国家資格

業務独占資格

定期運送用操縦士

定期運送用操縦士とは、路線を定めて定期に運航している日本航空、全日本空輸等の定期便の機長となるに必要な、操縦士の中で最上位の資格です。

航空業務を行おうとする者は、国土交通大臣の航空従事者技能証明(ライセンス)を受けなければなりません。この技能証明を受けた者を「航空従事者」と呼び、そのうちパイロット(操縦士)には、次の3種類の資格があります。操縦士になろうとする場合、通常「自家用操縦士」の資格から順次上位の資格を取得し「事業用操縦士」「定期運送用操縦士」の資格を取得していくことになります。

操縦士の資格は、飛行機、ヘリコプター(回転翼航空機)、飛行船など航空機の種類によって分けられており、 また操縦士として行うことができる業務の範囲も、資格によって異なっています。

また、准定期運送用操縦士は2013年に新設された副操縦士専用の資格で、航空従事者国家資格のうちの1つ。国内線や国際線の定期航路等の航空機を副操縦士として操縦する場合に必要な資格です。

試験日

試験日①受験受付:2018年4月19日(木) ~ 4月26日(木)
【定期(飛)、准定期(飛)】2018年5月27日(日)
試験日②受験受付:2018年6月13日(水) ~ 6月20日(水)
【定期、准定期】2018年7月22日(日)
試験日③受験受付:2018年10月15日(月) ~ 10月22日(月)
【定期、准定期】2018年11月18日(日)

試験概要

試験地

東京都、大阪市、那覇市(3月、7月)

受験資格

■飛行機
21歳以上、飛行時間1500時間以上の経験を持ち以下の要件を満たす者。

  1. 100時間以上の野外飛行を含む250時間以上の機長としての飛行
  2. 200時間以上の野外飛行
  3. 100時間以上の夜間の飛行
  4. 75時間以上の計器飛行

■回転翼航空機
21歳以上、飛行時間1000時間以上の経験を持ち以下の要件を満たす者。

  1. 100時間以上の野外飛行を含む250時間以上の機長としての飛行
  2. 200時間以上の野外飛行
  3. 50時間以上の夜間の飛行
  4. 30時間以上の計器飛行
受験料

学科試験: 5,600円
実地試験: 67,400円

試験内容

学科試験に合格しなければ実地試験は受けられません。実地試験は、学科試験合格者に対して2年以内に受験者の受験希望日等を考慮して試験が実施されます。受験者は、実地試験に使用する航空機、その他の機材等を準備し、資格取得に必要な年齢および飛行経歴等を満たしたうえで、受験希望月の前月15日までに実地試験を管轄する受付機関に申請書を提出します。

(飛行機)
■学科
四肢・五肢択一式

  1. 空中航法: 25問 2時間
  2. 航空気象: 20問 1時間
  3. 航空工学: 20問 1時間
  4. 航空通信: 20問 40分

■実地
航空局の試験官が航空機に受験者と同乗して実際に飛行し、受験者の技量を見て試験を行います。

  1. 運航知識
  2. 点検作業
  3. 飛行場等の運航
  4. 離陸・着陸、緊急時操作・連携
  5. 連絡
  6. 総合能力等

(回転翼航空機)
■学科
四肢・五肢択一式

  1. 空中航法: 20問 2時間
  2. 航空工学: 20問 1時間
  3. 航空通信: 20問 40分
  4. 航空気象: 20問 1時間

■実地
航空局の試験官が航空機に受験者と同乗して実際に飛行し、受験者の技量を見て試験を行います。

  1. 運航知識
  2. 点検作業
  3. 飛行場等の運航
  4. 離陸・着陸、緊急時操作・連携
  5. 連絡
  6. 総合能力等

(飛行船)
■学科
四肢・五肢択一式

  1. 航空法規: 20問 40分
  2. 航空通信: 20問 40分
  3. 航空気象: 20問 1時間

■実地
航空局の試験官が航空機に受験者と同乗して実際に飛行し、受験者の技量を見て試験を行います。

  1. 運航知識
  2. 点検作業
  3. 飛行場等の運航
  4. 離陸・着陸、緊急時操作・連携
  5. 連絡
  6. 総合能力等
合格基準

■学科
科目ごとに、100点満点の70点以上で合格となります。

免除科目

合格した科目は、1年以内に行われる試験を通じて免除されます。

主催団体

国土交通省 航空局安全部 運航安全課技能審査係
〒100−8918 東京都千代田区霞が関2-1-3
TEL 03-5253-8111(内線50136)

