国家資格

名称独占資格

舗装施工管理技術者

舗装施工管理技術者とは、表面性状、安定性および耐久性の確保といった、舗装工事特有の専門的な深い知識が要求される舗装工事の施工に従事する技術者です。資格区分は1級と2級に分かれています。

試験日

試験日①受験受付:2018年2月9日(金) ~ 2月23日(金)
【筆記試験】2018年6月24日(日)

受験者と合格率の推移

【1級】
実施年受験者数合格率
2018年3,489人20.2%
2017年3,973人15.9%
2016年4,060人20.7%
2015年4,202人16.4%
2014年3,808人18.4%

試験対策

人気の過去問題集

試験概要

試験地

札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇

受験資格

最終学歴や実務経験の年数により内容が異なります。

受験料

1級: 15,000 円(応用試験のみは、7,500 円)
2級: 8,000 円(応用試験のみは、4,000 円)

申込者数
合格率

■2級

受験者数合格者数合格率
2018年1,50753535.5%
2017年1,59441826.2%
2016年1,70492054.0%
2015年1,82167337.0%
2014年1,58567242.4%
試験内容

■1級

  • 一般試験(択一式) - 9時30分~12時30分(3時間)
    • 法規: 舗装工事の施工に必要な法令に関する一般的な知識を問う。
    • 舗装全般: 舗装工事の施工に必要な土木技術および設計図書等に関する一般的な知識を問う。舗装の設計、材料、施工および補修等に関する一般的な知識を問う。舗装工事の施工計画の作成方法および工程管理、品質管理、出来形管理、安全管理等に関する一般的な知識を問う。
  • 応用試験(記述式) - 13時30分~16時30分(3時間)
    • 舗装全般: 舗装の設計、材料、施工および補修等に関する専門的な知識を有し、これを技術的に記述できる能力を問う。舗装の施工現場において経験したことを基に、技術的な課題、実施した対策、結果を技術的に記述できる能力を問う。

■2級

  • 一般試験(択一式) - 9時30分~11時30分(2時間)
    • 法規: 舗装工事の施工に必要な法令に関する一般的な知識を問う。
    • 舗装全般: 舗装工事の施工に必要な土木技術および設計図書等に関する一般的な知識を問う。舗装の設計、材料、施工および補修等に関する一般的な知識を問う。舗装工事の施工計画の作成方法および工程管理、品質管理、出来形管理、安全管理等に関する一般的な知識を問う。
  • 応用試験(記述式) - 13時00分~15時00分(2時間)
    • 舗装全般: 舗装の施工現場において経験したことおよび舗装の設計、材料、施工方法、補修等に関する基本的な知識を問う。
合格基準

一般試験の得点が60%以上、応用試験の得点が60%以上で合格
とします。
※試験の実施状況等を踏まえ、変更する可能性があります。

免除科目

前年度に一般試験のみ合格した者は、今年度に限り「一般試験」が免除されます。

主催団体

一般社団法人 日本道路建設業協会 舗装施工管理技術者資格試験委員会 事務局
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-5-1 東京建設会館3階
TEL 03-6280-5038

http://www.dohkenkyo.com/pavement/index.htm

試験対策

資格スクール

人気の過去問題集

合格者からのアドバイス

「舗装施工管理技術者」資格取得者の方へ あなたの経験を同じ目標に向かっている仲間に伝えてみませんか?

合格へのアドバイスを投稿する

難易度:

B

難易度の目安»

【1級】

受付期間

2月中旬~下旬

試験日

6月下旬

ページの先頭へ▲