国家資格

業務独占・必置資格

限定救命艇手

救命艇手とは、船舶が海難事故など非常事態に陥ったとき、救命艇に食料や航海用具を積み込んだり、海員や旅客の誘導、救命設備の操作などを担う者です。

限定救命艇手は、国内を航行する船舶の膨張式救命いかだのみ扱うことができます。3日間の筆記・実技講習で取得できます。

受講日

受講日①受講受付:2018年5月1日(火) ~ 5月23日(水)
【限定救命艇手講習】2018年6月11日(月) ~ 6月13日(水)
受講日②受講受付:2018年10月9日(火) ~ 11月2日(金)
【限定救命艇手講習】2018年11月20日(火) ~ 11月22日(木)

受講概要

受講地

海技大学校(兵庫県芦屋市)

受講資格
  1. 年齢18年以上であること。
  2. 船員法第83条の健康証明書を受有していること。
  3. 船舶に6月以上乗り組んだ者であること。
受講料

17,280円(税込)

受講内容

筆記

  1. 船員としての一般知識
  2. 操練に関する知識
  3. 旅客の誘導に関する知識
  4. 膨張式救命いかだ、救命設備および信号装置に関する知識
  5. 船員法その他船員の安全および衛生に関する法令

実技

  1. 救命器具および信号装置の取扱方法
  2. 膨張式救命いかだの取扱方法
  3. 膨張式救命いかだの艤装品の取扱方法
主催団体

独立行政法人 海技教育機構
〒659-0026 兵庫県芦屋市西蔵町12-24
TEL 0797-38-6235(企画運営調整課)

https://www.jmets.ac.jp/kaidai/curriculum/lifesaving.html

合格者からのアドバイス

「限定救命艇手」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

講習+

難易度の目安»

【限定救命艇手】

受付期間

5月上旬~下旬

受講日

6月中旬

ページの先頭へ▲