公的資格

電子会計実務検定

電子会計実務検定とは、会計実務において、パソコンソフト等の活用による電子会計が業種・業態、企業規模を問わず普及しているなか、電子会計の実践およびこれに対応できる人材の育成、中小企業の会計指針の普及・定着を図ることを目的に創設された資格です。

試験は、2級・3級は各施行機関ごとに随時受付け、1級は2月、10月の年に2回です。

試験日

試験日①受験受付:試験機関による
【1級】2018年10月7日(日)
試験日②受験受付:試験機関による
【1級】2019年2月17日(日)

試験対策

参考書や問題集、関連書籍

※ご自身で役に立った書籍はありますか?

投票結果を見る

得票ランキング BEST5

試験概要

試験地

全国各地

受験資格

年齢、学歴等に制限はなく誰でも受験できます。

受験料

4,120円(税込)
7,200円(税込)
10,290円(税込)

試験内容

■1級(記述式中心90分)

  1. 電子会計情報の活用
  2. 会計ソフトの導入・運用
  3. 会計データの電子保存と公開
  4. 電子申告・納税システムの理解
  5. 企業会計以外の会計システムの理解

■2級(択一式・数値記入式60分)

  1. 関連業務等からの業務データ等の活用
  2. 電子会計情報の活用
  3. 電子会計データの保管・管理

■3級(択一式・数値記入式40分)

  1. 電子会計データの流れ
  2. 電子会計情報の活用
合格基準

各級とも100点満点中、70点以上で合格となります。

主催団体

日本商工会議所
TEL 03-5777-8600(検定情報ダイヤル)

https://www.kentei.ne.jp/accounting

試験対策

関連書籍 得票ランキング BEST5

合格者からのアドバイス

「電子会計実務検定」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

C

難易度の目安»

【電子会計実務検定】

受付終了まであと

終了

試験日まであと

32日

この資格をシェアする