公的資格

色彩検定®

色彩検定とは、色の基礎から、配色技法(色の組み合わせ方)、専門分野における利用などを幅広く学習し、感性や経験によらない、理論の土台を身に付けることができる検定です。

試験区分は1級~3級とUC級に分かれ、どの級からでも受検できます。UC級は2018年の冬期より新設され、「色覚の多様性に配慮した、誰もが見やすい色使い」などの特性について理解し、配慮した色使いができる人を増やすことを目的としています。

試験日

試験日①受験受付:2018年3月12日(月) ~ 5月24日(木)
【2級、3級】2018年6月24日(日)
試験日②受験受付:2018年8月1日(水) ~ 10月4日(木)
【1級1次、2級、3級】2018年11月11日(日)
【1級2次、UC級】2018年12月16日(日)

応募者と合格率の推移

【3級】
実施年応募者数合格率
2017年25,227人73.6%
2016年27,292人70.2%
2015年26,185人70.2%
2014年27,457人70%
2013年29,573人69%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

全国各地
※1級2次試験、UC級は札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡の6エリア

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

1級:15,000円
2級:10,000円
3級:7,000円
UC級:6,000円
(各税込)

申込者数
合格率

■1級

実施年志願者数合格者数合格率
2017年1,68960135.6%
2016年1,80353729.8%
2015年1,83551031.9%

■2級

実施年志願者数合格者数合格率
2017年11,1827,25764.9%
2016年12,1616,99362.8%
2015年12,2707,43566.2%
試験内容

■1級
1次(90分):マークシート方式(一部記述式)、2次(90分):記述式(一部実技)
色彩と文化、色彩調和論、色の知覚、ファッションビジネス、プロダクトデザイン、インテリアカラーコディネーション、環境色彩、ユニバーサルデザインなど。2級と3級の内容に加え、以上のような事柄を十分に理解し、技能を持っている。

  • 色彩と文化
  • 色彩調和論
  • 光と色
  • 色の表示
  • 色彩心理
  • 配色イメージ
  • ビジュアル
  • ファッション
  • プロダクト
  • インテリア
  • ユニバーサルデザイン

■2級(80分):マークシート方式(一部記述式)
照明、色名、表色系、配色技能、配色イメージ、ビジュアルデザイン、ファッション、プロダクト、インテリア、エクステリアなど。3級の内容に加え、以上のような基本的な事柄を理解し、技能を持っている。

  • 生活と色
  • 光と色
  • 色の表示
  • 色彩調和
  • 配色イメージ
  • ビジュアル
  • ファッション
  • プロダクト
  • インテリア
  • エクステリア環境
  • 慣用色名

■3級(70分):マークシート方式
光と色、色の分類と三属性、色彩心理、色彩調和、色彩効果、ファッション、インテリア、など。以上のような色彩に関する基本的な事柄を理解している。

  • 色のはたらき
  • 光と色
  • 色の表示
  • 色彩心理
  • インテリア
  • 色彩調和
  • 色彩効果
  • 色彩と生活
  • ファッション
  • 慣用色名

■UC級(60分):マークシート方式(一部記述式)
色が見えるしくみ、ユニバーサルデザイン、色覚多様性、高齢者の見え方など。配色における注意点や改善方法を理解している。

合格基準

各級とも満点の70%前後、問題の難易度により多少変動します。

免除科目

1級1次試験に合格した場合、その後2年間(2回)に限り1次試験が免除されます。

主催団体

公益社団法人 色彩検定協会
〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル本館6F
TEL 03-5510-3737

https://www.aft.or.jp/guide/index.html

試験対策

資格スクール

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

「色彩検定®」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

C

難易度の目安»

【3級】

受付期間

3月中旬~5月中旬

試験日

6月下旬

ページの先頭へ▲