに半分以上の正解、かつ各科目合計問題数の65%以上の正解で合格となります。

免除科目
  1. 国土交通省に登録されている登録小型船舶教習所に入校・入学し、法律に定められたカリキュラムを履修し、国家試験と同じ内容の修了試験に合格すると修了すると、「学科試験」と「実技試験」が免除され身体検査のみの受検となります。
  2. 「学科試験」に合格した場合は、その後2年以内の同資格の学科試験が免除されます。
  3. 「実技試験」に合格した場合は、その後2年以内の同資格の実技試験が免除されます。
主催団体

一般財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会
〒231-0005 神奈川県横浜市中区本町4-43 A-PLACE馬車道9F
TEL 045-264-4172

https://www.jmra.or.jp/license

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

2012年合格:20代 男性

何度か転職をしながらその職場で必要な資格をいろいろ取得していくうちに
いつのまにか資格マニアのように多岐にわたるジャンルの資格持ちになった私ですが、
そのなかで、完全に趣味として、勢いで取得した資格があります。

それが「ボート免許」、正しくは「小型船舶操縦士」です。

基本的に趣味といえばインドア一辺倒で、運転免許は取得したものの、仮免許試験で脱輪して教官からAT限定への変更を勧められた程度には不器用な私なので、
船の運転なんて難しそうだし、海の法律などまったく知識がない、という不安がありましたが、
何といっても、泣く子も黙る「国家資格」だから、持っていればそれなりに役にはたつかな?と思い、小型船舶操縦士試験にチャレンジすることにしました。

そんな、小型船舶についてそれまで全く知識のなかった私が2級小型船舶操縦士試験に合格するまでの体験談や勉強法をご紹介したいと思います。

小型船舶操縦士試験は、学科試験と実技試験がありますので、運転免許と同じでスクールに通って取得される方がほとんどです。
教習所に通わず独学で勉強して国家試験に一発で臨む選択肢もありますが、
もちろんそれまで船に触ったこともない私が独学で実技試験なんて突破出来るはずがありません。

ということで、私もスクールを開いている地元のマリンショップで、申込をしました。
そして実技講習の日までに届いた教材で、まずは筆記試験対策です。

予備知識が全くなかったのでやや無謀かと思われるかもしれませんが、
私は黙々とテキストを読み込んで理解するのが苦手ですし、いちいち読んでたらいくら時間があっても足りないので、
小型船舶操縦者法や海上衝突予防法などの長い条文がつらつらと書いてある分厚いテキストはとりあえず横にやって、いきなり問題集や模擬試験をやってみることにしました。

知識が全くないからこそ、まずは、どんな問題が出されるのか、や、どんな聞かれ方をするのか(引っ掛け問題の多さなど)を、一通り理解することが大事だと思ったのです。

そうして手探りでも模擬試験問題をやってみると、なんとなく傾向がつかめて来ます。

まず、大体は「適当なもの」「適当でないもの」を選ぶ問題。そして「A・Bそれぞれの正誤を判断」する問題にわかれています。

そして、知識がなくても、一般常識で考えればわかる問題が結構多いのです。
操縦士や同乗者などのモラルやマナーの問題ですね。この辺りはサービス問題と言ってもいいでしょう。
が、だからこそうっかりミスや、引っ掛け問題にまんまと引っかかることのないようにしないといけません。
問題文を読んだら、まずは問題文の上に「適当なもの」なら○を、「適当でないもの」なら×を、書き込んでいくクセをつけるようにします。
正しいものを選ぶのか、間違っているものを選ぶのか、それを一目でわかるようにしてから、選択肢を読み始めること。
また、A・Bの正誤を判断の設問では、A・Bそれぞれの文章を読んで○・Xを書き込んでから選択肢を選ぶ。
これで、実際の試験では大分時間の短縮になりますし、問題の読み間違いによるうっかりミスも減りますのでオススメです。

こうやって何度か問題を回してみて、知識がないと解答できない問題が浮き彫りになってきたところで、例の分厚いテキストを取り出し、該当する箇所を調べていく事で、理解も深まり、内容もすんなり頭に入ってきます。

