国家資格

業務独占資格

砂利採取業務主任者

砂利採取業務主任者とは、砂利の採取に伴う災害を防止したり、砂利採取の計画や変更、砂利採取場において採取計画に従って砂利の採取が行われるよう監督したり、安全指導を担う者です。

また砂利の採取によって災害が発生した場合の原因の調査、その対策を講じます。

試験日

試験日①受験受付:2018年10月24日(水) ~ 11月2日(金)
【東京】2018年11月9日(金)

受験者と合格率の推移

【砂利採取業務主任者】
実施年受験者数合格率
2017年902人34%
2016年912人41.4%
2015年916人34.5%
2014年765人30.5%
2013年767人38.1%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

全国各地

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

8,000円(収入証紙)

試験内容

■学科試験(択一式)

  • 砂利の採取に関する法令 - 10問
    砂利の採取に関する技術的な事項(基礎的な土木および河川工学に関する事項を含む) - 10問(必須問題7問および選択問題3問)
合格基準

配点は、1問につき10点で200点満点です。総得点が130点以上で、かつ法令問題および技術問題の得点がいずれも60点以上で合格となります。

主催団体

各都道府県の砂利担当課
(東京都)
東京都産業労働局商工部 地域産業振興課
〒163-8001 新宿区西新宿2-8-1 都庁第一本庁舎30階北側
TEL 03-5320-4670

http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/chushou/shoko/chiiki/jari/

試験対策

人気の過去問題集

砂利採取業務主任者を見た人が他にアクセスしている資格

目指す方向が似ている資格

合格者からのアドバイス

「砂利採取業務主任者」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

C

難易度の目安»

【砂利採取業務主任者】

受付期間

10月下旬~11月上旬

試験日

11月上旬

ページの先頭へ▲