民間資格

硬筆書写技能検定

硬筆書写技能検定とは、日本書写技能検定協会が実施する硬筆書写の技能検定です。

試験区分は1級、準1級、2級、準2級、3~6級の8つに分かれています。2018年より、準2級・6級が新設となりました。

試験日

試験日①受験受付:2018年4月10日(火) ~ 5月17日(木)
【実技試験、理論問題】2018年6月17日(日)
試験日②受験受付:2018年9月4日(火) ~ 10月11日(木)
【実技試験、理論問題】2018年11月11日(日)
試験日③受験受付:2018年12月1日(土) ~ 2019年1月11日(金)
【実技試験、理論問題】2019年1月27日(日)

受験者と合格率の推移

【3級】
実施年受験者数合格率
2016年37,263人63.7%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

全国各地

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

1級:6,500円
準1級:5,000円
2級:3,500円
準2級:3,000円
3級:2,500円
4級:1,500円
5級:1,200円

申込者数
合格率

■1級

実施年受験者数合格者数合格率
2016年7738310.7%

■準1級

実施年受験者数合格者数合格率
2016年72714720.2%

■2級

実施年受験者数合格者数合格率
2016年9,8364,59846.7%

■4級

実施年受験者数合格者数合格率
2016年12,56111,08488.2%

■5級

実施年受験者数合格者数合格率
2016年5,5895,30694.9%
試験内容

■1級(90分)
硬筆書写の高度な専門技術、および知識をもって書くことができる。

  • 実技
    • 速書き
    • 漢字10字を書く(楷行草三体)
    • 縦書き
    • 横書き
    • 自由作品(和歌、漢詩などより一つ選択)
    • 掲示文(縦書き)
  • 理論
    • 常用漢字を旧字体と書写体に直す(各5字)
    • 草書(一字ずつ)と古典(主として古筆)を読む
    • 漢字の添削(一字ずつ)
    • 書道史(作者と作品合わせ)
    • 漢字の字体
    • 歴史的仮名遣い

■準1級(90分)
硬筆書写のより専門的な技術、および知識をもって書くことができる。

  • 実技
    • 速書き
    • 漢字8字を書く(楷行草三体)
    • 縦書き
    • 横書き
    • 自由作品(和歌、漢詩などより一つ選択)
    • 掲示文(縦書き)
  • 理論
    • 旧字体と書写体を常用漢字に直す(各5字)
    • 草書5字と古筆を読む
    • 書道用語・書道史(正誤式)
    • 書道史(作者と作品合わせ)
    • 漢字の字体

■2級(90分)
硬筆書写の専門的技術、および知識をもって書くことができる。

  • 実技
    • 速書き
    • 漢字10字を書く(楷書・行書)
    • 縦書き
    • 横書き
    • はがきの本文
    • 掲示文(横書き)
  • 理論(マークシート)
    • 常用漢字の楷書と行書の筆順
    • 旧字体と書写体を常用漢字に直す(各5字)
    • 草書を熟語で読む
    • 文字の歴史
    • 漢字の部分の名称
    • 漢字の字体

■準2級(90分)
硬筆書写のやや専門的な技術、および知識をもって書くことができる。

  • 実技
    • 速書き
    • 漢字10字を書く(楷書・行書)
    • 縦書き
    • 横書き
    • はがきの本文
    • 掲示文
  • 理論(マークシート)
    • 常用漢字の楷書と行書の筆順
    • 草書を熟語で読む
    • 文字の歴史
    • 漢字の部分の名称
    • 漢字の字体

■3級(70分)
硬筆書写一般の技術、および知識をもって書くことができる。

  • 実技
    • 速書き
    • 漢字10字を書く(楷書・行書)
    • 縦書き
    • 横書き
    • はがきのあて名
    • 掲示文(横書き)
  • 理論(マークシート)
    • 漢字の部分の名称
    • 常用漢字の楷書の筆順
    • 草書を文中で読む
    • 漢字の字体

■4級(60分)
硬筆書写の基礎的技術、および知識をもって書くことができる。

  • 実技
    • 速書き
    • 漢字仮名交じりの言葉5~6字を書く
    • 縦書き
    • 横書き
    • 掲示文(縦書き10字前後を2行で書く)
  • 理論
    • 教育漢字(学習漢字)の楷書・ひらがな・かたかなの筆順
    • 教育漢字の書き取り

■5級(60分)
硬筆書写の初歩的な技術、および知識をもって書くことができる。

  • 実技
    • 漢字仮名交じりの言葉5~6字を書く
    • 縦書き
    • 横書き
    • 掲示文(縦書き10字前後を2行で書く)
  • 理論
    • 小学校5年生までの教育漢字の楷書・平仮名・片仮名の筆順

■6級(40分)
硬筆書写のもっとも初歩的技術、および知識をもって書くことができる。

  • 実技
    • 漢字のことばを書く
    • ひらがなのことばを書く
    • かたかなのことばを書く
    • 漢字かな交じりのことばを書く
合格基準

■1級:実技 535点以上/600点満点中、理論 315点以上/400点満点中
■準1級:実技 515点以上/600点満点中、理論 305点以上/400点満点中
■2級:実技 475点以上/600点満点中、理論 295点以上/400点満点中
■準2級:実技 445点以上/600点満点中、理論 285点以上/400点満点中
■3級:実技 415点以上/600点満点中、理論 275点以上/400点満点中
■4級:実技・理論合わせて 460点以上/700点満点中
■5級:実技・理論合わせて 300点以上/500点満点中
■6級:実技 240点以上/400点満点中

免除科目

1級から3級において、実技問題、理論問題のどちらか片方のみ合格の場合、次回・次々回の試験では合格している科目が免除されます。

主催団体

一般財団法人 日本書写技能検定協会
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-41-3
TEL 03-3988-3581

https://www.nihon-shosha.or.jp/pen.html

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

「硬筆書写技能検定」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

C

難易度の目安»

【3級】

受験受付まであと

16日

試験日まであと

73日

ページの先頭へ▲