中には難しい問題もありますが、学科試験の合格ラインは各科目50%以上、総合で65%以上、と高水準ではないので、
大体はこれくらいで合格ラインまで充分にもっていけます。

私は海図や記号が苦手だったりしたのですが、全体として学科試験はさほど難しくない、という感想です。

実技試験のほうは安全確認と講習で習ったことをきちんと反復すれば余程のことがない限り大丈夫でしょう。

ちなみに私は救助者に見立てたブイに船尾を追突させましたが合格しました。

2010年合格:30代 男性

私が小型船舶操縦士試験を受けたのは、大学生の時です。自動車学校が普通自動車免許と小型船舶操縦士の免許を同時に所得するパックを提示していて、海に携わる仕事を目指していたので迷わず入校しました。
普通自動車免許と同時に申し込みましたが、並行して行うのか各資格1つずつ徹底して受講するのかは各自で選択できます。つまり、自分のペースに合わせてこの2つの資格を所得する計画を立てられるのです。

小型船舶操縦士は、学科試験と実技試験、身体検査があります。身体検査は、基本的な視力・聴覚検査ですので普段の生活が問題なくできていれば心配することはありません。

私の通った学校では、学科に対しての講座はほんの数回のみで後は自宅で独学の方法をとります。
参考資料と共に過去問題集を配布されたので、どのような形式で問題が出題されるのかがわかりやすく実践力を付けることが出来ました。出題形式は、正誤式です。
学校に通わず、独学のみを希望される方もこのような問題集は本屋で手に入ると思いますので活用することをお勧めします。

小型船舶操縦士は、一級・二級・特殊小型に分かれていて(?年程前は五区分と異なる級体制)受験する級によって試験項目、出題数が変わってきます。
私は、二級を受験しましたが勉強する内容はさほど難しいものではありません。小型船舶操縦者の心得および遵守事項、交通の方法は、一般常識を備えていれば簡単にの見込める内容です。ただ、交通の方法に対しては、普通自動車免許を並行して勉強していたので少し混乱しましたが、落ち着いて考えれば難しい問題ではありません。
重点を置いて勉強しておきたいのが運航科目です。今まで使ったことないコンパスの使い方、計算知識、エンジンの仕組みは人によって得意・不得意が出てくるはずです。
しかし、ここで活用できるのが問題集です。頭で仕組みを理解する為に莫大な時間を費やすよりも、過去にどんな風に質問されているかを知りましょう。過去問題では、毎回同じような形で質問が出されているのがわかります。不得意な分野は、過去問を繰り返し解くこと克服してください。

次に、実技試験についてです。この資格の受験者は男性比が圧倒的に高く、学校の実技講習でも・試験でもほぼ男性でした。ちなみに、全国どこで受けても同じかは定かではないですが、私の場合実技試験は4~5名が同じボートを試用して受験しました。質疑応答では、どの問題が自分に回ってくるのかは運試しになるかもしれません。同受験者にだされた問題は、自分にとって簡単で、自分の問題は苦手だったから答えられなかったという事もあるかもしれません。

実技の時は、とにかくリラックスして行うことです。始めの質疑応答で答えられなくても焦ることなく次の実技に集中しましょう。ロープワークは、天候の影響を受けない得点稼ぎの項目です。100%の自信をもって試験を迎えられるように練習してください。実際に、資格所得後に活用する機会が多いのもこのロープワークですので資格を持っているのにできないという事にならないように頑張ってください。

車と違って、乗るの少ない小型船舶です、ましてや操縦のチャンスは受講した時が初めてだったという方も多いでしょう。仕組みは単純で海に出てしまえばほぼ何も心配することはありませんが、大きく違うのは離岸・着岸の時に海況や天候の影響を受けるという事です。
試験に合格すればいいだけの方は、試験の日が無風の晴天である事を願いましょう。ただ、本格的に将来操縦を考えてる人は練習できる機会に離岸・着岸を念入りに行ってください。試験の時に、不運にも風が強かった場合焦らずに確実に行ってください。着岸でぶつかりそうな時は一度離岸して確実な態勢を整えてやり直すことをお勧めします。試験官も人間です、状況判断が出来ているかが合否を握っています!

