国家資格

防災管理点検資格者

防災管理点検資格者とは、防災管理業務の実施が義務づけられているホテルやデパートなどの大規模建築物において、その実施状況を毎年1回定期的に点検し、結果を消防機関に報告する役割を担う者です。

受講日

受講日①受講受付:各受講地ごと
各受講地ごと

受講者と合格率の推移

【防災管理点検資格者講習 修了考査】
実施年受講者数合格率
2015年538人92.4%
2014年485人94.4%
2013年577人93.8%
2012年649人96.1%
2011年752人98.5%

受講概要

受講地

北海道、宮城、東京、愛知、京都、大阪、広島、福岡

受講資格
  1. 防災管理者で、3年以上その実務の経験を有する者。
  2. 防災管理講習修了者で、5年以上その実務の経験を有する者。
  3. 市町村の消防職員で防災管理業務について、1年以上その実務の経験を有する者。
  4. 市町村の消防職員で、5年以上その実務の経験を有する者。
  5. 市町村の消防団員で、8年以上その実務の経験を有する者。
  6. 防火対象物点検資格者で、3年以上その実務の経験を有する者。
受講料

18,500円

受講内容
  • 1日目
    1. 防災管理の意義および制度 - 10:00~11:30
    2. 防災管理に係る訓練および教育 - 12:30~14:00
    3. 防災管理に係る消防計画 - 14:10~15:40
  • 2日目
    1. 防災管理対象物の点検要領 - 9:50~11:50、12:50~14:20
    2. 修了考査 - 14:40~15:40
合格基準

各分野ごとに50%以上で、全体の出題数の70%以上正解した者を合格とします。

※修了考査は、「防災管理の意義及び教育制度関係(防災管理の意義及び制度、防災管理に係る訓練及び教育、防災管理に係る消防計画)」9問、「点検要領関係(防災管理対象物の点検要領)」7問に区分し、合計16問を出題。

※修了考査で不合格となった場合には、修了考査を受けた日から1年以内に1回に限り修了考査を受け直すことができます。

免除科目
  1. 消防団員として実務経験8年以上の者は、「防災管理に係る消防計画」講習が免除されます。
  2. 消防職員として実務経験5年以上の者は、「防災管理に係る訓練及び教育」「防災管理に係る消防計画」講習が免除されます。
  3. 防災管理者として実務経験3年以上の者は、「防災管理の意義及び制度」「防災管理に係る訓練及び教育」「防災管理に係る消防計画」講習が免除されます。
  4. 防災管理講習修了者として防災管理上必要な業務について実務経験5年以上の者は、「防災管理の意義及び制度」「防災管理に係る訓練及び教育」「防災管理に係る消防計画」講習が免除されます。
  5. 消防職員として防災管理の実務経験1年以上の者は、「防災管理の意義及び制度」「防災管理に係る訓練及び教育」「防災管理に係る消防計画」講習が免除されます。
  6. 再講習未受講により防災管理点検資格者の資格を失った者は、「防災管理の意義及び制度」「防災管理に係る訓練及び教育」「防災管理に係る消防計画」講習が免除されます。
主催団体

一般財団法人 日本消防設備安全センター 業務部講習課
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-9-16 日本消防会館
TEL 03-3501-7912

http://www.fesc.or.jp/jukou/bokakanri/index.html

合格者からのアドバイス

「防災管理点検資格者」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

講習+

難易度の目安»

【防災管理点検資格者講習 修了考査】

受付期間

各受講地ごと

受講日

各受講地ごと

ページの先頭へ▲