国家資格

必置資格

乾燥設備作業主任者

乾燥設備作業主任者とは、乾燥設備の使用にあたり、作業方法を周知すると共に作業を直接指導し、設備に不備な箇所を認めたときは、直ちに必要な措置をとり、乾燥設備内の温度、換気状態および乾燥物の状態について随時点検し、異常を認めたときは、直ちに必要な措置をとり、乾燥設備場所の整理整頓および火災防止を行う責任者です。

受講日

受講日①受講受付:都道府県ごと
都道府県ごと

受講対策

人気の過去問題集

受講概要

受講地

各都道府県

受講資格
  1. 乾燥設備の取扱いの作業に5年以上従事した経験を有する者。
  2. 大学または高等専門学校において理科系統の正規の学科を専攻して卒業した者で、その後1年以上乾燥設備の設計・製作・検査または取扱いの作業に従事した経験を有する者。
  3. 高等学校において理科系統の正規の学科を専攻して卒業した者で、その後2年以上乾燥設備の設計・製作・検査または取扱いの作業に従事した経験を有する者。
受講料

各講習地により異なります。東京の場合、
受講料: 12,340円(税込)
テキスト: 1,510円(税込)

受講内容
  • 1日目
    • 乾燥設備および付属設備の構造、機能および取り扱いに関する知識 - 4時間
    • 乾燥設備およびその他付属設備等の点検整備、および異常時の処理に関する知識 - 4時間
  • 2日目
    • 乾燥設備の作業管理に関する知識 - 5時間
    • 関係法令 - 2時間
    • 修了試験 - 1時間
合格基準

全講習科目の所定時間を修了し、終了試験において各科目40%以上、かつ総合で60点以上の得点で合格となります。

主催団体

各都道府県労働局健康安全課、労働基準監督署、労働基準協会連合会

東京の場合、
公益社団法人東京労働基準協会連合会
〒132-0021 東京都江戸川区中央1-8-1 内宮ビル
TEL 03-5678-5556

http://www.toukiren.or.jp/kousyu_07.html

受講対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

「乾燥設備作業主任者」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

講習+

難易度の目安»

【乾燥設備作業主任者】

受付期間

都道府県ごと

受講日

都道府県ごと

ページの先頭へ▲