国家資格

業務独占資格

消防設備士

消防設備士とは、建物の消火設備に関する工事、整備等を行うために必要な資格です。建物は、その用途、規模、収容人員に応じて屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備などの消防用設備等、または特殊消防用設備等の設置が法律により義務づけられています。

資格区分は甲種(特類と1~5種)と乙種(1~7類)に分けられています。甲種消防設備士は、消防用設備等または特殊消防用設備等(特類)の工事、整備、点検ができ、乙種消防設備士は消防用設備等の整備、点検を行うことができます。

消防設備士免状の種類と、工事などのできる消防用設備等または特殊消防用設備等の種類は次のとおりです。
(甲種は工事、整備および点検が可能、乙種はの整備、点検のみ可能)

  • 甲種特類: 特殊消防用設備等。従来の消防用設備等に代わり、総務大臣が当該消防用設備等と同等以上の性能があると認定した設備等。
  • 甲種、乙種
    • 第1類: 屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、屋外消火栓設備、パッケージ型消火設備、パッケージ型自動消火設備、共同住宅用スプリンクラー設備
    • 第2類: 泡消火設備、パッケージ型消火設備、パッケージ型自動消火設備
    • 第3類: 不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備、パッケージ型消火設備、パッケージ型自動消火設備
    • 第4類: 自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、消防機関へ通報する火災報知設備、共同住宅用自動火災報知設備、住戸用自動火災報知設備、特定小規模施設用自動火災報知設備、複合型居住施設用自動火災報知設備
    • 第5類: 金属製避難はしご、救助袋、緩降機
  • 乙種
    • 第6類: 消火器
    • 第7類: 漏電火災警報器

試験日

試験日①受験受付:都道府県ごと
都道府県ごと

受験者と合格率の推移

【甲種第4類】
実施年受験者数合格率
2017年13,171人30.8%
2016年12,957人32.1%
2015年15,902人28.9%
2014年17,936人35%
2013年17,491人33.5%

試験対策

参考書や問題集、関連書籍

※ご自身で役に立った書籍はありますか?

投票結果を見る

得票ランキング BEST5

試験概要

試験地

各都道府県

受験資格

■甲種特類

  • 甲種第1類から第3類までのいずれか一つと、甲種第4類および甲種第5類を合わせた3種類以上の免状の交付を受けている者。

■甲種

  1. 大学、短期大学、または高等専門学校(5年制)において機械、電気、工業化学、土木または建築に関する学科、または課程を修めて卒業した者
  2. 受験する類以外の甲種消防設備士免状の交付を受けている者
  3. 乙種消防設備士免状の交付を受けた後2年以上、工事整備対象設備等の整備(消防法17条の5の規定に基づく政令で定められたもの)の経験を有する者
  4. その他、受験資格一覧

■乙種

  • 年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。
受験料

甲種: 5,000円
乙種: 3,400円

申込者数
合格率

■甲種特類

受験者数合格者数合格率
2017年82819924.0%
2016年79211614.6%
2015年1,03116516.3%
2014年1,12530627.2%
2013年1,21138231.5%

■甲種第1類

受験者数合格者数合格率
2017年7,7722,19728.0%
2016年8,1721,89223.2%
2015年10,0612,22022.1%
2014年10,9482,97727.2%
2013年10,4792,55224.4%

■甲種第2類

受験者数合格者数合格率
2017年2,27585237.5%
2016年2,32975432.4%
2015年2,66181430.6%
2014年2,7831,02836.9%
2013年2,54095237.5%

■甲種第3類

受験者数合格者数合格率
2017年2,34376632.7%
2016年2,43575731.1%
2015年2,92375725.9%
2014年3,27997929.9%
2013年3,08191729.8%

■甲種第5類

受験者数合格者数合格率
2017年2,35887937.3%
2016年2,31581235.1%
2015年2,91794532.4%
2014年3,1661,03732.8%
2013年3,1071,03633.3%

■乙種第1類

受験者数合格者数合格率
2017年1,67550430.1%
2016年1,74949527.6%
2015年2,36168128.8%
2014年2,56885433.3%
2013年2,63074028.1%

