国家資格

業務独占資格

美容師

美容師とは厚生労働大臣の免許を受けた、カッティング、パーマネントウエーブ、染毛(ヘアカラー)、結髪、化粧等により、容姿を美しくする美容を業とする者です。試験受験には、都道府県知事の指定した美容師養成施設において、厚生労働省令で定める期間の教育を受ける必要があります。

試験日

試験日①受験受付:2018年5月7日(月) ~ 5月28日(月)
【実技試験】2018年8月1日(水)
【筆記試験】2018年9月2日(日)
試験日②受験受付:2018年11月6日(火) ~ 11月28日(水)
【実技試験】2019年2月1日(金)
【筆記試験】2019年3月3日(日)

受験者と合格率の推移

【美容師国家試験】
実施年受験者数合格率
2017年23,336人79.3%
2016年23,674人81.8%
2015年23,430人82.9%
2014年24,499人80.6%
2013年26,235人72%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

(実技)各都道府県

(筆記)北海道、岩手県、宮城県、東京都、神奈川県、石川県、愛知県、大阪府、広島県、愛媛県、福岡県、鹿児島県、沖縄県

受験資格

厚生労働大臣または都道府県知事の指定した美容師養成施設に平成10年4月1日以降に入学し、所定の課程を修めた者、または同施設に平成10年3月31日以前に入学し、所定の課程を修めた後、平成14年3月31日までに1年以上の実地習練を行った者。

■平成10年4月1日以降に入学した者の必要課程

  • 昼間課程: 2年以上
  • 夜間課程: 2年以上
  • 通信課程: 3年以上

■平成10年3月31日以前に入学した者の必要課程

  • 昼間課程: 1年以上
  • 夜間課程: 1年4ヵ月以上
  • 通信課程: 2年以上

※平成14年3月31日までに1年以上の実地習練が終了していない場合は、受験資格はありません。

受験料

実技・筆記試験: 25,000円
実技試験のみ: 12,500円
筆記試験のみ: 12,500円

試験内容

■実技試験

  1. 第1課題: カッティング
    • カッティングの準備 - 7分
    • カッティング試験 - 20分
    • モデルウイッグの顔面拭き取り - 1分
  2. 第2課題: ワインディングおよび衛生上の取扱い
    • ワインディングの準備 - 7分
    • ワインディング試験 - 20分
    • モデルウイッグの顔面拭き取り - 1分

■筆記試験
四肢択一式 13:20~15:00(100分)

  1. 関係法規・制度
  2. 衛生管理
  3. 美容保健
  4. 美容の物理・化学
  5. 美容理論
合格基準

■実技試験
次の全ての条件を満たしている場合に合格となります。

  1. 衛生上の取扱試験: 減点が30点以下
  2. 基礎的技術試験
    1. 第1課題 - カッティングの減点が30点以下
    2. 第2課題 - オールウェーブセッティングの減点が50点以下

■筆記試験
次の両方の条件を満たしている場合を合格とする。

  1. 50問中60%以上の正答率
  2. 関係法規・制度、公衆衛生・環境衛生、感染症、衛生管理技術、人体の構造及び機能、皮膚科学、美容の物理・化学、美容理論のいずれの課目においても無得点がない
免除科目
  1. 「実技試験及び筆記試験」の両方を受験した者のうち、筆記試験のみに合格した場合、次回の試験に限り、筆記試験の免除を受けることができます。
  2. 「実技試験及び筆記試験」の両方を受験した者のうち、実技試験のみに合格した場合、次回の試験に限り、実技試験の免除を受けることができます。
主催団体

公益財団法人 理容師美容師試験研修センター
〒135-8507 東京都江東区有明3-7-26 有明フロンティアビルB棟9F
TEL 03-5579-0911

http://www.rbc.or.jp/exam/index.html

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

2013年合格:20代 女性

小さな頃から人を綺麗にする美容師に憧れ、有名なサロンの第一線で指名の多い人気のスタイリストを志して資格試験を決めました。

色々な人の意見や本から学んだ知識を総合して、一番の近道である高校を卒業後、首都圏の有名美容美容専門学校に進学し、2年間学校に通い、資格試験を受験する道を選びました。

専門学校に通っているだけで、プロの専門家の指導を直接受ける事が出来るし、受験に必要なノウハウは全て教えるカリキュラムになっているので、合格するためのコツと言えば、周りに流されず自分の目標を見失う事のないよう、毎日学校に通い真面目に学ぶという事に尽きると思います。

特に首都圏の専門学校は私の様に地方から上京した人の集まりでもあるので、他の面白い事に気を取られているうちに、本業であるはずだった美容師の勉強が疎かになり、学校を辞めた友人も多く見ました。これでは本末転倒、卒業後他の仕事に就くとしても、美容師の免許は必ず合格取得する、という信念を貫く事が最も大切です。