2011年合格:30代 男性

釣りが好きでよく防波堤や漁港などでしていました。釣り番組をみていると、沖合に船を出してもらって釣りをしていたので、時々遊漁船を予約して真鯛や鯵、サバなどを釣っていました。芸能人でも釣りが好きという人が多くいて、中には船舶免許を取って自分で操縦して沖に出ているというのも聞くようになり、船舶免許を取りたいという気持ちが強くなりました。
船舶免許を取得するのは車の免許を取る感覚でいいのかと思ったのですが、車とは違い、釣り以外の日常で海に触れることが少ないので、海の上でのルールは何も知らない状態でした。思った以上に細かく決められているのだとも知りました。また、船の大きさや船で行きたい範囲によっても取得免許の種類が分かれていることも知りました。
小型船舶の資格種類は4つに分かれています。
一級小型船舶操縦士は総重量が20トン未満の重さの船で、釣りやダイビングなどのスポーツ、海上パーティーなどのレジャーに限られた全長24メートル未満のボートの操縦ができます。これなら海の何処へでも行くことができるので、世界一周も夢ではありません。今後大きなマグロを釣りたいと思うようになれば、こちらの資格も取りたいなと思いました。
2つ目の小型船舶の免許は二級小型船舶操縦士です。私はこちらの資格を取りました。船の大きさは一級小型船舶操縦士と同じ大きさなのですが、違うのが船の移動範囲です。二級小型船舶は海岸から約9キロメートル離れた沿岸までしか動けません。9キロメートルしか離れられないから行動範囲も狭いのかと思いますが、小さな島などの沿岸を約9キロメートル離れて沿うようにしていけば、以外と遠くの沖合まで移動できます。釣りをするにはこのぐらいで十分ですし、満足の得られる釣果です。
二級小型船舶にはもう1つあり、川や湖だけで利用できる資格があります。先ほどまで話していた二級小型船舶があると、海と川と湖で操縦できるので、様々なレジャーが楽しめます。湖川専用であれば、バス釣りや川や湖のレジャーだけを楽しむのであれば、こちらの資格だけで十分です。船の大きさも限られていて、海で乗れる大きな船とは違い、総重量が5トン未満でエンジン馬力が約20馬力未満の船と小さくなります。
4つ目の小型船舶の免許は特殊小型船舶操縦士です。水上バイクがこれにあたります。この免許以外の小型船舶操縦士の資格があるから水上バイクに乗れるわけではないので気をつけて下さい。自動車でいう普通免許をとれば原付バイクが乗れるという感覚ではないみたいです。小型船舶の勉強を始めるまでは勘違いしたままだったので、知れて良かったと思いました。操縦範囲は、湖岸や海岸から約3.7キロメール離れたところまでなら乗れます。湖川専用の二級小型船舶操縦士も特殊小型船舶操縦士がないと川や湖で水上バイクに乗れませんので気をつけて下さい。
どの小型船舶操縦士の免許にしても1から船のことや海や川でのルール、操縦方法など様々な事柄を勉強しなくてはいけません。独学で参考書やインターネットで調べたりできますが、車の教習所のようなスクールがあるので、そちらで数日通って確実に試験に合格する方が一番確率が高いというので近くのスクールを探して講習を受けました。過去問題や大事な部分を十分に教えてくれたのでとても助かりました。操縦に関しても事細かく教えてもらえ、特に着岸技術は難しいものがあるので何度も繰り返し操縦させてもらいました。
スクールでは過去の試験内容からみて、よく試験問題出る事柄を抜粋して擬似テストをさせてもらいました。その甲斐あって、試験では緊張することもなく、スムーズに問題を解くことができました。

「小型船舶操縦士」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

C

難易度の目安»

【小型船舶操縦士】

受付期間

都道府県ごと

試験日

都道府県ごと

ページの先頭へ▲