国家資格

必置資格

高圧ガス製造保安責任者

高圧ガス製造保安責任者とは、高圧ガスや液化石油ガスによる災害を未然に防止するため、高圧ガス・液化石油ガスの製造および販売業務に従事するために必要な資格です。資格種別は以下の9種類に分類されます。(化学・機械の主な違いは、試験の出題範囲が化学中心か物理中心かの違いとなります)

  1. 甲種化学
    • 石油化学コンビナート等高圧ガス製造事業所において、製造に係る保安の統括的な業務を行うために必要な資格で、高圧ガスの種類および製造施設の規模についての制限はありませんので、 保安技術管理者、保安主任者および保安係員に選任され、全ての製造施設に関する保安に携わることができます。
  2. 甲種機械
    • 甲種化学と同
  3. 乙種化学
    • 石油化学コンビナート等高圧ガス製造事業所において、製造に係る保安の統括的または実務的な業務を行うために必要な資格で、高圧ガスの種類については制限はありませんが、製造施設の規模により、保安技術管理者に選任される場合に限り制限があります。保安主任者および保安係員に選任される場合の製造施設の規模についての制限はなく、これらの条件の下で、全ての製造施設に関する保安に携わることができます。
  4. 乙種機械
    • 乙種化学と同
  5. 丙種化学(液化石油ガス)
    • 主として、LPガス充てん事業所、LPガススタンド等のLPガス製造事業所において、LPガスの製造に係る保安の統括的または実務的な業務を行うために必要な資格で、製造施設の規模により、保安技術管理者に選任される場合に限り制限を受けますが、保安主任者および保安係員に選任される場合は、その規模の制限は受けません。また、所定の経験を有している場合LPガス以外の高圧ガス製造施設の保安係員にも選任されることができ、これらの条件の下で、高圧ガスの製造施設に関する保安に携わることができます。
  6. 丙種化学(特別試験科目)
    • 石油化学コンビナート等製造事業所、充てん事業所、天然ガススタンド等において、製造に係る保安の実務的な業務を行うために必要な資格で、高圧ガスの種類および製造施設の規模については制限を受けませんが、この資格は保安係員のみに選任され、高圧ガスの製造施設に関する保安に携わることができます。
  7. 第一種冷凍機械
    • 主に大型冷凍空調機器を備えている施設、冷凍倉庫、冷凍冷蔵工場等において、製造(冷凍)に係る保安の実務を含む統括的な業務を行うために必要な資格で、全ての冷凍(1日の冷凍能力に制限はありません)の製造施設に関する保安(冷媒ガスの種類の制限はありません。以下第二種冷凍機械責任者免状・第三種冷凍機械責任者免状においても同じです)に携わることができます。
  8. 第二種冷凍機械
    • 主に中型冷凍空調機器を備えている施設、冷凍倉庫、冷凍冷蔵工場等において、製造(冷凍)に係る保安の実務を含む統括的な業務を行うために必要な資格で、1日の冷凍能力が300トン未満の製造施設に関する保安に携わることができます。
  9. 第三種冷凍機械
    • 主に小型冷凍空調機器を備えている施設、冷凍倉庫、冷凍冷蔵工場等において、製造(冷凍)に係る保安の実務を含む統括的な業務を行う方に必要な資格で、1日の冷凍能力が100トン未満の製造施設に関する保安に携わることができます。

試験日

試験日①受験受付:2018年8月17日(金) ~ 9月5日(水)
【筆記試験】2018年11月11日(日)

受験者と合格率の推移

【甲種化学】
実施年受験者数合格率
2017年874人49.9%
2016年905人56.7%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

(甲種、一種冷):札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄

(乙種、丙種、二種・三種冷):各都道府県

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料
  1. 甲種化学・機械: 13,000円(インターネット: 12,400円)
  2. 乙種化学・機械: 9,000円(インターネット: 8,500円)
  3. 丙種化学(液石・特別): 8,400円(インターネット: 7,900円)
  4. 第一種冷凍機械: 13,000円(インターネット: 12,400円)
  5. 第ニ種冷凍機械: 9,000円(インターネット: 8,500円)
  6. 第三種冷凍機械: 8,400円(インターネット: 7,900円)
申込者数
合格率

