民間資格

「ハングル」能力検定

「ハングル」能力検定試験とは、ハングル能力検定協会が実施する、日本人向けの韓国語検定試験です。「ハン検」と呼ばれることもあります。

試験は6月と11月の年に2回行われ、試験区分は1級、2級、準2級、3~5級の6つに分かれています。1級は試験官による二次試験(面接試験)があります。

試験日

試験日①受験受付:2018年3月16日(金) ~ 4月22日(日)
【筆記試験】2018年6月3日(日)
【1級2次試験】2018年6月24日(日)
試験日②受験受付:2018年8月24日(金) ~ 10月5日(金)
【筆記試験】2018年11月11日(日)
【1級2次試験】2018年12月2日(日)

受験者と合格率の推移

【3級】
実施年受験者数合格率
2017年4,661人51.5%
2016年4,673人47.9%
2015年4,621人43.2%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

全国各地

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

1級:10,000円
2級:6,800円
準2級:5,800円
3級:4,800円
4級:3,700円
5級:3,200円
(各税込)

申込者数
合格率

■1級

実施年受験者数合格者数合格率
2017年1432416.8%
2016年210167.6%
2015年230208.7%

■2級

実施年受験者数合格者数合格率
2017年83514617.5%
2016年89014316.1%
2015年939555.9%

■準2級

実施年受験者数合格者数合格率
2017年1,93177240.0%
2016年2,18797144.4%
2015年2,26457325.3%

■4級

実施年受験者数合格者数合格率
2017年4,6823,77580.6%
2016年5,4024,13076.5.%
2015年5,1983,82973.7%

■5級

実施年受験者数合格者数合格率
2017年4,2543,51682.7%
2016年4,4363,54179.8%
2015年4,3113,71686.2%
試験内容

■1級
幅広い場面で用いられる韓国・朝鮮語を十分に理解し、それらを自由自在に用いて表現できる。
マークシート、記述式解答用紙使用。設問は韓国・朝鮮語。

  • 1次試験 100点
    聞取・書取40点/必須得点16点:30分、筆記60点/必須得点30点:80分
  • 2次試験(面接試験):約15分

■2級
幅広い場面で使われる韓国・朝鮮語を理解し、それらを用いて表現できる。
マークシート使用。設問は韓国・朝鮮語。

  • 聞取40点/必須得点16点:30分、筆記60点/必須得点30点:80分

■準2級
日常的な場面で使われる韓国・朝鮮語に加え、より幅広い場面で使われる韓国・朝鮮語をある程度理解し、それらを用いて表現できる。
マークシート使用。

  • 聞取40点/必須得点12点:30分、筆記60点/必須得点30点:60分

■3級
日常的な場面で使われる基本的な韓国・朝鮮語を理解し、それらを用いて表現できる。
マークシート使用。

  • 聞取40点/必須得点12点:30分、筆記60点/必須得点24点:60分

■4級
基礎的な韓国・朝鮮語を理解し、それらを用いて表現できる。
マークシート使用。

  • 聞取40点:30分、筆記60点:60分

■5級
韓国・朝鮮語を習い始めた初歩の段階で、基礎的な韓国・朝鮮語をある程度理解し、それらを用いて表現できる。
マークシート使用。

  • 聞取40点:30分、筆記60点:60分
合格基準

■1級

  • 1次試験:70点以上/100点
  • 2次試験:5段階評価中、S、A、B合格、C、D不合格。

■2級、準2級

  • 70点以上/100点

■3級、4級、5級

  • 60点以上/100点
免除科目

1級の1次試験合格者は、次次回までの2回の試験のうち1度だけ1次試験が免除されます。

主催団体

特定非営利活動法人 ハングル能力検定協会
〒136-0071 東京都江東区亀戸 2-36-12 8F
TEL 03-5858-9101

http://www.hangul.or.jp/siken/

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

「「ハングル」能力検定」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

C

難易度の目安»

【3級】

受付期間

3月中旬~4月下旬

試験日

6月 第1日曜日

ページの先頭へ▲