民間資格

競売不動産取扱主任者

競売不動産取扱主任者とは、不動産競売流通協会が認定する不動産競売に関する認定資格です。競売不動産に関して一定の知識、能力の資格制度を設け、競売不動産購入者へ対して安心した助言や代行を行うことを目指します。

試験日

試験日①受験受付:2018年8月1日(水) ~ 10月31日(水)
【筆記試験】2018年12月9日(日)

受験者と合格率の推移

【競売不動産取扱主任者】
実施年受験者数合格率
2017年2,201人40.4%
2016年1,985人38.2%
2015年1,922人38.3%
2014年2,002人37.3%
2013年1,949人41%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

札幌、仙台、新潟、金沢、埼玉、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

9,500円(税込)

試験内容

四肢択一式 50問

  • 不動産競売手続に関する基礎知識
  • 不動産競売の法理論と実務
  • 不動産競売を理解する前提となる法律知識
  • 競売不動産の移転、取得等に関する税金等
合格基準

32点/50点中(2017年)
※例年、60%以上の得点で合格となります。

主催団体

一般社団法人 不動産競売流通協会
〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-1 第一大門ビル7F
TEL 03-5776-0981

https://fkr.or.jp/certification/schedule.html

試験対策

資格スクール

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

「競売不動産取扱主任者」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

B

難易度の目安»

【競売不動産取扱主任者】

受付終了まであと

終了

試験日まであと

24日

ページの先頭へ▲