国家資格

ITパスポートの過去問題

問題または回答の著作権は独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)に帰属しております。

第1問

コンプライアンスに関する事例として,最も適切なものはどれか。





第2問

ある会社の昨年度の売上高は3,000万円,年度末の在庫金額は600万円,売上総利益率は 20%であった。このとき,在庫回転期間は何日か。ここで,在庫回転期間は簡易的に次の式で計算し,小数第1位を四捨五入して求める。

在庫回転期間=(期末の在庫金額÷1年間の売上原価)×365





第3問

“クラウドコンピューティング”に関する記述として,適切なものはどれか。





第4問

ある製造販売会社の経営戦略の策定において,取引先との協力の下で,“調達から製造, 配送及び販売に至る一連のプロセスの最適化”という戦略目標が掲げられた。この戦略目標を実現するために構築する情報システムとして,適切なものはどれか。





第5問

A社では,受注から納品までの期間が,従来に比べて長く掛かるようになった。原因は,各部門の業務の細分化と専門化が進んだことによって,受注から出荷までの工程数が増え,工程間の待ち時間も増えたからである。経営戦略として, リード タイムの短縮とコストの削減を実現するために社内の業務プロセスを抜本的に見直したいとき,適用する手法として,適切なものはどれか。





第6問

コーポレートガバナンスに基づく統制を評価する対象として,最も適切なものはどれか。





第7問

バランススコアカードを用いて戦略立案する際, 策定した戦略目標ごとに,その実現のために明確化する事項として,適切なものはどれか。





第8問

製品の製造におけるプロセスイノベーションによって,直接的に得られる成果はどれか。





第9問

マーケティング戦略の策定において, 自社製品と競合他社製品を比較する際に, 差別化するポイントを明確にすることを表す用語として,適切なものはどれか。





第10問

A 社は、営業担当者が日々のセールス活動で利用する営業部門内システムの構築プロジェクトを進めている。このプロジェクトは,システム開発部門長がプロジェ クトマネージャとなり, システム開発部門から選ばれたメンバによって編成されて いる。当該システムの業務要件定義を完了するための主要な手続として,適切なものはどれか。





過去問チャレンジ!

難易度:

C

難易度の目安»

【ITパスポート試験】

受付期間

随時受付

試験日

毎月実施