国家資格

必置資格

ずい道等の掘削等作業主任者

ずい道等の掘削等作業主任者とは、ずい道等の掘削の作業、またはこれに伴うずり積み、ずい道等における落盤、はだ落ち等を防止するための支保工の組立て、ロツクボルトの取付け、もしくはコンクリート等の吹付けの作業の際、現場の監督・安全指導を担う者です。

受講日

受講日①受講受付:都道府県ごと
【学科講習】都道府県ごと

受講概要

受講地

全国各地

受講資格
  1. ずい道等の掘削の作業またはこれに伴うずり積み、ずい道支保工の組立て、ロツクボルトの取付け、もしくはコンクリート等の吹付けの作業に3年以上従事した経験を有する者
  2. 大学、高等専門学校、高等学校または中等教育学校において土木、建築または農業土木に関する学科を専攻して卒業した者で、その後2年以上ずい道等の掘削等の作業に従事した経験を有する者
  3. その他厚生労働大臣が定める者。
受講料

受講地や受講コースにより異なります。約1.2万円ほど

受講内容
  • 作業の方法に関する知識 - 6時間
  • 作業者に対する教育等に関する知識 - 1時間30分
  • 工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識 - 4時間
  • 関係法令 - 1時間30分
  • 修了試験

※一例です。受講地により内容は異なります。

合格基準

講習を受講後、修了試験に合格にて。

免除科目

修了済みの講習、実務経験などにより、各講習科目が免除されます。

  • 「作業の方法に関する知識」「工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識」が免除
    1. 旧能開法に基づく養成訓練のうち、採鉱科または土木科の訓練(「訓練法」の養成訓練として行われたものを含む)を修了した者(土木科の訓練を修了した者にあっては、当該訓練においてトンネルについての技能を専攻した者に限る)
    2. 職訓法に基づく専修訓練課程の普通職業訓練(平成5年改正省令による改正前の同項に規定する専修訓練課程の養成訓練を含む)のうち、採鉱科もしくは土木科の訓練を修了した者(採鉱科の訓練の例により行われる訓練を修了した者であっては、掘進または支柱作業についての技能を専攻した者に限り、土木科の訓練の例により行われる訓練を修了した者であってはトンネルについての技能を専攻した者に限る)
    3. 能開法に基づく準則訓練である普通職業訓練のうち、別表第4の土木科の訓練または旧能開法に基づく準則訓練である能力再開発訓練のうち、別表第7の採鉱科もしくは土木科の訓練(訓練法の準則訓練である能力再開発訓練として行われたもの、および旧訓練法の能力再開発訓練として行われたものを含む)を修了した者(採鉱科の訓練を修了した者にあっては、掘進または支柱作業についての技能を専攻した者に限り、土木科の訓練を修了した者にあっては当該訓練においてトンネルについての技能を専攻した者に限る)
  • 「作業の方法に関する知識」「工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識」「作業者に対する教育等 に関する 知識」が免除
    1. 職業能力開発促進法第28 条第1 項に規定する職業能力開発促進法施行規則別表第11 の免許職種の欄に掲げる土木科、または旧能開法第28 条第1 項に規定する旧能開法規則別表第11 の免許職種の欄に掲げる採鉱科の職種に係る職業訓練指導員免許を受けた者
主催団体

建設業労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館7F
TEL 03-3453-8201(代)

https://www.kensaibou.or.jp/seminar/branch018.html?page=1

合格者からのアドバイス

「ずい道等の掘削等作業主任者」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

講習+

難易度の目安»

【ずい道等の掘削等作業主任者】

受付期間

都道府県ごと

受講日

都道府県ごと

ページの先頭へ▲