国家資格

必置資格

木材加工用機械作業主任者

木材加工用機械作業主任者とは、丸のこ盤、帯のこ盤、かんな盤、面取り盤、ルーターなどの木材加工用機械を使った木材加工作業の監督・安全指導を行う責任者です。

受講日

受講日①受講受付:都道府県ごと
【学科講習】都道府県ごと

受講概要

受講地

各都道府県

受講資格

満18歳以上で、

  1. 木材加工用機械による作業に3年以上従事した経験を有する者。
  2. 職業訓練法に基づく所定の科目訓練を修了した者。
  3. 訓練科の掲げる製材機械整備科、建築科、木工科、木型科、製材科、または合板製造科の訓練を修了した者。
受講料

受講地により異なります。受講料は約1万円ほど

受講内容
  • 1日目
    1. 木材加工用機械その安全装置等の種類、構造に関する知識 - 6時間
    2. 木材加工用機械その安全装置等の保守点検 - 2時間
  • 2日目
    1. 関係法令 - 2時間
    2. 木材加工用機械作業の方法に関する知識 - 5時間
    3. 学科試験 - 1時間

※一例です。受講地により内容は異なります。

合格基準

講習を受講後、修了試験に合格にて。

免除科目
  • 「木材加工用機械、その安全装置等の種類、構造及び機能に関する知識」「木材加工用機械、その安全装置等の保守点検に関する知識」「木材加工用機械作業の方法に関する知識」が免除
      1. 職業能力開発促進法第27条第1項の普通職業訓練のうち、施行規則に定める製材機械系製材機械整備科、建築施行系木造建築科、建築施行系枠組壁建築科、木材加工系木工科または木材加工系木型科の訓練を修了した者
      2. 職業能力開発促進法第27条第1項の高度職業訓練のうち、施行規則に定める居住システム系建築科、居住システム系住居環境科または居住システム系、インテリア科の訓練を修了した者
      3. 職業能力開発促進法第27条第1項の養成訓練のうち、施行規則に掲げる製材機械整備科、建築科、木工科、木型科、製材科または合板製造科(改正前の建築科又は室内造形科)の訓練を修了した者
      4. 職業訓練法施行規則の一部を改正する省令附則第2条第1項に規定する専修訓練課程の普通職業訓練のうち、改正前の施行規則に掲げる製材機械整備科、建築科、木工科、製材科もしくは合板製造科の訓練を修了した者、または旧訓練施行規則に掲げる製材機械整備科、建築科、木工科、木型科、製材科もしくは合板製造科の訓練を修了した者
    1. 職業能力開発促進法第27条第1項の普通職業訓練のうち、施行規則に掲げる製材機械整備科、建築科、木工科、木型科または製材科の訓練を修了した者
    2. 職業能力開発促進法施行令(昭和44年政令第258号)に掲げる検定職種のうち、木工機械調整、木型製作、木工または建築大工に係る一級、または二級の技能検定に合格した者
    3. 職業能力開発促進法第28条第1項に規定する施行規則に掲げる製材機械科、建築科、枠組壁建築科、木工科もしくは木型科、または合板科の職種に係る職業訓練指導員免許を受けた者
  • 「木材加工用機械、その安全装置等の種類、構造及び機能に関する知識」が免除
    • 林業労働災害防止協会が、労働災害防止団体法(昭和39年法律第118条)第36条第1項第1号の規定により設定した労働災害防止規定に基づき実施する製材安全士に関する講習を修了した者
主催団体

都道府県 労働局労働基準安全課、労働基準監督署など

http://www.rinsaibou.or.jp/cont05/05_frm.html

合格者からのアドバイス

「木材加工用機械作業主任者」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

講習+

難易度の目安»

【木材加工用機械作業主任者】

受付期間

都道府県ごと

受講日

都道府県ごと

ページの先頭へ▲