公的資格

下水道管理技術認定試験

下水道管理技術認定試験とは、日本下水道事業団が行う下水道で従事する技術者の認定試験です。

下水道管路施設の維持管理業務に従事する技術者の技術力を公平に判定し認証することにより、管路施設維持管理の健全な発展と技術者の技術水準の向上を図り、下水道の適正な維持管理に資することを目的とした制度です。

試験日

試験日①受験受付:2018年6月25日(月) ~ 7月18日(水)
【筆記試験】2018年11月11日(日)

受験者と合格率の推移

【下水道管理技術認定試験】
実施年受験者数合格率
2017年1,850人32.9%
2016年1,818人31.7%
2015年1,772人40%
2014年1,771人39.1%
2013年1,825人36%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

札幌市、仙台市、東京都、新潟市、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市、鹿児島市、那覇市

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

9,000円(税込)

試験内容

多肢選択式 50点:2時間45分

  1. 工場排水:工場および事業場からの排水、ならびに排水が下水道に与える影響に関する一般的な知識を有すること
  2. 維持管理:管路施設の維持管理、その他の管理に必要な知識を有すること
  3. 安全管理:管路施設の安全管理に関する一般的な知識を有すること
  4. 法規:下水道関連法規に関する一般的な知識を有すること
合格基準

50点満点中、35点前後の得点で合格となります。
※2017年は35点以上。

主催団体

地方共同法人 日本下水道事業団 研修センター 研修企画課
〒335-0037 埼玉県戸田市下笹目5141
TEL 048-421-2076(技術検定担当)

https://www.jswa.go.jp/gijutsu_nintei/kentei&nintei.html

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

「下水道管理技術認定試験」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

B

難易度の目安»

【下水道管理技術認定試験】

受付期間

6月下旬~7月中旬

試験日

11月中旬

ページの先頭へ▲