美容師と一口に言っても、ヘアカットや髪にまつわる勉強だけでなく、ネイル(爪)やまつ毛に関するエクステ及びパーマ、着物の着付けは勿論の事、プロのエステティシャンによる講義もあり、幅広く美容関係の知識が身に付く学校です。つまりメイクアーティストの道に進むにしても、美容師の免許を持っていると就職に絶対有利なので、美容師になる!と絶対決めていなくても、学校の授業の中で興味のある項目の道を選んで進む事も出来るという事を最初に知っておくと良いでしょう。

国家資格なので取得すれば生涯自分の強い糧となり、国内に限らず海外で活躍する事も出来る資格です。

余談ですが私が卒業した専門学校は男子生徒2割、女子生徒8割の比率でしたが、最近は男子生徒の比率がより高くなっているらしいので、学校生活もより楽しいと思います。

これは学校によって異なりますが、海外のヘアメイクアーティストの仕事を見学しに行く修学旅行があったり、交換留学の形で数カ月だけ海外で生活するコースを設定している専門学校もあり、予算も当然絡んでくるので親御さんとの相談になりますが、やる気次第で経験やチャンスの多い専門学校だと思います。

とにかく資格を持っていないと就職活動も出来ないので、合格する事が大前提ですが、人気ヘアサロンだと就職倍率も高くなり、志望動機や美容師としてのセンスを瞬時に見抜かれる就職試験は一発勝負の感は否めませんが、1か所で不合格だったからと言って、諦めず多くのサロンで経験を積む事も後々自分の自信に繋がります。

合格に向けて準備する事と言えば、友人や知人に頼みこんでモデルになってもらう事です。練習用のカットかつらは高額なので毎回購入する訳にいかないのです。しかも、人はそれぞれ髪の毛に癖や質が異なる為、練習用だけでカットしていては、実践で全く役に立たないという事が発生します。

就職しても直ぐにお客様のカットを任される事はまず有り得ませんが、合格する為にも少しでも多くの人の髪に触るというのは大切な経験です。
資格合格を目指して勉強している時の方が、カットしていた気がします。

実際働きだすと1年間は(就職先によって異なります)アシスタントとして下働きの毎日なので、営業中はひたすらシャンプーや掃除、スタイリストの昼ごはんの買い出しなど、一体何の為に合格したのか分からない日々を誰もが経験します。営業終了後にスタイリストから指導してもらい、練習をして2年目以降にようやく自分のお客様のカットを出来るようになる(これでも早い方です)のが一般的です。

長い目で見て、根気強さは必要だと断言出来ます。貴方の夢が叶いますように。

2011年合格:30代 男性

国家試験なので受験も年に2度しかチャンスがないのと、記述試験のみならず、実技の方が重視される技術力が最も大切な試験である点を加味すると、この資格に必要な勉強方法は私が行った、実技勉強のチャンスを逃さないという点に尽きると思います。

美容師は全国で活躍し、身近な存在なので誰もが知っている職業の代表だと思います。親しみやすいお洒落な人、というイメージが強いのではないでしょうか。

私もそんな近所のお姉さんに憧れて、美容師の道を歩く決心をした一人です。資格は絶対必要な仕事だと聞いていましたが、働きながらでも取得する事が出来ると教えてもらい、高校卒業と同時に全国チェーンである大手ヘアサロンに入社しました。

当然免許がないので、お客様の髪に触る事は許されず、ひたすら床掃除やトイレ掃除、ポップやお勧めメニューコースの書き換えなど、雑務ばかりの1年目でした。夕方までサロンで働いて、夜間に美容学校に通うというスタイルを3年間続け、ようやく資格試験に挑み合格しました。

私は実際にプロが活躍する第一線の現場で働きながら受験に向けて勉強するという、合格するのに最も適した道を選んだと思っています。周りの人は遊ぶ時間がなくて大変だね、とか可哀相という人もいましたが、夢に向かって頑張る人は、ある程度の犠牲は全く気にならないと思います。

合格への秘訣は何かと問われれば、如何に実技を実践したかに限ると思います。幸いサロンには練習用のカットかつらや、カットモデルとして協力してくれる友人知人も大勢いて、実技練習のモデルに困った経験はありません。机の上で勉強する事はどこでも出来ますが、実技の勉強はかつらかモデルとなってくれる人物がいないと何も出来ません。

想像やイメージトレーニングでは全く意味がありません。つまり、サロンに就職していない学生の方の場合、授業でカットの機会があれば、絶対に受講して休まない、1度のチャンスも逃さない事がポイントだと思います。
美容師の資格にはネイルやメイク、ボディーのエステティシャンに至るまで幅広い知識が必要とされるので、免許さえ持って居れば、ヘアサロンに拘らずとも、様々な世界で活躍出来ます。結婚式場の着付からメイク、髪型セットまで全てを1人で任される事も可能な資格なのです。

私には夢があって、いつか独立して小さくてもいいから、自分の店を持つという野望を持って日々訓練しています。そのスタートの切符が資格合格であり、こうして見ると実に簡単に合格出来たな、という印象があります。簡単というのは、実は免許取得した後の方が努力が必要だからです。

