国家資格

国税専門官

国税専門官とは、国税局や税務署において、税のスペシャリストとして法律・経済・会計等の専門知識を駆使し職務に従事する者です。国税専門官は「国税調査官」「国税徴収官」「国税査察官」の職種に分かれています。

国税専門官には、豊かな教養と高度の専門知識はもちろんのこと、時代の変化に即応する強い精神力とバイタリティーが求められています。

試験日

試験日①受験受付:2018年3月30日(金) ~ 4月11日(水)
【筆記試験】2018年6月10日(日)
【人物試験(個別面接)、身体検査】2018年7月11日(水)

応募者と合格率の推移

【国税専門官採用試験】
実施年応募者数合格率
2017年16,168人20.7%
2016年16,501人18.4%
2015年13,197人24.9%
2014年16,510人17.2%
2013年17,114人14.8%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

[1次試験] 札幌市、盛岡市、仙台市、高崎市、さいたま市、東京都、新潟市、松本市、名古屋市、金沢市、京都市、大阪市、松江市、岡山市、広島市、高松市、松山市、福岡市、熊本市、鹿児島市、那覇市

[2次試験] 札幌市、仙台市、さいたま市、東京都、名古屋市、金沢市、大阪市、広島市 高松市 福岡市、熊本市、那覇市

受験資格
  1. 試験実施年の4月1日時点において21歳以上30歳未満の者
  2. 試験実施年の4月1日時点において21歳未満でも、大学を卒業している者および3月までに卒業する見込みの者
  3. 人事院が上記の者と同等の資格があると認める者

※次のいずれかに該当する者は、この試験を受けることができません。

  1. 日本の国籍を有しない者
  2. 国家公務員法第38条の規定により国家公務員となることができない者
    • 成年被後見人、被保佐人(準禁治産者を含む)
    • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの者またはその刑の執行猶予の期間中の者、その他その執行を受けることがなくなるまでの者
    • 一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない者
    • 日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、またはこれに加入した者
受験料

受験料は無料です。

試験内容

【1次試験】

  • 基礎能力試験(多肢選択式): 40題、2時間20分
    公務員として必要な基礎的な能力(知能および知識)についての筆記試験。知能分野 27題、知識分野 13題。
  • 専門試験(多肢選択式): 70題中40題解答、2時間20分
    国税専門官として必要な専門的知識などについての筆記試験。
    必須 - 2科目16題(民法・商法、会計学(簿記を含む))
    選択 - 次の9科目54題(各6題)から4科目24題選択。(憲法・行政法、経済学、財政学、経営学、政治学・社会学・社会事情、英語、商業英語、情報数学、情報工学)
  • 専門試験(記述式): 1題、1時間20分
    国税専門官として必要な専門的知識などについての筆記試験。次の5科目(各1題)のうち1科目選択。(憲法、民法、経済学、財政学、社会学)

【2次試験】

  • 人物試験: 人柄、対人的能力などについての個別面接
  • 身体検査: 主として胸部疾患(胸部エックス線撮影を含む)、尿、その他一般内科系検査
合格基準

[前提]
(1) 筆記試験の得点は各試験種目の素点をそのまま用いるのではなく、標準偏差を利用した「標準点」を用います。

(2) 人物試の得点は受験者の判定(A~Eの5段階)を基に、偏差値を求めるのと同様の換算式によって求めた数値に配点比率を乗じて算出した「標準点」を用います。

(3) 身体検査においては、得点を算出せず合否の判定のみを行います。

※最低限必要な下限の得点に達しない試験種目が一つでも存在する者については、他の試験種目の成績にかかわらず不合格となります。この下限の得点は、筆記試験の多肢選択式試験は満点の30%、人物試験はC評価、記述式試験については個別に定められます。

[第1次試験の合格者の決定]
基礎能力試験および専門試験(多肢選択式)の各得点がいずれも下限の得点以上の場合、両試験の標準点を合計した得点に基づいて、第1次試験の合格者を決定します。

[最終合格者の決定]
第1次試験合格者のうち、専門試験(記述式)において下限の得点以上であり、かつ人物試験の判定がA~C評価であり、かつ、身体検査に合格した者について、全ての試験種目の標準点を合計した得点に基づいて最終合格者を決定します。

主催団体

人事院・国税庁
〒100-8978 東京都千代田区霞が関3-1-1
TEL 03-3581-4161(代表)

