民間資格

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)とは、エクセルやワードなどのMicrosoft Office製品の利用スキルを証明できる資格です。

試験科目はワード(文書作成ソフト)、エクセル(表計算ソフト)、パワーポイント(プレゼンテーション ソフト)、アクセス(データベース管理ソフト)、アウトルック(電子メール・情報管理ソフト)に分かれ、ワードとエクセルはスペシャリストレベル(一般)に加えエキスパート(上級)レベルがあります。

また、試験は各ソフトのバージョンごと、Office2010、Office2013、Office2016に分かれています。

試験日

試験日①受験受付:随時受付
【一斉試験】毎月1~2回
【随時試験】各試験会場が設定した日

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

全国各地

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

■ワード
一般:10,584円
上級:12,744円

■エクセル
一般:10,584円
上級:12,744円

■パワーポイント、アクセス、アウトルック
一般:10,584円

(各税込)

申込者数
合格率

2017年までの累計受験者数、402.4万人。

試験内容

【スペシャリストレベル(一般)】
コンピュータを使った実技試験(CBT):各50分

■ワード

  • Word 2016
    • 文書の作成と管理
    • 文字、段落、セクションの書式設定
    • 表やリストの作成
    • 参考資料の作成と管理
    • グラフィック要素の挿入と書式設定
  • Word 2013
    • 文書の作成と管理
    • 文字、段落、セクションの書式設定
    • 表やリストの作成
    • 参考資料の適用
    • オブジェクトの挿入と書式設定
  • Word 2010
    • 文書の共有と管理
    • コンテンツの書式設定
    • ページのレイアウトと再利用可能なコンテンツの適用
    • 図や画像の挿入
    • 文書の校正
    • 参考資料とハイパーリンクの適用
    • 差し込み印刷の実行

■エクセル

  • Excel 2016
    • ワークシートやブックの作成と管理
    • セルやセル範囲のデータの管理
    • テーブルの作成
    • 数式や関数を使用した演算の実行
    • グラフやオブジェクトの作成
  • Excel 2013
    • ワークシートやブックの作成と管理
    • セルやセル範囲の作成
    • テーブルの作成
    • 数式や関数の適用
    • グラフやオブジェクトの作成
  • Excel 2010
    • Excel 環境の管理
    • セルデータの作成
    • セルやワークシートの書式設定
    • ワークシートやブックの管理
    • 数式や関数の適用
    • 視覚的なデータの表示
    • ワークシートのデータの共有
    • データの分析と整理

■パワーポイント

  • PowerPoint 2016
    • プレゼンテーションの作成と管理
    • テキスト、図形、画像の挿入と書式設定
    • 表、グラフ、SmartArt、メディアの挿入
    • 画面切り替えやアニメーションの適用
    • 複数のプレゼンテーションの管理
  • PowerPoint 2013
    • プレゼンテーションの作成と管理
    • 図形やスライドの挿入と書式設定
    • スライドコンテンツの作成
    • 画面切り替えやアニメーションの適用
    • 複数のプレゼンテーションの管理
  • PowerPoint 2010
    • PowerPoint 環境の管理
    • プレゼンテーションのスライドの作成
    • グラフィックやマルチメディア要素の操作
    • グラフや表の作成
    • 画面切り替えやアニメーションの適用
    • プレゼンテーションの共同作業
    • プレゼンテーションの配布準備
    • プレゼンテーションの配布

■アクセス

  • Access 2016
    • データベースの作成と管理
    • テーブルの作成
    • クエリの作成
    • フォームの作成
    • レポートの作成
  • Access 2013
    • データベースの作成と管理
    • テーブルの作成
    • クエリの作成
    • フォームの作成
    • レポートの作成
  • Access 2010
    • Access 環境の管理
    • テーブルの作成
    • フォームの作成
    • クエリの作成と管理
    • レポートのデザイン

■アウトルック

  • Outlook 2016
    • 生産性向上に向けた Outlook の環境の管理
    • メッセージの管理
    • スケジュールの管理
    • 連絡先や連絡先グループの管理
  • Outlook 2013
    • Outlook の環境の管理
    • メッセージの管理
    • スケジュールの管理
    • 連絡先や連絡先グループの管理
  • Outlook 2010
    • Outlook 環境の管理
    • アイテムの作成、書式設定
    • 電子メールメッセージの管理
    • 連絡先の管理
    • 予定表の管理
    • タスク、メモ、履歴の操作

【エキスパートレベル(上級)】
コンピュータを使った実技試験(CBT):50分

■ワード

  • Word 2016 エキスパート
    • 文書のオプションと設定の管理
    • 高度な機能を使用した文書のデザイン
    • 高度な機能を使用した参考資料の作成
    • ユーザー設定の Word 要素の作成
  • Word 2013 エキスパート Part1(※)
    • 文書の管理と共有
    • 高度な機能を使用した文書のデザイン
    • 高度な機能を使用した参考資料の作成
    • ユーザー設定の Word 要素の作成
  • Word 2013 エキスパート Part2(※)
    • 文書の管理と共有
    • 高度な機能を使用した文書のデザイン
    • 高度な機能を使用した参考資料の作成
    • ユーザー設定の Word 要素の作成
  • Word 2010 エキスパート
      文書の共有と管理
      コンテンツの書式設定
      文書の変更履歴と参考資料
      差し込み印刷の実行
      マクロとフォームの管理

■エクセル

  • Excel 2016 エキスパート
    • ブックのオプションと設定の管理
    • ユーザー定義のデータ表示形式やレイアウトの適用
    • 高度な機能を使用した数式の作成
    • 高度な機能を使用したグラフやテーブルの作成
  • Excel 2013 エキスパート Part1(※)
    • ブックの管理と共有
    • ユーザー設定の書式やレイアウトの適用
    • 高度な機能を使用した数式の作成
    • 高度な機能を使用したグラフやテーブルの作成
  • Excel 2013 エキスパート Part2(※)
    • ブックの管理と共有
    • ユーザー設定の書式やレイアウトの適用
    • 高度な機能を使用した数式の作成
    • 高度な機能を使用したグラフやテーブルの作成
  • Excel 2010 エキスパート
    • ブックの共有と管理
    • 数式と関数の適用
    • 視覚的なデータの表示
    • マクロとフォームの操作

※MOS 2013 エキスパートレベルはPart 1、Part 2の2科目に合格すると認定証が発行されます。

合格基準

1000点満点で550点~850点の範囲が目安となります(科目によってはこの範囲に当てはまらないものもあります)。合格点は試験問題の更新などにより変動することがあります。合格点は試験終了後にパソコン画面に表示されます。

主催団体

株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル
TEL 03-5293-1888(代)

https://mos.odyssey-com.co.jp/index.html

試験対策

資格スクール

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

C

難易度の目安»

【マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)】

受付期間

随時受付

試験日

毎月1~2回

ページの先頭へ▲