公的資格

ビル経営管理士

ビル経営管理士とは、ビル経営に関する企画・立案から賃貸営業および管理・運営にいたるまで、ビル経営管理のスペシャリストとして必要な知識と経験を有する資格です。日本ビルヂング経営センターが国土交通大臣登録証明事業として行っている公的資格です。

また、不動産特定共同事業法の「業務管理者」の要件として位置づけられており、総合不動産投資顧問業登録の人的要件に指定されていることから、金融商品取引法の「不動産関連特定投資運用業」登録の要件にもなっています。

試験日

試験日①受験受付:2018年10月1日(月) ~ 10月31日(水)
【筆記試験】2018年12月9日(日)

受験者と合格率の推移

【ビル経営管理士試験】
実施年受験者数合格率
2017年616人69.5%
2016年664人69.4%
2015年678人68%
2014年668人67.2%
2013年570人69.5%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

32,400円(税込)

試験内容
  1. 賃貸ビルの企画・立案に関する知識(90点):60分
  2. 賃貸ビルの賃貸営業に関する知識(90点):60分
  3. 賃貸ビルの管理・運営に関する知識(90点):60分
  4. 総合記述(30点):60分

1~3:択一式、正誤選択式および用語選択式
4:3科目を一括した記述式(各科目へ10点配分)

合格基準

おおむね、3科目合計が60%以上、かつ各科目ともに60%以上の得点で合格となります。科目別の難易度を勘案して調整されます。

(2017年)
3科目合計:184点以上
企画・立案:60点以上
賃貸営業:60点以上
管理・運営:58点以上

免除科目

日本ビルヂング経営センターが実施している通信教育「ビル経営管理講座」を修了(ビル経営管理主任資格取得者)した者は、翌々年まで4時限目の「総合記述」科目の試験が免除され、一律30点(各科目に10点配分)が加点されます。

主催団体

一般財団法人 日本ビルヂング経営センター
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビルヂング837区
TEL 03-3211-6771(代)

http://www.bmi.or.jp/m0402/

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

「ビル経営管理士」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

B

難易度の目安»

【ビル経営管理士試験】

受付期間

10月上旬~下旬

試験日

12月中旬

ページの先頭へ▲