国家資格

業務独占資格

小規模ボイラー取扱者

小規模ボイラー取扱者とは、小規模ボイラーを取扱うための資格です。小規模ボイラーとは、簡易ボイラーおよび小型ボイラーのいずれにも該当しない規模の大きいボイラーで、以下に該当するもの(小型ボイラー及び簡易ボイラーに該当するものを除く)を通称として「小規模ボイラー」と呼んでいます。

  1. 胴の内径が750mm以下で、かつ、その長さが1300mm以下の蒸気ボイラー
  2. 伝熱面積が3㎡以下の蒸気ボイラー
  3. 伝熱面積が14㎡以下の温水ボイラー
  4. 伝熱面積が30㎡以下の貫流ボイラー(気水分離器を有するものにあっては、当該気水分離器の内径が400mm以下で、かつ、その内容積が0.4㎥以下のものに限る)

受講日

受講日①受講受付:都道府県ごと
都道府県ごと

受講概要

受講地

各都道府県

受講資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受講できます。

受講料

受講地により異なります。

(東京都の場合)
受講料: 14,000円
教材費: 4,020円

受講内容

東京都の場合

  1. ボイラーの構造に関する知識
  2. ボイラーの取扱に関する知識
  3. 点火及び燃焼に関する知識
  4. 点検及び異常時の処置に関する知識
  5. 関係法令
  6. 修了試験
合格基準

規定時間の講習終了後、修了試験に合格して資格取得となります。

主催団体

各都道府県労働局労働基準部安全課、安全衛生課、労働基準監督署

東京都の場合
一般社団法人 日本ボイラ協会 東京支部
〒105-0004 東京都港区新橋5-3-1 JBAビル2階
TEL 03-5425-7770

http://www.jba-tokyo.jp/koushu/k2.html

合格者からのアドバイス

2017年合格:30代 男性

「ボイラー取扱者」の講習修了証は、だいぶ前に所得しました。これは、試験ではなくボイラーに関する学科講習、実技講習を受講する事でもらえる資格です。
これらは、ボイラー取扱技能講習、小型ボイラー取扱業務特別教育、普通第一種圧力容器取扱作業主任者技能講習、化学設備関係第一種圧力容器取扱作業主任者技能講習に分かれています。これらを受講する事で、簡易ボイラー、小規模ボイラーを取扱うことができますが、大型のボイラーを取扱う場合は、別の国家試験資格が必要になります。

私は若い時に、上記の講習を受けボイラー取扱者の受講修了書を所得しました。さらに翌年には、一級ボイラー技士試験を受験し合格しました。

「ボイラー取扱者」の受講に関しては、受講資格は特になかったと思いますので誰でも受講する事は可能です。ただ、半日で終わるような講習会ではなく、数日かかりますので日程等をよく調べて応募するのがいいと思います。

ボイラー技士になる為の試験勉強のコツは、教材を使って学ぶよりも実際にボイラー技士の方から修行を受けるということでしょう。ボイラーは燃料を燃やすもので危険を伴う為、国家試験資格が必要ですがそこまで難しい試験ではないのではないでしょうか。実際に、二級ボイラー技士は毎月、一級は2か月に一度試験が行われているほど受験チャンスはたくさんあります。私が受験した時にも、年齢層は幅広くかなり年配の方も受験されてました。

大手企業にボイラー室があればこの資格は有効ですので、作業員として就職は可能です。

職種は違っても、ボイラー技士の試験を受験される方も多いと聞きます。
実際、私は仕事で必要だったので「ボイラー取扱者」の講習を受け、さらにボイラー技士の試験を受験しました。一級ボイラー技士になった事で、責任ある仕事も任されるようになりましたし受験してよかったと思っています。

では、私がやった勉強法ですが主には現場で学ぶ事です。危険回避の為の注意事項が多いですので、実際に自分の目で見て学ぶ方がすんなりと頭に入ってくるでしょう。

しかし、このようなチャンスがない方も多くいらっしゃると思いますので独学で学ぶ方へのアドバイスとしては、まずは教材を集めてください。
試験が難しくないとはいえ、専門的な知識がないとまったくもってわかりませんので本屋でボイラー技士の教材、または問題集を購入する事をおすすめします。その教材・問題集を使い、1か月程勉強すればだいたいのことが頭に入ってくるのではないでしょうか?受験費用は掛かりますが、チャンスは1年に数回ありますのであまり緊張せずに受ける事です。

また、ボイラー技士を受験しようと思っている方でボイラー取扱者講習を受講していないようでしたら、ボイラー取扱者講習に参加してみるのもいい勉強法だと思います。
私も、このステップを踏みましたからこの講習会で多くの事を学びました。学科講習のみでなく、実技講習もあったので実際に現場に関わっていない方、職種が違う方にはいいチャンスでしょう。

その他の方法としては、国家試験受験の為の特別講習を行っている会社があります。私は、行きませんでしたが同僚がその講習を受けて合格しました。独学だけではなく、専門的な知識ですのでこういう講習も為になるかと思います。

ボイラー取扱者の講習修了者は、小規模のボイラーしか扱えませんが、ボイラー技士の資格を持っていると年をとっても就職先を探すことが可能です。今の時代、自分の職場に何が起こるかわかりませんから手に職となるようなものがあると心強いですよね。
今から受験しようと思っていらっしゃる方々、合格できるよう緊張せず頑張ってください。

「小規模ボイラー取扱者」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

講習

難易度の目安»

【小規模ボイラー取扱者】

受付期間

都道府県ごと

受講日

都道府県ごと

ページの先頭へ▲