http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk12_000005.html

合格者からのアドバイス

2010年合格:30代 男性

私は定期運送用操縦士試験を受けて合格して資格を取得することが出来たのですが、この試験はとても難しかったので大変でした。
私は高校入試や大学入試で試験勉強を経験していたので自分ではある程度慣れていると思ったのですが、このような試験とはまた違った難しさがあって本当に苦労しました。
私は試験勉強をする上で重視したことはどのようにして勉強をすればモチベーションを維持し続けることが出来るかと言うことで、そのためにこの試験に受かったら何がしたいのかしっかりと目標を立てることにしました。
目標を持つことによって集中力を持続して勉強をすることが出来ると考えたのですが、そのやり方は合っていてそのおかげで最後まで集中して試験勉強をすることが出来たと思っています。
もちろん試験なのでテクニックをマスターするのもとても重要なのですが、それ以前に確かな目標を持って事に当たらないと集中力を維持し続けることは本当に難しいことだと実感しました。
私は初めは資格の学校に通って勉強しようとも考えたのですが、そこに通うには授業料が相当かかることが分かったので諦めました。
そのため独学で勉強することにしたのですが、私は過去の経験から参考書を出来るだけ買わないことにして試験勉強をすることにしました。
私は大学入試の時になかなか成績が上がらないために参考書を何十冊も買って、結局どの参考書を使えば良いのか分からなくなって頭が混乱してしまったと言う苦い経験がありました。
そういったこともあって今回は参考書を2冊と問題集を1冊の合計3冊を使って試験勉強することにしたのですが、そのやり方のおかげで効率良く勉強することが出来ました。
試験勉強において大切なことは出来るだけ要点を掴んで勉強することですが、私が購入した参考書は実に分かり易かったので本当に良かったです。
そのため外に出て行く時には必ず持っていくことにして、バスや電車の中で参考書を読んで徹底的に覚えることにしました。
その甲斐あって力がどんどん付いて行ったのですが、ただ参考書を暗記するだけで終わりにするのではなくそれを使って自分なりに重要な点を考えてノートにまとめると言った作業も行いました。
何が重要な箇所なのか自分で考えることもとても大切なことなので、その点をよく考えて勉強を続けました。
そしてある程度力を付けたところで問題集を解き始めたのですが、それによって実践力を身に付けることが出来た上に弱点を見つけることも出来ました。
日頃参考書を使って勉強しているだけでは苦手としているところがなかなか分からないものですが、問題集を解くことによってその部分がどこなのかよく分かりました。
それは私にとってとても有難くそれによって試験前にどの箇所を徹底的に勉強すれば良いか分かったので、問題集を解いて本当に良かったと思っています。
その後試験直前まで問題集を解きながら間違った問題の箇所を復習すると言った形で勉強をしたのですが、それによって弱点を殆ど克服することが出来ました。
そして最後は過去問を解いてどのような問題が出題されるかを確認したのですが、最後の最後で過去問を解いたのは正解でした。
かなり力を付けた段階で過去問を解いたこともあって殆ど間違いはなかったので、確かな自信を持って試験に臨むことが出来ました。
この自信はとても大切なことでそのおかげで絶対に試験に受かると言う確信を持つようになりました。
その後試験を受けて何とか合格したのですが、私は試験に合格した大きな理由は購入した参考書を擦り切れるまで使ったことにあると考えています。
ですからどのように試験勉強をすれば良いか分からずに迷っている人は、購入した参考書を擦り切れるまで使うようにした方が良いです。

「定期運送用操縦士」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

SS

難易度の目安»

【定期運送用操縦士】

受付終了まであと

終了

試験日まであと

3日

ページの先頭へ▲