国家資格

業務独占資格

航空工場整備士

航空工場整備士とは、航空機の機体構造や部品、計器の整備を行うのに必要な資格です。

種別は次の9つに分かれ、限定して整備業務を行います。

  1. 機体構造関係
  2. 機体装備関係
  3. ピストン発動機関係
  4. タービン発動機関係
  5. プロペラ関係
  6. 計器関係
  7. 電子装備品関係
  8. 電気装備品関係
  9. 無線通信機器関係

試験日

試験日①受験受付:2018年6月13日(水) ~ 6月20日(水)
【学科試験、実地試験】2018年7月22日(日)
試験日②受験受付:2019年2月8日(金) ~ 2月18日(月)
【学科試験、実地試験】2019年3月17日(日)

試験概要

試験地

東京都、大阪市、那覇市

受験資格

18歳以上で、各種別(限定作業)に関する業務について2年以上の実務作業経験を有する者。

受験料

学科: 5,600円
実地: 50,100円

試験内容

学科試験に合格しなければ実地試験は受けられません。実地試験は、学科試験合格者に対して2年以内に受験者の受験希望日等を考慮して試験が実施されます。受験者は、実地試験に使用する航空機、その他の機材等を準備し、資格取得に必要な年齢および飛行経歴等を満たしたうえで、受験希望月の前月15日までに実地試験を管轄する受付機関に申請書を提出します。

■学科
複肢択一式

  1. 航空法規: 20問 40分
  2. 航空工学: 25問 1時間
  3. 専門分野: 20問 1時間30分

■実地
受験者の技量をみて試験を行います。

  1. 機体の装備品の取扱
  2. 整備・検査
  3. 搭載重量配分・重心位置の計算
合格基準

■学科
科目ごとに、100点満点の70点以上で合格となります。

免除科目

合格した科目は、1年以内に行われる試験を通じて免除されます。

主催団体

国土交通省 航空局安全部 運航安全課技能審査係
〒100−8918 東京都千代田区霞が関2-1-3
TEL 03-5253-8111(内線50136)

http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk12_000005.html

合格者からのアドバイス

2012年合格:40代 男性

子供の頃から飛行機のパイロットを夢として生きてきたのですが、早々に視力が基準以下になってしまった事もありましたが、それでも航空関連の職に就きたいと思っていた私は、航空専門学校に進路を進めました。入学してみると航空関連の仕事は様々な分野があり、資格も習得しなければいけないことがわかりました。そこで、私の進路を航空工場整備士に決めた私は資格習得に向けて勉強を始めました。専門学校に在籍していれば、整備士になる為の知識は得られますが、問題なのはどうやって得た知識を試験日までに記憶として残していられるかではないかと思います。そこで、私が資格習得のために行った勉強法をご紹介します。私は、まず授業で得た様々な情報を単語に分けて、とにかく暗記することからはじめました。資格に必要な科目の中には計算問題や論述問題もありますので、暗記する意味があるのかと思う方がいるかもしれませんが、計算問題にしても論述問題にしても試験当日までは、問題に出てくる数値もわかりませんので、結局は知っている単語や数式を組み合わせて正解を導き出す方法しかありません。私の場合、暗記するという行為は、頭の中にいくつものタンスを作りだし、引き出しの中にしまい込む事だと考えます。そこで、問題に直面した時に、多くの引き出しの中から、一番必要な物をいくつか取り出して複合する事で解答をみつけるイメージを作ります。この場合に必要なのは、もちろん単語の絶対量と適切な単語を選択する力です。単語の絶対量に関しては文字通り覚えるしかありませんが、この単純作業を勉強として行うと滅入ってしまいますので、何かをしながら覚えるようにすれば精神的な負担は少ないと思います。例えば、私は午前中の授業の前には必ずファーストフード店に30分寄って単語帳を開きますし、昼食時は必ず座れるお店で1時間昼食を取りながら単語帳を開き、学校の帰りにはファミリーレストランで2時間夕食を取りながら単語帳を眺めました。もちろん一度で覚える事はほとんどありませんが、何度も流し見をすることによっていつの間にか多くの単語を覚えることができました。また、授業などで得た新しい知識や定期試験で間違えた問題などは必ずその日の内に復習をすることにしました。人間は、新しく得た情報を脳の中の海馬と側頭葉という部分で処理をしますが、そのほとんどは海馬で数時間後に忘れる事になります。しかし、一部の情報は側頭葉に移され、それが長期保存され記憶として定着することになります。なので、できるだけ多くの知識を増やす為には、授業や試験後数時間以内に必ず復習をしなければいけません。私は、必ず夕食時のファミリーレストランでの2時間でその日の復習を終えるようにしました。適切な単語を選択する力を養うためには過去問などで、多くの問題に直面するしかありません。できるだけ多くの種類の問題を体験するようにしましょう。私の勉強はあまり自宅では行いませんでした。できるだけ外出中に勉強を済ませて、自宅ではリラックスして過ごしたかったからです。よく勉強量が試験結果に成果として反映されるという方がいますが、継続しすぎた勉強時間というのは、ストレスとして精神的に負担を強います。人間の集中できる継続時間は2時間と言われていますので、2時間以上の勉強は、効率の良い方法とは言えません。私は、アルバイトもしていましたし、友人と遊びにも行く生活をしていましたので、それほど根を詰めて勉強をした記憶はありません。2時間以上継続して勉強することもありませんでした。大切なのは、単語力と選択力あとは精神的に追い詰められない事だと思います。

「航空工場整備士」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

B

難易度の目安»

【航空工場整備士】

受験受付まであと

60日

試験日まであと

97日

ページの先頭へ▲