民間資格

実用フランス語技能検定(仏検)

実用フランス語技能検定試験とは、(公)フランス語教育振興協会が実施する、日本人向けのフランス語検定試験です。フランス語検定、仏検と略されることもあります。

試験は6月と11月の年に2回行われ、試験区分は1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級の7つに分かれています。※1級は6月、準1級は11月の年1回実施となります。

試験日

試験日①受験受付:2018年4月1日(日) ~ 5月23日(水)
【1次試験(1・2・準2・3・4・5級)】2018年6月17日(日)
【2次試験(1・2・準2級の1次合格者)】2018年7月15日(日)
試験日②受験受付:2018年9月1日(土) ~ 10月24日(水)
【1次試験(準1・2・準2・3・4・5級)】2018年11月18日(日)
【2次試験(準1・2・準2級の1次合格者)】2019年1月27日(日)

受験者と合格率の推移

【3級】
実施年受験者数合格率
2017年5,523人53.8%
2016年5,566人57.4%
2015年5,684人62.7%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

全国各地パリ

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

■単願
1級:12,000円
準1級:10,000円
2級:8,000円
準2級:7,000円
3級:5,500円
4級:4,500円
5級:3,500円
---
■併願
準1級+2級:17,000円
2級+準2級:14,000円
準2級+3級:11,500円
3級+4級:9,000円
4級+5級:7,000円
※1級と2級の併願はできません。

申込者数
合格率

■1級

実施年合格者数合格率
2017年6587611.6%
2016年6466910.7%
2015年6758512.6%

■1級(2次試験)

実施年合格者数合格率
2017年817288.9%
2016年776989.6%
2015年937782.8%

■準1級

実施年合格者数合格率
2017年1,31034626.4%
2016年1,38235425.6%
2015年1,25932025.4%

■準1級(2次試験)

実施年合格者数合格率
2017年38329677.3%
2016年37530481.1%
2015年36128779.5%

■2級

実施年合格者数合格率
2017年3,1191,08034.6%
2016年3,2751,17836.0%
2015年3,3441,19335.7%

■2級(2次試験)

実施年合格者数合格率
2017年1,16994380.7%
2016年1,2511,05184.0%
2015年1,2761,09685.9%

■準2級

実施年合格者数合格率
2017年3,2221,96260.9%
2016年3,5012,15761.6%
2015年3,5742,20461.7%

■準2級(2次試験)

実施年合格者数合格率
2017年2,0581,77586.2%
2016年2,2971,93684.3%
2015年2,3111,98886.0%

■4級

実施年合格者数合格率
2017年5,0503,84276.1%
2016年4,8703,71876.3%
2015年5,1653,65770.8%

■5級

実施年合格者数合格率
2017年4,0043,50187.4%
2016年3,7113,17085.4%
2015年3,9293,41586.9%
試験内容

■1級
「聞く」「話す」「読む」「書く」という能力を高度にバランスよく身につけ、フランス語を実地に役立てる職業で即戦力となる。

  • 1次試験(150点)
    • 筆記(記述式、一部記号選択)9問 100点:120分
    • 書き取り 1問 20点:聞き取りと合わせて約40分
    • 聞き取り(語記入、記号選択)2問 30点
  • 2次試験(50点)
    • 個人面接試験:9分
      与えられたテーマのなかから受験者が選んだものについての発表と討論。
    • 評価基準
      コミュニケーション能力(自分の意見を要領よく表現する能力)とフランス語力(発音・文法・語・句)を判定する。

■準1級
日常生活や社会生活を営む上で必要なフランス語を理解し、一般的な内容はもとより、多様な分野についてのフランス語を聞き、話し、読み、書くことができる。

  • 1次試験(120点)
    • 筆記(記述式、一部記号選択)8問 80点:100分
    • 書き取り 1問 20点:聞き取りと合わせて約35分
    • 聞き取り(語記入、記号選択)2問 20点
  • 2次試験(40点)
    • 個人面接試験:7分
      与えられたテーマのなかから受験者が選んだものについての発表と討論。
    • 評価基準
      コミュニケーション能力(自分の意見を要領よく表現する能力)とフランス語力(発音・文法・語・句)を判定する。

■2級
日常生活や社会生活を営む上で必要なフランス語を理解し、一般的なフランス語を聞き、話し、読み、書くことができる。

  • 1次試験(100点)
    • 筆記(マークシート方式、一部記述式)7問 68点:90分
    • 書き取り 1問 14点:聞き取りと合わせて約35分
    • 聞き取り(語記入、記号選択)2問 18点
  • 2次試験(30点)
    • 個人面接試験:5分
      日常生活に関する質問に対して、自分の伝えたいことを述べ、相手と対話を行う。
    • 評価基準
      コミュニケーション能力(自分の意見を要領よく表現する能力)とフランス語力(発音・文法・語・句)を判定する。

■準2級
日常生活における平易なフランス語を、聞き、話し、読み、書くことができる。

  • 1次試験(100点)
    • 筆記(マークシート方式、一部記述式)7問 70点:75分
    • 書き取り 1問 12点:聞き取りと合わせて約25分
    • 聞き取り(語記入、記号選択)2問 18点
  • 2次試験(30点)
    • 個人面接試験:5分
      提示された文章を音読し、その文章とイラストについての簡単なフランス語の質問にフランス語で答える。フランス語での簡単な質疑応答。
    • 評価基準
      日常生活レベルの簡単なコミュニケーション能力とフランス語力(発音・文法・語・句)を判定する。

■3級
フランス語の文構成についての基本的な学習を一通り終了し、簡単な日常表現を理解し、読み、聞き、話し、書くことができる。

  • 1次試験(100点)
    • 筆記(マークシート方式、一部語記入)9問 70点:60分
    • 聞き取り(マークシート方式、一部語記入)3問 30点:15分

■4級
基礎的な日常的フランス語を理解し、読み、聞き、書くことができる。

  • 1次試験(100点)
    • 筆記(マークシート方式)8問 66点:45分
    • 聞き取り(マークシート方式、一部数字記入)4問 34点:15分

■5級
初歩的な日常的フランス語を理解し、読み、聞き、書くことができる。

  • 1次試験(100点)
    • 筆記(マークシート方式)7問 60点:30分
    • 聞き取り(マークシート方式、一部数字記入)4問 40点:15分
合格基準

■1級:(1次試験)87点/150点、(2次試験)32点/50点
■準1級:(1次試験)72点/120点、(2次試験)23点/40点
■2級:(1次試験)58点/100点、(2次試験)19点/30点
■準2級:(1次試験)58点/100点、(2次試験)18点/30点
■3級:55点/100点
■4級:60点/100点
■5級:60点/100点

※2017年の合格基準点。合格基準点は、難易度を考慮して調整されます。

免除科目

1級・準1級・2級・準2級の1次試験合格し、2次試験が不合格、あるいは2次試験を欠席された場合、次実施の1回のみ1次試験が免除されます。

主催団体

公益財団法人 フランス語教育振興協会 仏検事務局
〒102-0073 東京都千代田区九段北1-8-1 九段101ビル
TEL 03-5778-4073

http://apefdapf.org/dapf/info/calendrier

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

「実用フランス語技能検定(仏検)」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

C

難易度の目安»

【3級】

受付終了まであと

終了

試験日まであと

3日

ページの先頭へ▲