国家資格

国家公務員総合職(大卒程度試験 - 教養区分除く)

国家公務員総合職とは、主として行政サービスに関わる政策の企画、および立案または調査および研究に関する事務をその職務とし、国家の期間を担う省庁の幹部となる職務です。

試験区分は「院卒者程度」が9区分、「大卒程度」が11区分です。試験概要や試験日などは、「院卒者」が法務区分とそれ以外、「大卒程度」が教育区分とそれ以外に分かれます。

大卒試験の区分

  1. 教育
  2. 政治・国際
  3. 法律
  4. 経済
  5. 人間科学
  6. 工学
  7. 数理科学・物理・地球科学
  8. 化学・生物・薬学
  9. 農業科学・水産
  10. 農業農村工学
  11. 森林・自然環境

試験日

試験日①受験受付:2018年3月30日(金) ~ 4月9日(月)
【筆記試験】2018年4月29日(日)
【筆記試験】2018年5月27日(日)
【人物試験】2018年5月29日(火)

応募者と合格率の推移

【国家公務員総合職(大卒程度試験 - 教養区分除く)】
実施年応募者数合格率
2018年17,428人6.6%
2017年18,121人6.9%
2016年18,927人7.2%
2015年18,676人5.7%
2014年17,985人7.6%

試験概要

試験地

全国主要都市

受験資格
  1. 試験実施年の4月1日時点において21歳以上30歳未満の者
  2. 試験実施年の4月1日時点において21歳未満でも、大学を卒業している者および3月までに大学を卒業する見込みの者、ならびに人事院が同等の資格があると認める者

■以下に該当する者はこの試験を受けられません

  1. 日本の国籍を有しない者
  2. 国家公務員法第38条の規定に該当する者
    • 成年被後見人、被保佐人(準禁治産者を含む)
    • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでまたは執行を受けることがなくなるまでの者
    • 懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
    • 日本国憲法、またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、またはこれに加入した者

※日本国籍を有する者であっても、外国の国籍を有する者は外務公務員になることができません。

受験料

受験料は無料です。

試験内容

■専門試験の区分
政治・国際、法律、経済、人間科学、工学、数理科学・物理・地球科学、化学・生物・薬学、農業科学・水産、農業農村工学、森林・自然環境
-
【1次試験】

  • 基礎能力試験(多肢選択式):40題 3時間
    公務員として必要な基礎的な能力(知能および知識)についての筆記試験。知能分野27題、知識分野13題
  • 専門試験(多肢選択式):40題 3時間30分
    各試験の区分に応じて必要な専門的知識などについての筆記試験

【2次試験】

  • 専門試験(記述式):[政治・国際、法律、経済区分]- 3題 4時間、その他の区分 - 2題 3時間30分
    各試験の区分に応じて必要な専門的知識などについての筆記試験
  • 政策論文試験:1題 2時間
    政策の企画立案に必要な能力、その他総合的な判断力および思考力についての筆記試験(資料の中に英文によるものを含む)。
  • 人物試験。人柄、対人的能力などについての個別面接

(外部英語試験の加算)
英語の能力の程度に応じて加算。
試験実施年度の4月1日から遡って5年前の日以後に受験したTOEFL(iBT)、TOEIC(公開テストに限る)、IELTS、実用英語技能検定(英検)の4種類の英語試験のスコア等を有する受験者には、最終合格者決定の際に、スコア等に応じて、総得点に15点または25点を加算します。

  • 15点加算: TOEFL(iBT) 65以上80未満、TOEIC 600以上730未満、IELTS 5.5以上6.5未満
  • 25点加算: TOEFL(iBT) 80以上、TOEIC 730以上、IELTS 6.5以上、英検1級または準1級
合格基準

[前提]

  1. 筆記試験の得点は各試験種目の素点をそのまま用いるのではなく、標準偏差を利用した「標準点」を用います。
  2. 人物試験の得点は受験者の判定(A~Eの5段階)を基に、偏差値を求めるのと同様の換算式によって求めた数値に配点比率を乗じて算出した「標準点」を用います。
  3. 英語試験においては、原本の提示およびその写しの提出のあった外部英語試験の成績に応じ、加算点を算出します。

※最低限必要な下限の得点に達しない試験種目が一つでも存在する者については、他の試験種目の成績にかかわらず不合格となります。この下限の得点は、多肢選択式試験は満点の30%、人物試験はD評価、記述式試験は個別に定められます。
-
[第1次試験の合格者の決定]

  • 基礎能力試験、および専門試験(多肢選択式)の各得点がいずれも下限の得点以上の場合、両試験種目の標準点を合計した得点に基づいて、第1次試験の合格者を決定します。

[最終合格者の決定]

  • 第1次試験合格者のうち、専門試験(記述式)において下限の得点以上であり、かつ人物試験の判定がA~D評価である者について、全ての試験種目の標準点を合計し、さらに英語試験による加算点を加えた得点に基づいて最終合格者を決定します。
主催団体

人事院
〒100-8913 東京都千代田区霞が関1-2-3
TEL 03-3581-5311(内線2935)人材局試験課

http://www.jinji.go.jp/saiyo/siken/sougousyoku/daisotsuteido_sougou/daisotsuteido_sougou.html

