国家資格

業務独占資格

航空運航整備士

航空運航整備士とは、航空機の離発着の間に日常的に行われる整備業や保守および軽微な修理を担う者です。整備業務全般を行える上位資格が航空整備士となります。

種別は一等(飛行機・回転翼航空機)と二等(飛行機・回転翼航空機・滑空機・飛行船)に分かれており、一等は国内航空会社の大型機(777、787、767、737、A340、A320等)を含むT.C.N.U.A類の航空機の整備全般を業務範囲とする資格です。二等は一等の大型機を除く耐空類別N.U.A類の航空機の整備に携われます。

■耐空類別

  • T類:航空運送事業用の飛行機
  • C類:最大離陸重量8.6トン以下の飛行機(航空運送事業用)
  • N類:最大離陸重量5.7トン以下の飛行機
  • U類:最大離陸重量5.7トン以下の飛行機であり、N類が適する飛行および60度バンクをこえる旋回・錐揉(きりもみ)・レージーエイト・シャンデル等の曲技飛行(急激な運動および背面飛行を除く)に適するもの。
  • A類:最大離陸重量5.7トン以下の飛行機であり、N類が適する飛行および曲技飛行に適するもの。
  • ヘリN類:最大離陸重量3.1トン以下のヘリコプター
  • ヘリTA :多発の回転翼航空機(航空運送事業用)
  • ヘリTB :最大離陸重量9.1トン以下のヘリコプター(航空運送事業用)
  • 滑空機U類:最大離陸重量750kg以下の滑空機であり、普通の飛行または普通の飛行に加えて失速旋回・急旋回・錐揉(きりもみ)・レージーエイト・シャンデル・宙返りの曲技飛行に適するもの。
  • 滑空機A類:最大離陸重量750kg以下の滑空機であり、普通の飛行および曲技飛行に適するもの。
  • 動力滑空機U類:最大離陸重量850kg以下の滑空機であり、動力装置を有し、かつ普通の飛行または普通の飛行に加えて失速旋回・急旋回・錐揉(きりもみ)・レージーエイト・シャンデル・宙返りの曲技飛行に適するもの。
  • 動力滑空機A類:最大離陸重量850kg以下の滑空機であり、動力装置を有し、かつ普通の飛行及び曲技飛行に適するもの。
  • 特殊航空機X:飛行船。上記の種別の機体に空力に影響をおよぼす改造が施されたもの。上記の類別に属さないもの。

試験日

試験日①受験受付:2018年6月13日(水) ~ 6月20日(水)
【一等航空運航整備士(回)、二等航空運航整備士】2018年7月21日(土)
【一等航空運航整備士(飛)】2018年7月22日(日)
試験日②受験受付:2018年10月15日(月) ~ 10月22日(月)
【一等航空運航整備士(回)、二等航空運航整備士】2018年11月17日(土)
【一等航空運航整備士(飛)】2018年11月18日(日)
試験日③受験受付:2019年2月8日(金) ~ 2月18日(月)
【一等航空運航整備士(回)、二等航空運航整備士】2019年3月16日(土)
【一等航空運航整備士(飛)】2019年3月17日(日)

試験概要

試験地

■7月、3月
一等航空運航整備士(回)、二等航空運航整備士:千歳市、岩沼市、東京都、名古屋市、大阪市、福岡市、宮崎市、那覇市
一等航空運航整備士(飛):東京都、大阪府、那覇市

■11月
一等航空運航整備士(回)、一等航空運航整備士(飛)、二等航空運航整備士:東京都、大阪府

受験資格

■一等航空運航整備士(飛行機)
18歳以上で、飛行機Cまたは飛行機Tで6ヶ月以上の経験を含む2年以上の整備実務経験を有する者。

■一等航空運航整備士(回転翼航空機)
18歳以上で、回転翼航空機TAまたは回転翼航空機TBで6ヶ月以上の経験を含む2年以上の整備実務経験を有する者。

■ニ等航空運航整備士(飛行機)
18歳以上で、飛行機で6ヶ月以上の経験を含む2年以上の整備実務経験を有する者。

■ニ等航空運航整備士(回転翼航空機)
18歳以上で、回転翼航空機で6ヶ月以上の経験を含む2年以上の整備実務経験を有する者。

■ニ等航空運航整備士(滑空機)
18歳以上で、滑空機で6ヶ月以上の経験を含む2年以上の整備実務経験を有する者。

受験料

■一等航空整備士
学科: 5,600円
実地: 37,200円

■ニ等航空整備士
学科: 5,600円
実地: 34,600円

試験内容

学科試験に合格しなければ実地試験は受けられません。実地試験は、学科試験合格者に対して2年以内に受験者の受験希望日等を考慮して試験が実施されます。受験者は、実地試験に使用する航空機、その他の機材等を準備し、資格取得に必要な年齢および飛行経歴等を満たしたうえで、受験希望月の前月15日までに実地試験を管轄する受付機関に申請書を提出します。

一等航空運航整備士(飛行機)
■学科
四肢・五肢択一式

  1. 航空法規: 20問 40分
  2. 機体: 25問 1時間
  3. タービン発動機: 20問 50分

■実地
受験者の技量をみて試験を行います。

  1. 整備基本技術・検査技術・整備知見
  2. 日常点検作業

一等航空整備士(回転翼航空機)
■学科
四肢・五肢択一式

  1. 航空法規: 20問 40分
  2. 機体: 25問 1時間
  3. タービン発動機: 20問 50分

■実地
受験者の技量をみて試験を行います。

  1. 整備基本技術・検査技術・整備知見
  2. 日常点検作業

ニ等航空整備士(飛行機)
■学科
四肢・五肢択一式

  1. 航空法規: 20問 40分
  2. 機体: 25問 1時間
  3. タービン発動機: 20問 50分
  4. ピストン発動機: 20問 50分

■実地
受験者の技量をみて試験を行います。

  1. 整備基本技術・検査技術・整備知見
  2. 日常点検作業

ニ等航空整備士(回転翼航空機)
■学科
四肢・五肢択一式

  1. 航空法規: 20問 40分
  2. タービン発動機: 20問 50分

■実地
受験者の技量をみて試験を行います。

  1. 整備基本技術・検査技術・整備知見
  2. 日常点検作業

ニ等航空整備士(動力滑空機)
■学科
四肢・五肢択一式

  1. 航空法規: 20問 40分
  2. 機体: 25問 1時間

■実地
受験者の技量をみて試験を行います。

  1. 整備基本技術・検査技術・整備知見
  2. 日常点検作業

ニ等航空整備士(上級滑空機)
■学科
四肢択一式

  1. 航空法規: 20問 40分
  2. 機体: 25問 1時間

■実地
受験者の技量をみて試験を行います。

  1. 整備基本技術・検査技術・整備知見
  2. 日常点検作業
合格基準

■学科
科目ごとに、100点満点の70点以上で合格となります。

免除科目

合格した科目は、1年以内に行われる試験を通じて免除されます。

主催団体

国土交通省 航空局安全部 運航安全課技能審査係
〒100−8918 東京都千代田区霞が関2-1-3
TEL 03-5253-8111(内線50136)

http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk12_000005.html

航空運航整備士を見た人が他にアクセスしている資格

目指す方向が似ている資格

合格者からのアドバイス

「航空運航整備士」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

S

難易度の目安»

【航空運航整備士】

受験受付まであと

85日

試験日まであと

2日

ページの先頭へ▲