■甲種機械

受験者数合格者数合格率
2017年1,29559345.8%
2016年1,42275252.9%

■乙種化学

受験者数合格者数合格率
2017年2,4481,18448.4%
2016年2,6441,22146.2%
2015年3,0891,30742.3%

■乙種機械

受験者数合格者数合格率
2017年5,7192,41142.2%
2016年6,3372,66942.1%
2015年6,8642,51036.6%

■丙種化学(液化石油ガス)

受験者数合格者数合格率
2017年4,0901,57738.6%
2016年4,5051,84840.9%
2015年4,9132,08142.4%

■丙種化学(特別試験科目)

受験者数合格者数合格率
2017年5,9053,33856.5%
2016年6,6763,11146.6%
2015年7,6583,73648.8%

■第一種冷凍機械

受験者数合格者数合格率
2017年1,35288565.5%
2016年1,44690862.8%

■第ニ種冷凍機械

受験者数合格者数合格率
2017年4,1922,03548.5%
2016年4,2952,02847.2%
2015年4,9541,73034.9%

■第三種冷凍機械

受験者数合格者数合格率
2017年10,1434,72846.6%
2016年11,3375,27346.5%
2015年12,2494,29235.0%
試験内容

■甲種化学

  1. 法令(択一式)20問:60分
    高圧ガス保安法に係る法令
  2. 保安管理技術(択一式)15問:90分
    高圧ガスの製造(冷凍のための製造を除く)に必要な化学にする高度の保安管理の技術
  3. 学識(記述式)6問:120分
    高圧ガスの製造に必要な高度の応用化学

■甲種機械

  1. 法令(択一式)20問:60分
    高圧ガス保安法に係る法令
  2. 保安管理技術(択一式)15問:90分
    高圧ガスの製造(冷凍のための製造を除く)に必要な機械にする高度の保安管理の技術
  3. 学識(記述式)5問:120分
    高圧ガスの製造に必要な高度の機械工学

■乙種化学

  1. 法令(択一式)20問:60分
    高圧ガス保安法に係る法令
  2. 保安管理技術(択一式)15問:90分
    高圧ガスの製造(冷凍のための製造を除く)に必要な化学にする通常の保安管理の技術
  3. 学識(択一式)15問:120分
    高圧ガスの製造に必要な通常の応用化学

■乙種機械

  1. 法令(択一式)20問:60分
    高圧ガス保安法に係る法令
  2. 保安管理技術(択一式)15問:90分
    高圧ガスの製造(冷凍のための製造を除く)に必要な機械にする通常の保安管理の技術
  3. 学識(択一式)15問:120分
    高圧ガスの製造に必要な通常の機械工学

■丙種化学(液化石油ガス)

  1. 法令(択一式)20問:60分
    高圧ガス保安法に係る法令
  2. 保安管理技術(択一式)20問:90分
    液化石油ガスの製造に必要な通常の保安管理の技術
  3. 学識(択一式)20問:120分
    液化石油ガスの製造に必要な通常の応用化学および基礎的な機械工学

■丙種化学(特別試験科目)

  1. 法令(択一式)20問:60分
    高圧ガス保安法に係る法令
  2. 保安管理技術(択一式)20問:90分
    高圧ガスの製造に必要な基礎的な保安管理の技術
  3. 学識(択一式)20問:120分
    高圧ガスの製造に必要な基礎的な応用化学および基礎的な機械工学

■第一種冷凍機械

  1. 法令(択一式)20問:60分
    高圧ガス保安法に係る法令
  2. 保安管理技術(択一式)15問:90分
    冷凍のための高圧ガスの製造に必要な高度の保安管理の技術
  3. 学識(記述式)5問:120分
    冷凍のための高圧ガスの製造に必要な通常の応用化学および通常の機械工学

■第ニ種冷凍機械

  1. 法令(択一式)20問:60分
    高圧ガス保安法に係る法令
  2. 保安管理技術(択一式)10問:90分
    冷凍のための高圧ガスの製造に必要な通常の保安管理の技術
  3. 学識(択一式)10問:120分
    冷凍のための高圧ガスの製造に必要な基礎的な応用化学および基礎的な機械工学

■第三種冷凍機械

  1. 法令(択一式)20問:60分
    高圧ガス保安法に係る法令
  2. 保安管理技術(択一式)15問:90分
    冷凍のための高圧ガスの製造に必要な初歩的な保安管理の技術
合格基準

