民間資格

家電製品アドバイザー

家電製品アドバイザーとは、家電製品協会が実施する、家電製品についての購入や使用において案内役となる人材を認定する資格です。各家電製品がもつ価値・機能を正しく理解し、各人のニーズに合致した家電製品を的確に選択する役割を担います。

試験は3月と9月の年に2回、分野は「AV情報家電」「生活家電」の2種類あります。試験の得点や、合格した分野に応じて総合アドバイザー、ゴールドグレード、プラチナグレードと等級が変化します。

試験日

試験日①受験受付:2017年12月1日(金) ~ 2018年1月25日(木)
【試験日1】2018年3月4日(日)
【試験日2】2018年3月7日(水)
試験日②受験受付:2018年6月1日(金) ~ 7月25日(水)
【試験日1】2018年9月2日(日)
【試験日2】2018年9月5日(水)

受験者と合格率の推移

【AV情報家電】
実施年受験者数合格率
2017年9,696人24.3%
2016年10,452人23.8%
2015年9,351人33.3%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

全国主要都市

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

■単願 9,320円
■併願 15,410円
----
■単願(免除科目あり) 6,180円
■併願(免除科目あり) 12,360円

申込者数
合格率

■生活家電

実施年受験者数合格者数合格率
2017年8,2182,38929.1%
2016年9,0001,85820.6%
2015年8,0142,54231.7%
試験内容

■AV情報家電

  • 商品知識・取扱:75分
    1. デジタル信号
    2. テレビ放送
    3. テレビ受信機
    4. デジタルディスクレコーダー
    5. デジタルビデオカメラ
    6. デジタルカメラ
    7. AVシステム・オーディオ機器
    8. AV機器の接続・設定
    9. ナビゲーションシステム
    10. パソコン
    11. プリンター
    12. 電話・ファクシミリ
    13. インターネット・AVネットワーク
    14. 電池
    15. 電源・スマートハウス
    16. 防じん・防水
  • CS・法規(共通科目):75分
    1. CS総論
    2. 礼儀・マナーの基本
    3. 販売前のCS
    4. 販売時のCS
    5. 販売後のCS
    6. 不具合発生時のCS
    7. 環境・省エネに関する法規
    8. 消費者とのコミュニケーションに際して留意すべき法規
    9. 独禁法および関連ルール
    10. 製品安全に関連する法規

■生活家電

  • 商品知識・取扱:75分
    1. エアコン
    2. 空気清浄機
    3. 除湿機
    4. 加湿器
    5. 扇風機
    6. 換気扇・浴室暖房換気扇
    7. 冷蔵庫
    8. 電子ジャー炊飯器
    9. 電子レンジ
    10. IHクッキングヒーター
    11. ジャーポット・電気ケトル
    12. ホームベーカリー・ジューサー
    13. 洗濯機・洗濯乾燥機
    14. 掃除機
    15. ふとん乾燥機
    16. アイロン
    17. 照明器具
    18. エコキュート
    19. 温水洗浄便座
    20. 火災報知器21.太陽光発電システム
    21. 太陽光発電システム
    22. スマートハウス
    23. 電源
    24. 電池
    25. 電気暖房器具
    26. 全項目 共通事項
  • CS・法規(共通科目):75分
    1. CS総論
    2. 礼儀・マナーの基本
    3. 販売前のCS
    4. 販売時のCS
    5. 販売後のCS
    6. 不具合発生時のCS
    7. 環境・省エネに関する法規
    8. 消費者とのコミュニケーションに際して留意すべき法規
    9. 独禁法および関連ルール
    10. 製品安全に関連する法規
合格基準

全ての科目において、140点以上/200点満点で合格となります。
-----

  • AV情報家電、生活家電の両試験に合格した場合は、『総合資格』が授与されます。
  • AV情報家電、生活家電試験のいずれかを受験し、「商品知識・取扱」「CS・法規」の2科目ともに180点以上の場合、『ゴールドグレード』が授与されます。
  • AV情報家電、生活家電試験の両方を受験し、全ての科目で180点以上の場合、『プラチナグレード』が授与されます。
免除科目
  1. 「商品知識・取扱」「CS・法規」のいずれかの科目が合格基準に達した場合、その後2回(1年以内)科目が免除されます。
  2. AV情報家電または生活家電のいずれかの資格を保有されている者が、もう一方の資格試験を受験する場合、「CS・法規」の科目が免除されます。
主催団体

一般財団法人 家電製品協会 認定センター
〒100-8939 千代田区霞が関3-7-1 霞が関東急ビル5階
TEL 03-5209-0553(家電製品資格受験サポートセンター)

https://www.aeha.or.jp/nintei-center/examination/

試験対策

人気の過去問題集

家電製品アドバイザーを見た人が他にアクセスしている資格

目指す方向が似ている資格

合格者からのアドバイス

「家電製品アドバイザー」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

B

難易度の目安»

【AV情報家電】

受付期間

12月上旬~1月下旬

試験日

3月第一日曜と次の水曜日

ページの先頭へ▲