公的資格

メンタルヘルス・マネジメント®検定試験

メンタルヘルス・マネジメント®検定試験とは、会社で働く人たちの心の不調を未然に防止し、活力ある職場づくりを目指して、必要なメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を習得する試験です。

仕事や職業生活に強い不安や悩み、ストレスを抱える人は増加傾向にあり、心の不調による休職や離職もまた増加しています。心の健康管理(メンタルヘルス・マネジメント)への取り組みが一層重要になっています。

試験日

試験日①受験受付:2018年8月29日(水) ~ 9月28日(金)
【I種、II種、III種】2018年11月4日(日)
試験日②受験受付:2019年1月9日(水) ~ 2月8日(金)
【II種、III種】2019年3月17日(日)

受験者と合格率の推移

【メンタルヘルス・マネジメントII種】
実施年受験者数合格率
2017年18,088人60%
2016年18,766人51.9%
2015年15,380人51%
2014年13,932人45.5%
2013年12,297人55.6%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

札幌、仙台、新潟、さいたま、千葉、東京、横浜、浜松、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、高松、福岡

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

I種:10,800円(税込)
II種:6,480円(税込)
III種:4,320円(税込)

申込者数
合格率

■I種

実施年受験者数合格者数合格率
2017年1,63430618.7%
2016年1,61029618.3%
2015年1,58618511.7%
2014年1,48227918.8
2013年1,41924617.3

■III種

実施年受験者数合格者数合格率
2017年8,1536,35377.9%
2016年8,8817,12280.2%
2015年7,9806,31879.2%
2014年7,2285,56377.0%
2013年6,7135,06575.5%
試験内容

■I種
選択問題(100点):2時間
論述問題(50点):1時間

  1. 企業経営におけるメンタルヘルス対策の意義と重要性
  2. メンタルヘルスケアの活動領域と人事労務部門の役割
  3. ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
  4. 人事労務管理スタッフに求められる能力
  5. メンタルヘルスケアに関する方針と計画
  6. 産業保健スタッフ等の活用による心の健康管理の推進
  7. 相談体制の確立
  8. 教育研修
  9. 職場環境等の改善

■II種
選択問題(100点):2時間

  1. メンタルヘルスケアの意義と管理監督者の役割
  2. ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
  3. 職場環境等の評価および改善の方法
  4. 個々の労働者への配慮
  5. 労働者からの相談への対応 ※話の聴き方、情報提供および助言の方法等
  6. 社内外資源との連携
  7. 心の健康問題をもつ復職者への支援の方法

■III種
選択問題(100点):2時間

  1. メンタルヘルスケアの意義
  2. ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
  3. セルフケアの重要性
  4. ストレスへの気づき方
  5. ストレスへの対処、軽減の方法
合格基準

■I種
選択問題、論述問題の合計が105点以上で合格となります。ただし、論述問題の得点は25点以上。

■II種、III種
70点以上の得点で合格となります。

主催団体

メンタルヘルス・マネジメント検定試験センター
TEL 06-6944-6141

https://www.mental-health.ne.jp/

試験対策

資格スクール

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

「メンタルヘルス・マネジメント®検定試験」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

C

難易度の目安»

【メンタルヘルス・マネジメントII種】

受験受付まであと

53日

試験日まであと

120日

ページの先頭へ▲