各科目とも満点の60%程度の得点で合格となります。

免除科目

■科目免除が受けられる講習制度
高圧ガス保安協会が行う講習を受講し、その講習に対する技術検定に合格した者は、試験の一部が免除され「法令」科目のみの受験となります。
-----
■科目免除精度
ある種類の高圧ガス製造保安責任者試験に合格している者が、新たに別の種類の試験を受けようとする場合には、以下の通り試験科目の一部が免除されます。
-

合格している試験新たに受けようとする試験免除される試験科目
甲種化学甲種機械法令
乙種機械法令
甲種機械甲種化学法令
乙種化学法令
乙種化学乙種機械法令
乙種機械乙種化学法令
主催団体

高圧ガス保安協会 試験センター
〒105-8447 東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル
TEL 03-3436-6106

https://www.khk.or.jp/qualification/qualification_application/

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

2012年合格:40代 男性

高圧ガス製造保安責任者の資格は大きく分けて「化学」と「機械」と「冷凍機」の三つがあります。その他、扱えるガスの量に応じて甲種から丙種まであり、自分が必要としているレベルがどこにあるのか、まず確認する必要があります。

受験資格に特に制限はありませんが、実際の作業を行った経験がなければ、保安管理技術を習得することは難しいでしょう。その意味では化学会社に勤務してある程度の技能レベルを持っていることが前提となります。

化学と機械」と冷凍機では内容が大きく異なります。ここでは化学の領域について説明します。化学では化学物質の性格を理解していることが必須です。

乙種では出題されるガスの種類はそれほど多くなく、水素、酸素、窒素、二酸化炭素、塩素、エチレンなど、一般的に使用されているガスがほとんどです。

特に危険なガス(エチレンオキサイドなど)は数が少ないのでよく出題されます。水素については爆発限界が酸素と混合した場合と、空気と混合した場合では異なるので、値を覚えておくのは常識です。

一般家庭で用いられるプロパンの性質も常識として理解しておきましょう。次に空気に対する重さがポイントです。重ければ下に溜まり、軽ければ上に(天井に)溜まり、漏れた時の対応が異なるので、整理して覚えておかねばなりません。

その他、大半は高校レベルの化学の内容について理解していれば十分です。化学反応について、特に気体の反応について理解し、高校での物理の内容(気体一般の性質)も理解する必要があります。

用途や、製造方法について各ガスの知識を要求されることもあります。乙種までなら以上に加えて、問題集を解けば凡その試験傾向が判ります。この試験の求めるものは、作業の安全を確保できる作業者を確保する事なので、必要とされる知識の大まかな範囲は想定できるのです。

法令に関しては「規則」のレベルでの出題が多く、数年の試験問題から傾向をつかむ必要があります。特に管理者、作業者の役割と責任、保安体制は必須です。更に実務者として理解しておかねばならない、点検の間隔や方法は必須です。

また、工場とその近隣施設との距離関係は重要です。病院、学校、道路などからの距離、設備間の距離など、安全を確保するうえで知っておかねばいけない知識は、よく出題されます。

距離に関しては対象施設が複数ある場合、最も遠い距離が採用されるという事が重要です。各ガスの規制数量などもよく出題されます。

甲種になれば、ここに学識と言う項目が追加されます。記述式なので化学、物理にわたっての全般的な知識と、計算能力が要求されます。

少なくとも大学での熱力学の知識が要求され、その知識を使って、実際に各種の値を計算することが求められます。熱力学第二法則と第三法則は各種のエネルギーの関係を知っておかねばなりません。

実際に計算を、その計算過程も含めて記述する必要があることがあります。例えば二次方程式の解を実際に求めるなど、実務能力を試されます。

高圧ガス保安協会では高圧 ガ ス製造保安責任者講習と言う講習を実施し、試験に合格すれば法令を除く試験を免除するというやり方もありますが、ここでも試験に合格しなければならず、甲種に合格することはかなりハードルが高いと言えます。

講習で用いられるテキスト等は協会から販売されているので、これを入手し、どのレベルの講習が行われているのか、確認しておかねばいけません。

化学で受験するのか機械で受験するのかで理解する部分が異なります。自分の知識レベルと比べてどのような知識を要求されているのかを理解するのが合格への第一歩です。

しかし甲種に合格すれば、扱えるガスの種類と製造数量に制限がなくなり、資格としては有益なものとなります。

「高圧ガス製造保安責任者」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

B

難易度の目安»

【甲種化学】

受付期間

8月中旬~9月上旬

試験日

11月中旬

ページの先頭へ▲