■乙種第2類

受験者数合格者数合格率
2017年49218437.4%
2016年48517936.9%
2015年66619929.9%
2014年75426435.0%
2013年80524330.2%

■乙種第3類

受験者数合格者数合格率
2017年56215727.9%
2016年53815328.4%
2015年70523232.9%
2014年78120826.6%
2013年74723731.7%

■乙種第4類

受験者数合格者数合格率
2017年6,6072,24834.0%
2016年6,4422,11832.9%
2015年10,5762,96528.0%
2014年11,1563,78934.0%
2013年9,6823,69338.1%

■乙種第5類

受験者数合格者数合格率
2017年63027443.5%
2016年64729745.9%
2015年84032438.6%
2014年98642543.1%
2013年1,09544840.9%

■乙種第6類

受験者数合格者数合格率
2017年14,3965,36937.3%
2016年13,6975,10537.3%
2015年17,4126,71038.5%
2014年21,7849,20042.2%
2013年22,0867,82135.4%

■乙種第7類

受験者数合格者数合格率
2017年3,7552,20458.7%
2016年3,4641,98857.4%
2015年5,0142,89357.7%
2014年5,8443,48959.7%
2013年5,9373,64161.3%
試験内容

■甲種特類 - 2時間45分

  • 筆記(四肢択一式)
    • 工事設備対象設備等の構造・機能・工事・設備: 15問
    • 火災および防火: 15問
    • 消防関係法令: 15問

■甲種第1類~第5類 - 3時間15分

  • 筆記(四肢択一式)
    • 消防関係法令: 15問
    • 基礎的知識: 10問
    • 消防用設備等の構造・機能・工事・整備: 20問
  • 実技(写真・イラスト・図面等による記述式): 7問

■乙種第1類~第7類 - 1時間45分

  • 筆記(四肢択一式)
    • 消防関係法令: 10問
    • 基礎的知識: 5問
    • 消防用設備等の構造・機能・整備: 15問
  • 実技(写真・イラスト・図面等による記述式): 5問
合格基準

■甲種特類
全体で60%以上の得点で、かつ各科目毎に40%以上の得点を修めた者。
-
■甲種特類以外
筆記試験において全体の60%以上の得点、かつ各科目毎に40%以上の得点、実技試験において60%以上の成績を修めた者。
※なお、試験の一部免除がある場合は、免除を受けた以外の問題で上記の成績を修めた方を合格とします。

免除科目

消防設備士、電気工事士、電気主任技術者、技術士等の資格を有する者は、試験科目の一部が免除になります。
※なお、甲種特類試験には科目免除はありません。

  1. 消防設備士: 筆記試験のうち、所有する免状の種類および受験する種類により、科目免除一覧表のように免除になります。
  2. 電気工事士: 筆記試験のうち、「消防関係法令」を除き、「基礎的知識 」および「構造・機能および工事・整備」のそれぞれの科目中における「電気に関する部分」が免除なります。さらに、実技試験において、甲種第4類・乙種第4類を受験する場合は、鑑別等試験の問1が免除になり、乙種第7類の場合は、全問が免除になります。
  3. 電気主任技術者: 筆記試験のうち、「消防関係法令」を除き、「基礎的知識」および「構造・機能及び工事・整備」のそれぞれの科目中における「電気に関する部分」が免除になります。
  4. 技術士: 以下に掲げる技術の部門に応じて、試験の指定区分の類について、筆記試験のうち、「基礎的知識」と「構造・機能および工事・整備」が免除になります。
    • 機械部門: 第1、2、3、5、6類
    • 化学部門: 第2、3類
    • 電気・電子部門: 第4、7類
    • 衛生工学部門: 第1類
  5. 日本消防検定協会または指定検定機関の職員で、型式認証の試験の実施業務に2年以上従事した者は、筆記試験のうち、「基礎的知識」と「構造・機能及び工事・整備」が免除になります。
  6. 5年以上消防団員として勤務し、かつ消防学校の教育訓練のうち専科教育の機関科を修了した者は、乙種第5種、乙種第6類を受験する場合には、実技試験のすべてと筆記試験のうち「基礎的知識」が免除になります。
主催団体