札幌国税局 011-231-5011
仙台国税局 022-263-1111
関東信越国税局 048-600-3111
東京国税局 03-3542-2111
名古屋国税局 052-951-3511
金沢国税局 076-231-2131
大阪国税局 06-6941-5331
広島国税局 082-221-9211
高松国税局 087-831-3111
福岡国税局 092-411-0031
熊本国税局 096-354-6171
沖縄国税事務所 098-867-3601

https://www.nta.go.jp/about/recruitment/kokusen/02.htm

試験対策

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

2012年合格:30代 男性

まずは私自身の「国税専門官試験」の受験経験ですが、2012年に受験して最終合格しました。結局辞退して公務員とは別の道を選択したのですが、勉強法など参考にしていただけると幸いです。

国税専門官試験もその他の公務員試験も同様ですが、大きく分けて法律や経済などの専門科目と、数的処理・判断推理や学校教育でやるような数学や英語などの一般教養科目の二つに分類されます。
それぞれで足切りの最低点数が設定されているので、専門科目と一般教養科目の両方である程度の点数を取得することが必要なのですが、特に重要なのは専門科目の方です。
その理由は二つあります。
一つ目の理由は、ご存知の方も多いと思いますが専門科目と一般教養科目の比重が1.5:1となっているからです。
当然比重の高い科目で点数を取得した方が総合点が上がるので、合格点を超える近道となります。
二つ目の理由は、専門科目の方が試験に出題される範囲が限られているため、決められた内容を勉強することで確実に点数を取れるということです。
書店に行けば公務員試験対策用の過去問や解説本が並んでいます。
専門科目の方はそれを繰り返し解いて解説を読み込み、出題の傾向を掴むことと知識を蓄えることで合格点に達することができます。
一般教養科目については、数的処理・判断推理は過去問対策のみで慣れていくことができます。
数的処理・判断推理は一般教養科目の中で比重の高い最重要科目なので過去問対策は必須です。
しかし、数学や英語や社会といったその他の一般教養科目は大学受験の範囲を網羅するくらいの勉強をしなければ確実に得点できるとは言えません。
逆に言えば、もともと国立大学出身で、大学受験レベルなら網羅してるという人なら特別に何も対策しなくても点数が取れてしまします。
現実問題、多くの受験者にとってそれは無理なことだと思います。
私自身も私立大学しか受験経験がなかったので数的処理・判断推理以外の一般教養科目は取れればラッキーという感覚で本番試験に臨みました。
実際本番試験でもほとんど勘でマークしているような状態でした。

ここからは実際に私が勉強した期間や一日の勉強時間、勉強方法について記載します。
まず勉強した期間は8カ月程です。
試験前年の秋ごろから勉強を開始しました。
勉強法は、大学の講義などで法律や経済の基本的なところは学習していたのですが、公務員試験内容の基礎知識は特にない状態でいきなり過去問に取り掛かりました。
当然問題を解けるはずもないので、問題と解説を照らし合わせて頑張って理解するというスタイルの勉強法です。
最初は解説を読んでも理解できないところが多く苦戦しましたが、ある程度考えてわからなければ先に進めていくというようにしました。
特に経済学は一周テキストをやっても腑に落ちない点が多く焦ったのですが、二周目に取り掛かったときに最初解説を読んでもまったく理解できなかったところが少し理解できるということに気づきました。
最後まで一通り目を通したことで全体像が見えたということと、多少経済学自体に慣れたということが原因だと思います。
わからない点を一つに絞ることができればそれはもうすぐに解けます。
しかし、わからない点が複数あると混乱してざっくりとわからないで終わってしまいます。
テキスト全体を繰り返して徐々にわからない点を潰していくことが重要です。
私のようにいきなり過去問に取り掛かるという方法についてですが、多くの人が行っている一般的な勉強法です。
予備校に通う人もいますが、経済的にも時間的にも余裕がなく独学で取り組む人は過去問から取り掛かることで効率良く学習を進めてください。
最後に一日の勉強時間についてですが、私の場合は毎日平均8時間は勉強していました。
他の資格試験などと比較しても国税専門官試験はそれなりに対策に時間を要する方だと思うので、地道に勉強することが必要だと思います。

「国税専門官」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

A

難易度の目安»

【国税専門官採用試験】

受付期間

3月下旬~4月中旬

試験日

6月中旬

ページの先頭へ▲