国家資格

業務独占資格

家畜人工授精師

家畜人工授精師とは、主に牛や豚などの家畜の安定した飼育・繁殖を行いながら、新しい品種を生み出していくために必要な人工授精や顕微授精などを行うための資格です。

各都道府県ごとの講習を受講し、修業試験に合格にて資格取得となります。

受講日

受講日①受講受付:都道府県ごと
都道府県ごと

受講対策

人気の過去問題集

受講概要

受講地

各都道府県

受講資格

家畜改良増殖法第17条の規定に該当しない者。

受講料

受講地により異なります。

北海道の場合 60,000円

受講内容

■学科

  1. 一般科目
    • 畜産概論: 4時間
    • 家畜の栄養: 3時間
    • 家畜の飼養管理: 3時間
    • 家畜の育種: 7時間
    • 関係法規: 3時間
  2. 専門科目
    • 生殖器解剖: 5時間
    • 繁殖生理(神経・内分泌及び雌繁殖生理): 13時間
    • 精子生理(雄繁殖生理): 7時間
    • 種付けの理論(妊娠と分娩): 4時間
    • 人工授精: 17時間

■実習

  1. 家畜の飼養管理: 4時間
  2. 家畜の審査: 7時間
  3. 生殖器解剖: 4時間
  4. 発情鑑定: 6時間
  5. 精液精子検査法: 8時間
  6. 人工授精: 45時間
合格基準

規定の講習を受講し、修業試験に合格にて。

免除科目
  1. 大学等において、体内受精卵移植概論および受精卵の生理および形態、または体内受精卵移植概論、受精卵の生理および形態および体外受精卵移植概論の全部、または一部を修めた者(以下「受講等免除者」)は、その修めた科目についての講習会の受講および修業試験の免除を受けられます。
  2. 他の種類の家畜について講習会の修業試験に合格している者は、一般科目についての家畜人工授精に関する講習会の受講および修業試験の免除を受けることができます。
  3. 牛について家畜人工授精に関する講習会の修業試験に合格している者は、家畜人工授精および家畜体内受精卵移植に関する講習会の受講および修業試験、または家畜人工授精ならびに家畜体内受精卵移植および家畜体外受精卵移植に関する講習会の受講および修業試験の免除を受けることができます。
  4. 牛以外の種類の家畜について家畜人工授精に関する講習会の修業試験に合格している者は、家畜人工授精および家畜体内受精卵移植に関する講習会の受講および修業試験、または家畜人工授精ならびに家畜体内受精卵移植および家畜体外受精卵移植に関する講習会の受講および修業試験の免除を受けることができます。
  5. 牛について家畜人工授精および家畜体内受精卵移植に関する講習会の修業試験に合格している者は、家畜人工授精ならびに家畜体内受精卵移植および家畜体外受精卵移植に関する講習会の受講および修業試験の免除を受けることができます。
主催団体

各都道府県の畜産担当課

(北海道の場合)
北海道上川総合振興局 産業振興部 農務課畜産係
〒079-8610 北海道旭川市永山6条19-1-1 北海道上川合同庁舎3階
TEL 0166-46-5964

http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/ss/num/tikusan/katikukakin.html

受講対策

人気の過去問題集

家畜人工授精師を見た人が他にアクセスしている資格

目指す方向が似ている資格

合格者からのアドバイス

「家畜人工授精師」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

講習

難易度の目安»

【家畜人工授精師】

受付期間

都道府県ごと

受講日

都道府県ごと

ページの先頭へ▲