一般財団法人 消防試験研究センターの各道府県支部、および関係機関・各消防本部。
(東京都の場合)
一般財団法人 消防試験研究センター本部中央試験センター
〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1-13-20
TEL 03-3460-7798

https://www.shoubo-shiken.or.jp/shoubou/schedule_first.html

試験対策

資格スクール

関連書籍 得票ランキング BEST5

合格者からのアドバイス

2016年合格:40代 男性

私が取得したのは消防設備士4種甲種乙種の資格です。建設会社に勤務しており、現場の知識を深める為と実は昇進試験の為に受験しました。

資格の名前を呼んである程度内容を理解している人も多いのですが、建設物には必ず消防法に基づく設置義務などがあり、普段現場でよく耳にしたり目で見て知っている内容を改めて勉強したという感覚です。

つまり普段仕事で携わらない人が受験するのは実に難しいと思います。合格したポイントは何と言っても現場での経験ですから。
建物に設置している火災報知器の種類や名称など、日頃取り扱う部品だからこそ知っている訳で、全く触った事もない人だと1から全て覚える事になります。

そんな私でも苦労したのは消防に関する法律の問題でした。これはひたすら専門書を繰り返し熟読し、内容を間違いのないよう覚え、ひっかけ問題に躓かないよう、繰り返し過去問題を解いてクリアしました。法律は厄介ですが、繰り返し読んでいると、出題傾向やパターンが見えてくるので、如何に過去問を解いたかで合否が決まると言っても過言ではありません。

私は大学で電気工学を学んでいたので、電気回路に関する問題は難なくクリア出来ましたが、女性や電気回路を見ただけで苦手意識を持つ人には難しい内容だと思います。そんな方には是非知識に富んだ人に直接教えてもらう方法をお勧めします。

独学では偏った勉強になり、電気回路についても素人判断で複雑怪奇な覚え方をしてしまう可能性があるからです。電気系統については一度正しく勉強した方が良いでしょう。法律や部品の名称などを暗記するのは誰でも時間を掛けて丁寧に覚えれば良いのですが、製図の解読は独学では難しいでしょう。

その為に大学で学ぶ訳ですから。現場で幾ら経験を積んでも、図面にすると分かり難いものです。正しい知識を持って合格しなければ意味がありません。消防に関する知識は机上の空論で許されるものではありません。いざという時に現場で瞬時に判断出来る能力を有していてこそ、合格する意味があるのです。

ただ合格を目指すのではなく、合格した後その知識を現場で活かす事の出来る本当の能力を有する事を意識して勉強に取り組んでください。

また基本的な事ですが、回答はマークシート方式で、実に細かい用紙です。人の手による採点ではなく機械に掛けて瞬時に合否を判断する為、答えの書き間違い(記入ミス及び記入漏れ)など、勿体無い点数の見落としがないように慎重に回答欄に記入してください。

特に男性はこうした細かい作業が苦手な人が多いようで、分かっているのに解答欄が1つずつずれていて不合格になるという話をよく聞きます。本人の回答欄は合格ラインを優に超えているのに、何故不合格か皆で考えた時、解答欄の記入ミスによるものだと分かった為です。試験当日は若干緊張もするでしょうし、時間との勝負でもあります。

くれぐれも初歩的なミスを犯さないよう、落ち着いて問題用紙と解答用紙を見比べて、最後照らし合わせる余裕を持てるくらい、勉強して挑んでください。

試験までに現場経験のない人は半年、実際に仕事などで係っている人でも基本的な事を改めて学ぶ事は実に労力の掛かる事なので、最低でも3ヶ月は時間が必要だと思います。

とにかく過去問題を解いて、問題に慣れる事、電気回路の製図を読み解く力を養っておく事、法律に関する問題においては暗記が必須条件です。満点合格は無理でも100パーセント理解して試験に挑むと、合格した後自分が助かります。資格は持って居ても全く実力が及ばないでは話になりません。

1つの場所に拘らず、試験箇所全体を何度も勉強する、熟読するという姿勢がポイントです。

「消防設備士」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

B

難易度の目安»

【甲種第4類】

受付期間

都道府県ごと

試験日

都道府県ごと

この資格をシェアする