免許を取得して直ぐにお客様のカットが出来る訳ではなく、最初はひたすらシャンプー。カット出来る自信も免許もあるのにハサミを持たせてもらえないストレスの方が苦しかった気がします。下積みを経て、ようやく免許が役に立ちます。免許を有していても実力はピンキリであり、お客様も目が肥えた人が多いので、下手なスタイリストにはお客様が付きません。お客様に満足してもらってこそのプロのスタイリストなのだと実感します。

つまり合格すら出来ない根性では、実際現場に出て活躍するまでに心が折れてしまうという事を言いたいのです。

テレビや街で活躍する一流のスタイリストも、こうした地道な努力を経て今があります。途中で自分の信念を曲げない事、夢を見失わない事、どちらかと言うとこうした精神論がこの免許取得には重要だと思います。

センスやその人の感覚というのは、瞬時に分かるものではありません、自分は向いていないのかもしれない、誰もが一度はぶつかる壁です、諦めず合格目指して受験してください。

2011年合格:20代 女性

ヘア・メイク・ネイル・エステ・まつ毛エクステ等、美容に関する職業に就く為に必ずと言って良い程必要な資格、それは美容師試験です。

私はヘアセットや撮影現場でのヘアメイクの仕事に携わった経験がありますが、例えハサミを扱わない仕事でも”美容師免許”を持っている事によりお客様からの信頼が厚く、また会社から優遇されることもありました。

美容師を目指す第一歩となる美容師試験ですが、私は「国家試験合格率100%」という点を重視して美容専門学校を選び2年間にわたって学科・実技を学びました。

まず学科ですが、比較的美容師の学科問題は基礎が9割で応用が1割程です。1?5年前の過去問題をひたすら解いていれば必ず出てくる問題もあるのでパターンも掴めてきます。美容師試験の学科では髪の毛の構造から運営、衛生や化学など様々あり、それぞれの教科のなかでも問題の出方がだいたい決められています。化学では応用の計算式の問題が必ず1問ありますが答えは全て4択になっているので、数学が苦手という方でも最悪一か八かという判断でも正解するケースがあります。

私はあまり勉強が得意な方ではなく、「勉強の仕方がわからない・・」というところから入りましたが、とにかく過去問題のテキストを繰り返し解きました。

4択のマークシート形式なので答えは必ずあります。問題に対して最初の一文字だけでも出て来れば正解に繋がります。そして美容師試験では意外にも学科より実技での合格がとても厳しいです。

技術テストだけではなく、道具や身なりの衛生面でのチェックも入ります。爪が伸びていないかどうかまで見られます。テストの施術相手はウィッグですが、あくまでも美容師は「人の容姿を美しくする仕事」なのでモデルウィッグも人間同様に扱わないといけません。

試験中に焦ってウィッグを落としてしまったらそこで不合格になってしまう可能性もあります。また、試験終了時にウィッグの顔が汚れていたり、落とした道具を消毒せずに再度使用していても減点対象です。

普段の練習の時から衛生面は意識して徹底していないと、本番試験官がたくさん目の前に居る前で緊張して焦って忘れてしまうのでクセをつけておいた方が良いです。

技術は、ワインディングorオールウェーブとカットになります。毎年どちらかランダムで決まりますがワインディングの場合は、オールウェーブに比べて道具が多く細かいので落とすのが不安な人は少し多めに用意した方が安全です。

オールウェーブではローションを使用するので手が滑らないようにするのと、ローションの硬さ、ウィッグのコンディションを整えておくのがポイントです。ピンの刺し忘れもよくあるので気を付けましょう。

カットでは、必ず指定されている長さを守ること。短すぎても長すぎても減点です。ポイント部分をしっかり測っていれば全て自然とつながるので大丈夫です。そして最後は必ず切り残しを確認する時間を設けてチェックを怠らないようにすることが大切です。

これら全ての技術はそれぞれ制限時間が決まっている為、まずは汚くても速く仕上げて手を慣れさせる練習をしました。回数を重ねる内に、何分でどこまで仕上げていれば良いのか、最終確認のタイムがどれだけ残っているのか、がわかってくるので自分ルールを作った上で綺麗に素速く仕上げる練習を心がけていました。

私が通っていた学校はとにかく「美容師試験合格」に力を入れていたので練習量はとても多かったです。この学科・実技の試験は1度に行うものではなく、実技試験日の半月後位に学科試験が行われます。

なので最初はひたすら実技の練習に励み、試験が終わったら完全に学科モードに切り替えて追い込みました。

美容師国家試験を合格する為には、繰り返し練習・問題を解く事が1番重要です。資格習得は大変でしたが、努力は決して裏切りません。

「美容師」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

S

難易度の目安»

【美容師国家試験】

受付終了まであと

13日

試験日まであと

78日

ページの先頭へ▲