-

  • 人事院北海道事務局
    〒060-0042 札幌市中央区大通西12
    TEL 011-241-1248
  • 人事院東北事務局
    〒980-0014 仙台市青葉区本町3-2-23
    TEL 022-221-2022
  • 人事院関東事務局
    〒330-9712 さいたま市中央区新都心1-1
    TEL 048-740-2006~8
  • 人事院中部事務局
    〒460-0001 名古屋市中区三の丸2-5-1
    TEL 052-961-6838
  • 人事院近畿事務局
    〒553-8513 大阪市福島区福島1-1-60
    TEL 06-4796-2191
  • 人事院中国事務局
    〒730-0012 広島市中区上八丁堀6-30
    TEL 082-228-1183
  • 人事院四国事務局
    〒760-0068 高松市松島町1-17-33
    TEL 087-831-4765
  • 人事院九州事務局
    〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-11-1
    TEL 092-431-7733
  • 人事院沖縄事務所
    〒900-0022 那覇市樋川1-15-15
    TEL 098-834-8400

試験対策

資格スクール

合格者からのアドバイス

2014年合格:20代 男性

私は、2014年度の国家公務員総合試験に合格しました。どのような方法で、試験勉強に取り組んだのか、私のおすすめの勉強法をまとめてみましたので参考にしてください。

大学4年生の頃、学校では教師が進路を決めるように、就職活動の為の面接訓練を受けるようにと仕切りに呼び掛けていました。早い人では、3年の後半ごろから就職活動をしていましたが、私は自分が一般企業で何がしたいのか定まらなかったのです。目標が定まらず、企業のパンフレットを見ても魅力はわきませんでした。

何か自分に合ったものはと考えたのが地方公務員・国家公務員でした。地元から離れた大学では、独り暮らしをしながらの生活で日本各地の友人ができました。大学の土地・地元の土地どちらかに留まるのもいいけど、もっと多くの場所を知ってみたいと思ったのが大きなきっかけだったのかもしれません。

私は、国家公務員を選ぶことにしたのです。そのためには、資格がいる!まずは、どのような試験があり区分が違うのかなどを調べ、最終的に私が選んだのが国家公務員総合試験(大卒区分)でした。

試験内容は幅広く、一般的知能問題から専門分野まであり憲法・行政法・民法などは私の苦手とする分野でしたから試験勉強に取り掛かる前から不安はありました。

しかし、自分がやると決めたからには合格を目指し勉強を頑張るのみです。公務員総合試験に関する資料・問題集等を集める必要があるので、教授にも相談をしました。私は、理数系の学部でしたのでやや的外れな将来の選択に教授は驚いてましたが、やりたいならやってみろと後押ししてくれました。

問題集も数多く、どれを選んでよいのかわからなかったので教授の知りあいに手伝ってもらい、資料・問題集を集めたのです。まずは、自分ができそうな問題から取り掛かりました。問題集は分野的に分かれていたので、凄く使いやすかったのを覚えています。

はじめから気がかりだった分野憲法・行政法・民法等は、暗記帳を作ることにしました。知識が無いとまったくもってわからないので、これは一から覚える必要がありました。

大学講座の空き時間や放課後、少しでも時間があれば暗記帳を開けるようにいつも持ち歩くようにしたのです。少しずつ知識を増やし、さらに問題を毎日必ず解くことに心がけました。

1日でもサボってしまっては、勉強が止まってしまうのでどんなに疲れていても、時間が無くても5問でもいいから毎日解くこと!これが私自身の決まり事だったと思います。

数か月が経った後、自分ひとりで勉強している事に不安を覚え近くの勉強塾を訪れてみました。国家公務員試験の為の対策等を集中コースで受ける事にしたのです。

同じ目標を持った人が周りにいて、理解できない事疑問に答えてくれる教師がいる事はとても自分にとってよい環境だったと思います。また、独学では気づかなかった試験時の時間配分や取り掛かる順番なども教えてもらいました。

国家公務員総合試験では、分野は広くさらに平均した知識・学力が必要とされますからどの分野も気を抜くこと出来ません。最終的に、残りの1ヵ月は苦手分野に力を入れてできるだけミスが無く点数が獲得できるように努力しました。

約1年、問題集がボロボロになるまで何度も繰り返し解きました。はじめは、1回解き終わるのも無理なのではないかと思うほどの量でしたが時間の経過と共に自分はかなり成長できたと思います。

試験に臨むときは、できるだけリラックスしてください。もちろん緊張するのは当たり前ですが、自分がしっかり勉強していると思えるくらい頑張ったのであれば、きっと大丈夫です。不安や焦りがケアレスミスの原因になりますので、自分を信じて試験に臨むことが重要でしょう。

「国家公務員総合職(大卒程度試験 - 教養区分除く)」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

A

難易度の目安»

【国家公務員総合職(大卒程度試験 - 教養区分除く)】

受付期間

3月下旬~4月上旬

試験日

4月下旬

ページの先頭へ▲