国家資格

業務独占・必置資格

運航管理者

運航管理者とは、飛行機の安全な運航を確保するため、気象状況や各種運航情報を確認の上、飛行ルートや飛行高度、機体に積み込む燃料の量などを記したフライトプランを作成し、航空機乗組員に適切な情報を提供し、管理者として必要な指示を行う者です。

試験日

試験日①受験受付:2018年6月13日(水) ~ 6月20日(水)
【学科試験、実地試験】2018年7月22日(日)
試験日②受験受付:2019年2月8日(金) ~ 2月18日(月)
【学科試験、実地試験】2019年3月17日(日)

試験概要

試験地

東京都、大阪市、那覇市

受験資格

21歳以上で、以下の1から6の経験のうち、1つの経験を2年以上(6.運航管理者の補助業務は1年)有する者、もしくは2つ以上の経験をそれぞれ1年以上有する者。

  1. 操縦を行った経験
  2. 空中航法を行った経験
  3. 気象業務を行った経験
  4. 機上での無線設備の操作を行った経験
  5. 航空交通管制の業務を行った経験
  6. 運航管理者の補助業務を行った経験
受験料

学科: 5,600円
実地: 49,300円

試験内容

学科試験に合格しなければ実地試験は受けられません。実地試験は、学科試験合格者に対して2年以内に受験者の受験希望日等を考慮して試験が実施されます。受験者は、実地試験に使用する航空機、その他の機材等を準備し、資格取得に必要な年齢および飛行経歴等を満たしたうえで、受験希望月の前月15日までに実地試験を管轄する受付機関に申請書を提出します。

■学科
四肢・五肢択一式

  1. 空中航法: 20問 2時間
  2. 航空法規: 20問 40分
  3. 航空気象: 20問 1時間
  4. 航空工学: 20問 1時間
  5. 航空通信: 20問 40分
  6. 施設: 10問 40分

■実地
受験者の技量をみて試験を行います。

  1. 天気図の解説
  2. 航空機の航行の援助
合格基準

■学科
科目ごとに、100点満点の70点以上で合格となります。

免除科目

合格した科目は、1年以内に行われる試験を通じて免除されます。

主催団体

国土交通省 航空局安全部 運航安全課技能審査係
〒100−8918 東京都千代田区霞が関2-1-3
TEL 03-5253-8111(内線50136)

http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk12_000005.html

合格者からのアドバイス

「運航管理者」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

S

難易度の目安»

【運航管理者】

受験受付まであと

54日

試験日まであと

91日

ページの先頭へ▲